ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【映画感想】『ヒトコワ』全シリーズ全エピソード論破する!

ヒトコワ-ほんとに怖いのは人間-(2012年の日本映画、オムニバス作品)を観ました。


本当に怖いのは人間安田尊@「本当に怖いのは人間」を謳うブログ。
本当に怖いのは人間……というのはB級ホラーでたまに見かけるテーマですが、
人間安田尊@人間を謳うブログ。
人間なんて殺せば死ぬし、殺さなくても放っておけば100年ぐらいで死ぬんだから、なにも怖くないよね。

  • どんなに天下無敵の権力を誇った王様でも、
  • どんなに神算鬼謀の知恵を持った天才でも、
  • どんなに凶悪な事件を起こした極悪人でも、

死刑で死ぬし、暗殺で死ぬし、寿命で消える。


人間安田尊@人間を謳うブログ。
人間、ショボくない?
幽霊安田尊@幽霊を謳うブログ。
それに比べて、幽霊は、100年単位の呪いとか当たり前(「末代まで呪う」とかっていいますよね)。

幽霊は、死刑も暗殺も寿命も効かないし、怖すぎる。

それなのに、人間如きが自分たちで、


ほんとに怖いのは人間安田尊@「ほんとに怖いのは人間」を謳うブログ。
ほんとに怖いのは人間……
恐怖安田尊@恐怖を謳うブログ。
って、傲慢すぎて怖い。

と、私は常々思っていたんですが、ちょうど本テーマを扱っている映画とドラマ、

  1. ヒトコワ-ほんとに怖いのは人間-
  2. ヒトコワ2 -ほんとに怖いのは人間-
  3. ヒトコワ3 -ほんとに怖いのは人間-
  4. ドラマ「ヒトコワ」

を発見したので、全部論破することに決めました。

といっても、1日ずつ観るので明日以降論破できるかはわかりませんが、少なくとも1作目『ヒトコワ-ほんとに怖いのは人間-』は全エピソード論破します。

では以下目次です。

本記事は、映画『ヒトコワ-ほんとに怖いのは人間-』の詳細なネタバレを含みます。また、「論破」はフリではなく、ガチでボロクソにいくためファンの方は見ないでください。でも一応、私もファンです(どれぐらいファンなのかというと、映画1作目を観た時点で全シリーズ視聴&レビューを決めたぐらい)。以上、ご了承ください。

第1話「知ってはいけない友達の秘密」のあらすじとネタバレ

第1話「知ってはいけない友達の秘密」~簡単なあらすじ~


エイコ安田尊@エイコを謳うブログ。
本当に怖い人間役は、失恋女子のエイコ(と、その女友達マミ?)

エイコの女友達マミは、エイコが断るのを無視して、愚痴を聞いてもらうために強引にエイコの家に遊びにいく。

エイコは、彼氏のシンヤに浮気されて、シンヤと別れたばかりで落ち込んでいた。

しかしエイコと女友達マミは、ふたりでお酒を飲んだり愚痴を言い合ったり都市伝説の話をしているうちに、楽しくなってくる。

やがて、飲みすぎた女友達マミがトイレにいっている間に、エイコはコンビニへ買い出しにいった。


浮気調査報告書安田尊@浮気調査報告書を謳うブログ。
ひとりになったマミは、エイコの部屋で、興信所の封筒を発見する。

興信所の封筒には、エイコの元彼シンヤに対する、浮気調査報告書と証拠写真が入っていた。

浮気の証拠写真に写っているのは、シンヤとマミだった。

証拠写真は何枚もあるが、すべての裏面に、


エイコエイコのイメージ
マミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ねマミ死ね

と、びっしり書き込まれている。

女友達マミは、浮気相手シンヤに電話をかける。

エイコの部屋のバスルームから、携帯電話のバイブレーションが鳴る。

マミがバスルームに入り、浴槽の風呂ふたを開けると、シンヤのバラバラ死体が隠されていた。

するとエイコが上機嫌で帰宅してきて、


エイコエイコのイメージ
ごめん~近くのコンビニ全然お酒売ってなくてさ~遅くなっちゃった……

包丁安田尊@包丁を謳うブログ。
エイコが提げているコンビニのレジ袋には、買ってきた包丁が数本入っていて、エイコはドアの鍵を締めてチェーンロックも掛ける。

エイコエイコのイメージ
たくさん買ってきたから、今夜は帰さないよ

「知ってはいけない友達の秘密」の感想

もう! なにに怖がればいいのかハッキリして!!
低評価安田尊@低評価を謳うブログ。

評価: 2.0本当に怖い人間役」が、だれなのかがよくわからない

エイコの部屋にむりやり上がり込んだ女友達マミは、エイコの彼氏を寝取って別れた原因を作ったくせに、エイコが落ち込んでいるのを見るや否や、
女友達マミ「もうなんなの! なんかあった?」ぷんぷん!
女友達マミ「あ、わかった! シンヤくんと喧嘩したとか?」ピコーン!
女友達マミ「もしかして、別れちゃった?」ニヤニヤ
女友達マミ「……マジで……?」気まずい
女友達マミ「……なんで……?」シリアス
女友達マミ「浮気……とか?」名推理
女友達マミ「なんだよ……」か細い声
女友達マミ「ごめん……なんにも、知らなかったから……」
いや、シンヤくんの浮気相手おまえだから、ほぼなんでも知ってたよね……
だとすると、エイコよりこいつのほうが、よっぽど怖いんだけど……。
こんな極悪人が殺されるなら、それは正義の執行であって、めでたしめでたし……ってなごむことはあっても、怖がる要素はなにもない。
タイトルの「知ってはいけない友達の秘密」が、エイコの殺人orマミの浮気どっちにかかっているのか(あるいはダブルミーニング⇒両方の解釈がアリなのか)は知らないけど、いずれにしても怖くない。
エイコが本当に怖い人間役なら……エイコは正義の使者だから、怖くない。アンパンマンのアンパンチが怖くないように。
マミが本当に怖い人間役なら……成敗されるから怖くない。悪は滅びた(ばいばいき~ん!)。
両方が本当に怖い人間役なら……所詮、女の友情なんて騙し合いってこと? う~ん、昔から「女の敵は女」というぐらい日常的な話だし、別に怖くはないかな……(っていう、この日常に慣れているのか怖いのかもしれないけど)。
素直に解釈すると、本当に怖い人間役はエイコなんだけど、痴情のもつれでちょっとやりすぎて人を殺しましたなんて普通すぎない?
もちろん、人殺しは普通に怖いよ、でも「本当に」は怖くない。
人を殺すから怖いなら、人を殺す人間なんかより、人を殺す怨霊や呪いや殺人ウイルスのほうがよっぽど怖い。
だから私は、本当に怖い人間役としてマミを推したい……んだけど、マミ死んじゃうっぽいからな~~~~。
最後、ちゃんと描かれていないから、マミがエイコを返り討ちにしてすべての殺人と浮気の証拠を隠滅して完全犯罪を達成しながらまたすぐに別の女友達の彼氏を寝取ったりしていたら「人間、怖っ……」ってなるんだけど
描かれていないから、ダメです。

第2話「送り○チガイ」のあらすじとネタバレ

第2話「送り○チガイ」~簡単なあらすじ~


キチガイ安田尊@キチガイを謳うブログ。
本当に怖い人間役は、女子高生サチが、メールを間違えて送ったキチガイ男性

女子高生のサチは、男子高生ヨシキに、メールアドレスを教えてもらう。


ヨシキヨシキのイメージ
アドレスが、ローマ字で「ヨシキ」。そのあとに、「ゼロイチニーロク」

サチは、「yoshiki0126」と入力してメールのやりとりを開始、後日メールの相手と待ち合わせをする。

しかし、ヨシキのメールアドレスは、「shi」が「h」抜きの「yosiki0126」だった。

では、サチの待ち合わせ相手「yoshiki0126」は、だれなのか?


キチガイ安田尊@キチガイを謳うブログ。
サチの携帯電話には、「yoshiki0126」からストーカーめいたメールが届き始め、現実にもストーカーの気配を感じる。
惨殺安田尊@惨殺を謳うブログ。
やがて、サチは自宅に侵入してきたストーカーに襲われ、滅多刺しにされて殺害される。

「送り○チガイ」の感想

なんで?なんで?なんで? どうかしてるよ(東方神起『why?』)
最低評価安田尊@最低評価を謳うブログ。

評価: 1.0まず、タイトルの伏せ字「送り○チガイ」は、「送りマチガイ」と「送りキチガイ」を掛けているんだろうけど……

メールの送り間違いをされた側、本当に怖い人間役の立場になって考えてみると、なんで……?
なんで、メールを間違えて送ってきた女子高生サチに、(男子高生ヨシキのふりをして)話を合わせて何通もメールのやりとりを……?
そしてなんで、サチと待ち合わせをして、ストーカー行為を……?
さらになんで、サチの自宅まで尾行して、サチを滅多刺しに……?
いや、だから理屈がないから「キチガイ」なんだろうけど、理屈を放棄するなら人間は幽霊に勝てない。
だって幽霊のほうが、あらゆる物理法則や論理法則を無視できるんだから、なんでもアリなら幽霊のほうが怖い。
家まで尾行してきて鍵をこじ開けたり窓を割ったりして家に侵入してきて律儀に階段を1段ずつ踏みしめて2階の部屋まで上がってくる人間より、いきなり2階の壁や床や天井をすり抜けてきて私たちの背後に浮いている幽霊のほうが怖いでしょう。
どんな異常者でも、人間である限り、超常現象には勝てない。
だから、「本当に怖いのは人間」をやるなら、「理解不能だから怖い」という方向性は分が悪い。
「理解不能」は、幽霊や妖怪や怪異、心霊現象や超常現象や都市伝説の領域。
その幽霊や妖怪でさえ、ちゃんとロジックやルールに則って動いてくれないと、怖くない。
⇒関連記事:【論理】幽霊に理屈を求めるのはバカ?理屈を求めないほうがバカ!
人間ならなおのこと、もっと理性を大事にするべき。
っていう、見ている最中は混乱しかなくて、混乱を解消しようとすれば説教臭い言葉しか出てこないエピソードだった。

第3話「親の顔が見たい」のあらすじとネタバレ

第3話「親の顔が見たい」~簡単なあらすじ~


親の顔安田尊@「親の顔」を謳うブログ。
本当に怖い人間役は、クソガキの両親

女子中学生のアケミが、登校するために自宅マンション2階から階段で道路に下りると、頭上から空のペットボトルが落ちてくる。

ペットボトルを落としたのは、アケミが住む部屋の真上、マンションの3階に引っ越してきた家族のクソガキだった。

アケミは、3階ベランダにいるクソガキに注意するが、クソガキは「うるさいババア!」と叫んで部屋に引っ込む。

下校後、アケミは同級生の女友達を自宅マンションに招いて、一緒に勉強をしたり朝の愚痴をこぼしたりする。

アケミの女友達は、アケミの愚痴を聞きながらベランダに出ると、朝のクソガキについて、


女友達女友達のイメージ
ほんと親の顔が見たいよ。しつけがなってな~い♪

それから、アケミの女友達がベランダから身を乗り出して外を覗くと、上の階から中身入りの植木鉢が落ちてくる。

植木鉢は、アケミの女友達の後頭部に直撃して、女友達は2階から地面に落下すると頭から大量の血を流して倒れる。


親の顔安田尊@「親の顔」を謳うブログ。
アケミが1階まで下りて、道路から頭上を見上げると、上の階に引っ越してきた家族の「親の顔」が見下ろしていた。

「親の顔が見たい」の感想

アケミの女友達(女優:澤田汐音)の演技が光っていた
低評価安田尊@低評価を謳うブログ。

評価: 2.0ほんと親の顔が見たいよ、しつけがなってな~い♪」と歌うように喋ったのは、アケミの女友達

それで「親」に植木鉢をぶつけられて倒れた(たぶん死亡した。少なくとも意識不明になった)のも、アケミの女友達。
「親の顔」を見たのは、アケミ。
なんか……チグハグじゃない?
まず女友達のセリフ「親の顔が見たい」を、上の階に住むクソガキの「親」が聞いていて、逆上したとする。
このとき、仮にアケミが殺害されて、アケミの女友達が頭上を見上げたら「親の顔」がある……ほら好きなだけ見ろよ、「親の顔」が見たかったんだろ……だったら、怖いかもしれない。
でも実際のストーリーでは、女友達が殺害されて、アケミが「親の顔」を見る。
アケミは別に、「親の顔が見たい」とはいっていない。
「親の顔が見たい」といっていないアケミに、「親の顔」を見せても、それは単なる女友達を殺害した殺人犯の顔でしかない。
一方でアケミが殺害されていたら、女友達は自分の発言が原因でアケミを殺害されて、自分の望まない形で「親の顔が見たい」という願いが叶ってしまった……って後悔できる。
つまりこのエピソードは、アケミを殺害するべきで、なぜ女友達を殺した……??
それより余談だけど、アケミと女友達が下校中、
アケミ「なんかね、先生が、おまんじゅうくれた」
女友達「えっ! なんで?」
って会話があって、この意味不明な雑談、学生時代を思いだしてすごくよかった(でももしかして、落語の「饅頭怖い」となにか掛けてる?)。

第4話「自分の名前を検索してみたら」のあらすじとネタバレ

第4話「自分の名前を検索してみたら」~簡単なあらすじ~


変態男性安田尊@変態男性を謳うブログ。
本当に怖い人間役は、YouTubeに動画を投稿している変態男性

女子大学生の井上麻子は、女友達との会話で、リベンジポルノ的なネットへの個人情報流出の話題を聞いて不安になる。

それから一人暮らしのアパートに帰宅後、「井上麻子」でネットを検索してみると、YouTube動画『イノウエアサコ66』を発見する。


変態男性安田尊@変態男性を謳うブログ。
大好きなアサコの下着を
今日も履いてみた

という白い文字の背景には、頭に黒いストッキングを被り、女性用の下着だけ履いた半裸の変態男性が立っている。

変態男性は女性用下着に右手を突っ込むと、激しくまさぐりながら、「アサコぉぉ……」とうめいてオナニーを始める。


変態男性安田尊@変態男性を謳うブログ。
ぁはぁあっ……アサコぉぉぉ……おおぉぉ、おうっ……ぉぉおぉっ、おお、ああ……ああっ……ぁぁあさこぉぉ……ひゅうっ、おぉっ、イッうふっ、うイッ、イノウエアサコぉぉ……ぅっおひょあんだ、ぁひょぁひょぉっ、オホホぉぉンヒヒィ嗚呼……ぉおっ、ぉお、おっ、っおほほほほっ、お、ううっ……うっいぃっいふふっ……ぅ、うおぉおおぉっ、おぉおぉおおおおおおおおおおおおおおおおあああああははっははああはん、おっ、アアッぁあんグフっ、ぅひゅ、アサコぉぉアサコぉぉイノウエアサコぉぉ↑↑……ホァッおおほほあほおお、オオオオオオオオオオオイッ……いやっ、ほっ、いぃいひゅっおおおおあおい、嗚呼あああああはあああっ……っいっいっうっいぃ、イノウエアサコ好きだよぉぉ……愛してるよォォオ……ぅあ嗚呼……あっ、ア゛、あ、あぁあっ……あっあっあっあっあっ、あひゃゃこ……好きだ、ハアハア……うえっ、はあ……いッ、あへへへえ、あほへ、あひゃへ、あさこぉぉ……好きッ好き、だっ……あおおっ、あぉっ、あっ、あっ、あっ、あっあっあっああっ……あっ……あっ……………………ぁひぃっ…………はあっ…………

動画サイトの変態男性は、最後までやり遂げて倒れ込む。

同様の動画は、『イノウエアサコ1』~『イノウエアサコ100』以上ある。

井上麻子は、「もうほんと超キモい……」と呟いてから、動画の撮影場所が自分の部屋かもしれないことに気づく。


井上麻子安田尊@井上麻子を謳うブログ。
井上麻子の横で、「キモいってどういうこと?」押し入れのふすまが開いて、動画サイトの変質者が登場する。

「自分の名前を検索してみたら」の感想

越えちゃいけないラインを越えた江頭2時50分
本当に面白いのは人間安田尊@本当に面白いのは人間を謳うブログ。

評価: 5.0爆笑した(どれぐらい爆笑したのかというと、本来「爆笑」は大勢で笑うことだからひとりのときには使えないけど、使ってしまうぐらい)。

私のエピソードへの感想は、喘ぎ声全文手動書き起こしに全部込めた(本記事で一番時間をかけた部分)。
井上麻子は、自分(井上麻子)と同姓同名の女子のブログを見つけてほっこりしたあと、自分(井上麻子)の名前を連呼しながらオナりまくる変態男の動画を開いてしまって困惑する。
変態男は、絶妙に鍛えられただらしない身体をしていて、男らしくて太い腕でオナりながら貧乳女みたいな垂れ乳がプルプル揺れている。
井上麻子のパソコンは、なぜか変態動画の再生だけ生きた状態で画面が固まり、動画をストップできない。
井上麻子は、女友達からの電話に、開口一番「変なの見ちゃった……」と報告して変態動画をシェアする。
ふたりの会話のバックでは、相変わらず変態男が、「嗚呼あああああはあああっ」とか叫びながらオナっている。
『イノウエアサコ66』のコメント欄には、「またかよ!マジキチが!」とか書き込まれていて、YouTube界隈で着々と知名度を伸ばしていそうな変態動画投稿者の動向がうかがえる。
井上麻子は、なにがなんだかわからないけど、とにかくヤバいものを見てしまって乙女心を汚された処女みたいな顔をする。
もうなにもかもが本当に面白い。
この路線で、「ほんとに面白いのは人間」をやってほしいぐらい、コメディとしては100点満点だった。
だから、ホラーやサスペンスとしては、全然失格なんだけど……。
メタ的な評価でよければ、これをやり遂げた「本当に怖い人間役」の演者(浅間伸一郎氏)は、本当に怖い。
狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり」という言葉について、本気で心配したほうがいい、今作唯一の役者さんだと思う。
もはやこの映像は、「男性」へのヘイトだよね……ってぐらい、越えちゃいけないラインを越えているから。
そして女性への被害も甚大で、「イノウエアサコ」って名前、かなり一般的だし全国各地にいらっしゃると思うんだけど……。
こういうときに使う名前は、もうちょっと、普通にはいない感じの珍しい名前を考えたほうがいいのでは……。
その無神経さは、ちょっと怖いかもね。

第5話「あの世からの電話」のあらすじとネタバレ

第5話「あの世からの電話」~簡単なあらすじ~


カタギリ安田尊@カタギリを謳うブログ。
本当に怖い人間役は、妻と別れた男カタギリ

カトウ安カトウカトウを謳うブログ。
ある日カタギリは、喫茶店で昔の友人男性カトウと再会して、電話番号を訊ねる。

しかしカトウは、あらゆる電話を捨てていた。

カトウが電話を捨てる前、カトウは道ばたに落ちていた携帯電話の着信に出て、


あの世からの電話「あの世からの電話」のイメージ
殺された
あの世からの電話「あの世からの電話」のイメージ
埋められてる

と自称する通話相手から、死体の場所を聞かされ、実際に白骨死体を見つけていた。

それ以降、カトウの周りにある電話全部に「あの世からの電話」がかかってきて、死者にお願い事をされる。

カトウが電話を所持していると、携帯電話から家の電話までが鳴りっぱなしになるため、電話を捨てたのだった。

が、その一方で、カトウは使命感や罪悪感までは捨てきれなかった。


あの世からの電話安田尊@「あの世からの電話」を謳うブログ。
「あの世からの電話」は、カトウ以外には、ノイズにしか聞こえない……。
カトウ安田尊@カトウを謳うブログ。
だからカトウは、「あの世からの電話」に可能な限り対応して、死者のために働いている……。

カタギリがカトウの話の評価に困っていると、カタギリが待ち合わせていた再婚相手、サクライが喫茶店に入ってくる。

カトウとサクライが挨拶を済ませると、サクライの携帯電話に、着信がある。

サクライは、最近イタズラ電話に悩まされていた。「非通知で、でも出ても、変なノイズしか聞こえないんです」

カトウが、とっさにサクライの携帯電話を取り上げて、電話に出る。


カトウ安田尊@カトウを謳うブログ。
カタギリ……おまえの前のかみさん(妻)からだ……おまえに殺されて埋められてるっていってる

「あの世からの電話」の感想

いや、幽霊おるんかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ホラー安田尊@ホラーを謳うブログ。

評価: 3.0わかった、私が悪かった。

「ほんとに怖いのは人間」ってだけで、「人間の次に怖い幽霊」が存在する世界でも矛盾はしない。
カトウが着信音の鳴る携帯電話を拾って、通話相手が「殺された」「埋められてる」そして「死体の場所」を告げたとき、私は思った。
おやおや、これはもしかして、「あの世からの電話」を騙る犯罪者さん……?
道ばたで着信音が鳴っているどう見ても怪しい携帯電話を拾って電話に出て、なおかつ「あの世からの電話」なんて信じちゃうピュアなお馬鹿さんを人気のない場所(そう、なにせ死体を埋める場所に選ばれたって設定だから、人気のない場所じゃなくっちゃ!)に誘い出して、殺っちゃうタイプの犯罪者さん?
と思っていたら、普通に幽霊だった
私が悪いんだよねこれ?
そうだ、「ほんとに怖いのは人間」というからには、人間の対比となる存在が必要だ。
つまり、人間への噛ませ犬として、幽霊が出てくるのはむしろ自然であり当然だった。
そこに思い至らなかった私が悪いのだ。
でも、このエピソードで一番怖かったのは、人間でも幽霊でもなかった。
埋められて白骨化した人間の頭蓋骨と、そこに大集合していたキモい虫だ。
じゃあ、頭蓋骨とキモい虫ではどっちが怖かったのかといえば、キモい虫かな。
うん、やっぱりキモい虫は怖い。
人間? 怖くない。
カタギリは、ちょっと妻とトラブルになって殺害して埋めただけの、(殺人犯としては)動機も行動もノーマルな人間だ。
それに比べれば、死者の怨念……何度も何度も、あの世からこの世に電話をかけてきていた、カタギリ妻の執念のほうが怖い。
結局、本当に怖いのは幽霊や虫であって、人間ではない。
ストーリー全体の出来映えやまとまり方は、今作で一番よかった(でも、幽霊のおかげだけどね)。

まとめ:映画『ヒトコワ』全エピソードと評価!


まとめ安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、映画『ヒトコワ-ほんとに怖いのは人間-』の全エピソードと評価は、以下のとおりです。

エピソード一言感想評価
第1話「知ってはいけない友達の秘密」正義の執行は怖くない(悪事に手を染めなければいいだけだから、簡単に回避可能)。 2.0
第2話「送り○チガイ」意味不明(意味不明さで争うなら、人間より幽霊のほうが意味不明で怖い)。 1.0
第3話「親の顔が見たい」殺す相手を間違えている(「親の顔」を見せる相手を間違えているので台無し)。 2.0
第4話「自分の名前を検索してみたら」役者さんが怖すぎる(狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり 5.0
第5話「あの世からの電話」人間より幽霊のほうが怖い(冷静に考えて、この世の殺人犯より、「あの世」や「あの世からの電話」が存在することのほうが怖い)。 3.0

以上です。

というわけで、映画『ヒトコワ』は全エピソード論破したので、続編『ヒトコワ2』に続きます。

関連記事

ヒトコワ2 -ほんとに怖いのは人間-(2013年の日本映画、オムニバス作品)を観ました。~これまでのあらすじ~安田尊@「ほんとに怖いのは人間」を謳うブログ。『ヒトコワ』全シリーズ全エピソード論破する!では以下目次[…]

【映画感想】『ヒトコワ2』全話論破!ほんとに怖い人間どこ?
関連記事

ヒトコワ3 -ほんとに怖いのは人間-(2013年の日本映画、オムニバス作品)を観ました。~これまでのあらすじ~安田尊@「ほんとに怖いのは人間」を謳うブログ。『ヒトコワ』全シリーズ全エピソード論破する!では以下目次[…]

【映画感想】『ヒトコワ3』まだほんとに怖いのは人間派なの?
関連記事

ドラマ『ヒトコワ』(2018年の日本ドラマ、第1話~第3話)を視聴しました。~これまでのあらすじ~安田尊@「ほんとに怖いのは人間」を謳うブログ。『ヒトコワ』全シリーズ全エピソード論破する!では以下目次です。[…]

【ドラマ感想】『ヒトコワ』を全話論破する!本当に怖いのは?前編
>answersong.com

answersong.com