ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【令和に合格】Googleアドセンス申請前のNGではないリスト

令和初日に申請したGoogleアドセンスが、三時間で承認されました。


安田尊@初心者を謳うブログ
ビギナーズラック。

とはいえ、ブログ初心者が審査を通過したのは事実なので、ここにサンプルを残します。

まあサンプルなんて、ググればいくらでもありますが。

それでも最新のサンプルが多いに越したことはないだろう、と考えて筆を執ります。

みなさんの状況は、それぞれ微妙に違うわけですからね。

そうこの、「令和」と「合格」という字のように(ここまでの前置き、これがいいたかっただけ)。

では目次です。

Googleアドセンス申請時のブログ運営状況

まずは当ブログの紹介です。数字で見ていきましょう。

  • 運営者:ブログ初心者。ブログ歴=当ブログの運営期間
  • ブログ運営期間:2019年3月13日~5月1日(50日)
  • 記事数:8
  • カテゴリー数:3
  • タグ数:3
  • 更新間隔:週1ペース。3月は3記事、4月は4記事、5月1日に1記事追加
  • 1記事あたりの文字数:最低2000文字(最大は7000文字、5月1日の記事)
  • アクセス数:0ではない(これ全部自分のアクセス……?)

なかなかショボいブログですね。これで審査に通過しました。

Googleの審査基準を一部可視化します

さて、初心者がミスなく審査を通過してしまった場合、「なにがいけなかったのか」はわかりません。

それに、「なにがよかったのか」も、ぶっちゃけわからないです。

そこで私は、


安田尊@ホワイトリストを謳うブログ
NGではないリスト

を公開することにします。

「NGではないリスト」とは、文字通り、


安田尊@サムズアップを謳うブログ
これをやってもGoodだった(審査に通った)よ
安田尊@GOODを謳うブログ
No Goodじゃなかった(審査に落ちなかった)よ

という項目の羅列です。

このリストで重要なのは、あくまで当ブログの申請時の例でしかないということ。

そして私も含め、申請者の主観的な評価は関係がないということです。

だれかが「こんなのやったら落ちる」と思っても、Googleがそう思わなければ受かります。

この「NGではないリスト」が、Googleの物差しを視覚化する一助となれば幸いです。

では早速。

NGではないリスト


安田尊@やってもいいことを謳うブログ
ワードプレスに有料のテーマ【THE THOR】を適用した


安田尊@やってもいいことを謳うブログ
ブログのイメージカラーを、ピンクと青など、正気の沙汰ではない色にした

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
簡潔な表現を避け、無駄な文章で字数を稼いでいる

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
記事毎に一人称や、文体を統一していない

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
記事にはもれなく画像を使用している

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
運営者情報がダジャレでしかない

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
メールアドレスも公開していない

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
「お問い合わせ」やTwitter、その他RSSやSNSボタンは設置した

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
利用者向けのサイトマップを作成していない

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
Google向けのXML Sitemapsは作成している

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
プライバシーポリシー、免責事項など、利用規約に類するものは「サイトポリシー」としてまとめて設置した

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
免責事項に言葉遊びをぶっ込んだ

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
サイトポリシーの表示位置は、トップページ最下部(フッターエリア)

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
aboutページである「当ブログの説明」も設置した

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
当ブログの説明、お問い合わせ、サイトポリシーはNoIndex、NoFollo、NoSnippetに設定、NoArchiveには設定していない

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
当ブログの説明、お問い合わせ、サイトポリシーは相互リンクさせている

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
Googleアドセンス申請前に、全記事のタイトル、本文を推敲、Google Search Consoleにて再度インデックス登録をリクエストした

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
Googleアドセンス申請後も、カテゴリーページ、タグページに説明文、メタディスクリプションを加え、Google Search Consoleにて再度インデックス登録をリクエストした

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
ディス寄りの記事、たとえば世代間の対立を取り上げ、一方をディスった記事などを投稿しており、その他の記事においても攻撃的なワードが横行している

安田尊@やってもいいことを謳うブログ
トップページのアイキャッチ、猫の画像が可愛すぎる

以上、二十項目です。

Googleアドセンスの利用を検討されている方、NGかどうか不安要素がある方は、どうぞ参考にしてみてください。

Googleアドセンスに申し込むタイミング

ついでといってはなんですが、ここからはGoogleアドセンスに申し込む時期について、私の経験を踏まえて記しておきます。


安田尊@答えを謳うブログ
結論、早いほうがいいです

「早い」というのは、ブログを本格始動させる前や、直後になります。

私の場合は後者、本格始動直後でした。

ただし、私が令和初日に申請したのは思いつきで、それまで特に対策はしていませんでした。

おぼろげに、記事数30あたりで申請、と思い描いていただけです。

早い段階で申し込んだところで、収益は見込めませんからね(すぐに申し込まない人は、だいたいこの思考ではないでしょうか)。

それが令和初日の夜に申請を思い立ち、日付を跨ぐ前にやれることだけをやり、申請という流れです。

ですから申し込んだ時刻も、23時33分と結構ぎりぎりです。

上記の「NGではないリスト」には、対策となる(と思われる)項目も含まれていますが、それはあくまで「あとは記事を書くだけ」という環境を構築するべく、先にブログの体裁を整えておこう、と考えて準備していたことばかりです。

ではなぜ令和初日に申請したのか?

なにも対策をしていなかったからです。

つまり、なにも対策をしていないということは、Googleアドセンスの審査基準において、致命的なミスをやらかしているかもしれない、と気づいたからです。

私はそれまで、Googleアドセンスの規約は読んですらいませんでした。

申請する段になって読めばいいと考えていました。

しかし令和初日、偶然その規約に触れる機会があり、そこで気づいたわけです。

もしも現在、自分のブログにGoogleが問題視する不備があり、そのミスを継続してしまったら?

特にそのミスが、ブログの根幹、記事にまつわる失態だったら?

私の場合、「NGではないリスト」から引用すれば、文章面が懸念事項でした。

  1. 簡潔な表現を避け、無駄な文章で字数を稼いでいる
  2. 記事毎に一人称や、文体を統一していない
  3. ディス寄りの記事、たとえば世代間の対立を取り上げ、一方をディスった記事などを投稿しており、その他の記事においても攻撃的なワードが横行している

一番目は内容の薄い、利用者の需要を満たさないコンテンツ。

二番目は利用者の混乱を招くコンテンツ。

三番目は「表現の自由」に収まらない、反社会的なコンテンツ。

であると、判断されたら?

まずいです。

Googleの判断を仰がず、知らず知らずのうちに禁止スタイルを継続し、Googleアドセンスを申請する段階で、ブログが禁止コンテンツにまみれていたら?

手遅れです。

Googleは禁止コンテンツを見つけた場合、どこが禁止事項に抵触しているのか、具体的には指摘してくれません。


Google AdSense
不承認でした。ヒントは教えるので、Google AdSenseのポリシーをよく読んで、改善でき次第もう一度申し込んでね

との通知があるだけです。

そうなれば、なにが正解かわからない状況で、泣きながら記事を非公開にしたり、削除したりするはめになります(実際そうなっているブロガーをTwitterで何人も見かけました)。

そうならないためにも、将来Googleアドセンスのお世話になる可能性がある方は、早めにGoogleの判断を仰いでおいたほうが安心です。

私はたまたま規約に触れ、その日がゴールデンウィーク、新元号「令和」の幕開けという、新しいことに挑戦するにはうってつけの日だったので、即行動に移せました。

運がよかったです。

そしてGoogleは寛大で、アドセンスのポリシーに、


Google AdSense
Google は表現の自由を強く信奉しています

と記載されているとおり、私の懸念は杞憂に終わりました。

欲をいえば、三時間で合格することがわかっていれば、もっと早くに申し込み、令和初日に申請、令和初日に合格を果たしたかった……。

なお余談ですが、私が「NGではないリスト」のなかで一番有効だったと思うのは、最後の項目です。


安田尊@アイキャッチを謳うブログ

トップページのアイキャッチ、猫の画像が可愛すぎる

設定したのは申請直前でしたが、これで心掴んだ感はありました。

このアイキャッチはしばらくそのままにしておくので、よければご覧ください。

追記:猫のアイキャッチは終了しました。いつか記事のアイキャッチとして使用する予定です。 – 2019年9月8日

Googleアドセンスに申し込む前のトラブル

次に、私がGoogleアドセンスに申し込もうとして、申し込めなかった話です。

私の一部環境、ノートPCとGoogle Chrome(令和初日時点で最新版)の組み合わせでは、Googleアドセンスの申し込み画面に進めませんでした。

「お申し込みはこちら」から先、ローディング画面が延々と続きます。

そして左下に「Go to light version」と青い文字が見切れながら登場し、リンクかな? と思いクリックしたところ、なにも起きないという嘲笑われているような状況になります。

もし同じ症状に見舞われた方は、ブラウザを変えるか(Microsoft Edgeでいけました)、スマホとGoogle Chromeの組み合わせなら先へ進めます。

原因は不明です。

私は承認を受けたいまも、ノートPCとGoogle Chromeの環境ではGoogleアドセンスの画面に入れていません。

さらにTwitterで「Googleアドセンス」と検索したところ、同時進行で別のバグも発生していたらしく……まあ、そのうちどちらも解消されるでしょう。

なんたって世界最高の大企業(媚び売り)、Googleですからね……ですよね?

追記:2019年5月25日(土)現在、不具合継続中です。Google Chromeのアップデートもあったのに、なぜ……。

再追記:2019年6月1日(土)、不具合解消を確認しました。

Googleアドセンスに合格したWordPressテーマ


安田尊@答えを謳うブログ
追記:さて最後に、当ブログがGoogleアドセンス合格前から愛用しているワードプレステーマとサーバーをご紹介しましょう。
安田尊@答えを謳うブログ
まずワードプレステーマは【THE THOR


安田尊@答えを謳うブログ
レンタルサーバーは【エックスサーバー


安田尊@答えを謳うブログ
上記が当ブログで導入中の組み合わせになります。
安田尊@答えを謳うブログ
なおこの追記は、当ブログの運営約1年、100記事以上投稿した上で作成しており、
安田尊@答えを謳うブログ
THE THOR】と【エックスサーバー】だったからこそ、ここまで挫折知らずで継続できたと断言できます。
安田尊@答えを謳うブログ
初心者だった私でも簡単に設定・デザインできた組み合わせなので、新しくブログを始めたい方は是非チャレンジしてみてください。

以上。THIS IS THE ANSWER.

>answersong.com

answersong.com