~ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。~

【W杯感想】サッカーワールドカップ2022感想!決勝BEST16

FIFAワールドカップカタール2022(決勝トーナメントBEST16)を観ました


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
本記事では、私が観た試合の感想を簡単に書き留めておきます

  1. アルゼンチンVSオーストラリア
  2. フランスVSポーランド
  3. 日本VSクロアチア
  4. ブラジルVS韓国
  5. モロッコVSスペイン
  6. ポルトガルVSスイス

基本的にはABEMAで視聴、FIFAランキングはワールドカップ2022開幕時点(2022年10月6日発表)を使用します。

では以下目次です。

アルゼンチンVSオーストラリアは技術差


~アルゼンチン2 – 1オーストラリア~

アルゼンチン勝利 安田尊@アルゼンチン勝利を謳うブログ。
メッシは……シュートが上手い!!

前半早い時間、オーストラリアのペナルティエリア内でオーストラリア選手の手にボールが当たり、アルゼンチン選手がハンドをアピール。

これは今大会の基準的に、ペナルティキック確定か……と思われましたが、審判は流します(基準がブレブレ)。

オーストラリアは、高身長を活かしたパワープレイ(縦にロングパスを放り込んでヘッドで競り勝つとか、空中戦、セットプレイ)が向いているはずだけど、なぜかパスサッカーをやっている。


~前半34分~

メッシ 安田尊@メッシを謳うブログ。
そして低身長の王、メッシに決められる。


ソース:【速報】”神の子”メッシがキャリア1000試合目でもゴール!らしいコントロールショットで先制!FIFA ワールドカップ カタール 2022 決勝トーナメント1回戦 アルゼンチンVSオーストラリア – YouTube(ABEMA公式) – 2022年12月7日閲覧。

グループリーグのメキシコ戦でもそうだったけど、トラップやシュートスピードやコースが完璧。

サッカーで低身長の選手が多い国は、この足下の技術でフィジカル(身長差や体格差)を凌駕するしかないわけで、オーストラリアとはテクニックの磨き方が違う……、


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
とか思いながら、寝落ちしました(日本時間・朝4時開始の試合)

起きると、「アルゼンチン2 – 1オーストラリア」で試合終了……。

ハイライトを見ると、オーストラリアのキーパーが、バックパスを受けて自陣ゴール前でボールをこねてアルゼンチン選手に奪われて失点するという大失態を演じていました。

これは(同じようなバックパスが好きな)日本に対しても思うことだけど、


Question 安田尊@Questionを謳うブログ。
なんでさっさとクリアしないんだろう?(DF含め)

相手選手がプレスしてきているのに、自陣ゴール前でボールを繋ごうとするの、怖すぎて見ていられない。

1ミスで失点に繋がるのに、そしてそんなことはプロの選手が一番わかっているはずなのに、そして実際ワールドカップという一番ミスってはいけない大舞台でミスってしまうのに……。

でもこれ、日本やオーストラリア以外のチームでも見かけるし、プロとしての自信がボールを持たせてしまうんだろうな~……(でも、それを狙っている相手もプロなんだけど……)。


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
オーストラリア代表、お疲れさまでした!

フランスVSポーランドはエンバペがMVP


~フランス3 – 1ポーランド~

フランス勝利 安田尊@フランス勝利を謳うブログ。
エンバペ、今大会ナンバーワン選手


ソース:【速報】”進化する怪物”エムバペが今日も決めた!強烈すぎる一振りをゴールに突き刺す! FIFA ワールドカップ カタール 2022 決勝トーナメント1回戦 フランスVSポーランド – YouTube(ABEMA公式) – 2022年12月7日閲覧。

↑ゴール前で、ほとんどPKみたいに落ち着き払って、狙い澄ましたコースに強烈なシュート。

フィジカル・メンタル・テクニック、全部化け物!


エンバペ 安田尊@エンバペを謳うブログ。
しかも、時間がなくてもスペースがなくても逆コースでも、同じレベルのゴールができる↓


ソース:【速報】エムバペ驚異の今大会5得点目!危険な角度から華麗に沈めた神コース! FIFA ワールドカップ カタール 2022 決勝トーナメント1回戦 フランスVSポーランド – YouTube(ABEMA公式) – 2022年12月7日閲覧。

ボクシングの試合を観ているみたいだった。

あまりにもレベル差がありすぎて、右フックでも左フックでもいつでも倒せますよみたいな。


ムバッペ 安田尊@ムバッペを謳うブログ。
さらに、エンバペはまだ23歳!

  • クリスティアーノ・ロナウド……37歳(ポルトガル)
  • ジルー……36歳(フランス)
  • スアレス……35歳(ウルグアイ)
  • メッシ……35歳(アルゼンチン)
  • レヴァンドフスキ……34歳(ポーランド)

↑今大会、各代表で史上最多得点を記録している生ける伝説が多数出場していますが、全員もう引退してもおかしくない年齢です。

全盛期と比べると、劣化しているスター選手が目立ちます。

そんななかで、エンバペは23歳にして、すでに今大会5ゴール(現時点で単独トップ)!


ンバッペ 安田尊@ンバッペを謳うブログ。
まさに、スター選手の全盛期を観ている!!

一方、ポーランドの34歳レヴァンドフスキは、後半アディショナルタイムでPKを蹴らせてもらう。

フランスのペナルティエリア内で、フランス選手の手に偶然ボールが当たり、ハンド判定。

でもそれ取るなら、アルゼンチンVSオーストラリアのハンドも取るべきだよね……(基準がブレブレ)。


ポーランドPK 安田尊@ポーランドPKを謳うブログ。
そしてレヴァンドフスキ、普通にPKを止められる。
ポーランドゴール 安田尊@ポーランドゴールを謳うブログ。
が、キーパーが少し早く動いたとかで、PKはやり直しになって今度はちゃんと決める。

これにはレヴァンドフスキもニッコリ。

なんか……どうしても、ポーランドに1点だけでも取らせてあげたいという、強い意思を感じましたが……。

まあ、勝敗に影響しないなら、これがサッカーの温もりなのかもしれません。


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
エンバペの得点王に期待!

日本VSクロアチアはメンタル勝負だった


~日本1 – 1クロアチア(PK戦1-3)~

クロアチア勝利 安田尊@クリアチア勝利を謳うブログ。
クリスティアーノ・ロナウドのPKを見てほしい


ソース:【速報】歴史的偉業の瞬間!クリスティアーノ・ロナウドFIFA ワールドカップ史上初の5大会連続ゴール! FIFA ワールドカップ カタール 2022 グループH ポルトガルVSガーナ – YouTube(ABEMA公式) – 2022年12月7日閲覧。

私はグループリーグ第1節の感想で、上記ロナウドのPKを「メンタル強すぎ……」と評価しました。

試合の勝敗はもちろん、「5大会連続ゴール」の大記録がかかったPKを、このボールスピード・このコースで蹴れるなんて、


~ロナウドのPKを観た感想~

安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
メンタル強すぎ……師匠解説の鈴木隆行氏も話していましたが、ボールを浮かせると枠の外に飛んでいってしまうリスクが上がるため、絶対に怖いはずです。

だから私には、PK戦でスピードもコースも甘々のボールしか蹴れなかった日本代表の気持ちが、よくわかります。

PKが下手というよりは、メンタルが弱いんですよね。

まあそれを「PKが下手」というのかもしれませんが、日本人だって、止まっているボールを強く狙った場所に蹴るぐらいのフィジカルやテクニックはあるはずです。


日本ゴール 安田尊@日本ゴールを謳うブログ。
スペイン戦で堂安選手が決めたシュートは、ガーナ戦のロナウドより速い。

  1. 堂安のミドル……120.04 km/h
  2. ロナウドのPK……117.39 km/h

ソース:堂安が決めたスペイン戦の120km/h弾は2位にランクイン カタールW杯で生まれた高速シュートの数々 – Yahoo!ニュース – 2022年12月7日閲覧。

それなのに、同じ代表選手としてのフィジカルとテクニックを持っている南野選手・三笘選手・吉田選手が、


日本代表 安田尊@日本代表を謳うブログ。
日本代表選手が、揃いも揃ってへなちょこシュートを蹴って、キーパーに防がれる。

これはもう、メンタルの問題です。

日本人の気質・遺伝子的に、PKみたいなプレッシャー120%のシチュエーションに弱いのは確定的に明らか。

解説の本田圭佑さんも、日本人のなかではメンタルが強いほうだと思われていますが、


~延長後半終了間際~

本田圭佑 本田圭佑さんのイメージ
これね……PK、見ます…………?
実況アナウンサー 実況アナウンサーのイメージ
…………どういうことですか?笑
本田圭佑 本田圭佑さんのイメージ
いやいやいやいや、見れます?笑

~延長後半終了直後~
本田圭佑 本田圭佑さんのイメージ
いやぁ……見ら、み、見れないですよね、PKね……ちょっと……
本田圭佑 本田圭佑さんのイメージ
だってもう……もうようやっ、ようやったじゃないですか?
本田圭佑 本田圭佑さんのイメージ
んでもうこれPKやったらほんともう、運だと思うんですよ、うん……やれることなさすぎて、PKは……

と、「選手の気持ち」に感情移入して、動揺しまくっていました。

そして「PKは運」と繰り返していましたが、PKは運ではありません。

クリスティアーノ・ロナウドが、運任せ&力任せでPKを蹴っているわけがなく、強靱なメンタルとそれを支える練習量があったはずです。


サイコパス 安田尊@サイコパス疑惑を謳うブログ。
元々メンタルが弱い日本人は、ロナウドよりメンタルを鍛える必要がある!!

メンタルが弱ければ、せっかく鍛え上げた肉体も技術も、肝心なところで力を発揮できません。

日本代表は、前回大会準優勝のクロアチア代表を相手に、本当に試合内容は互角でした。

途中でクロアチアにクロス祭りを開催されたときは、負けたと思いましたが。


コスタリカ勝利 安田尊@コスタリカ勝利を謳うブログ。
しかし、PK戦に限っていえば、グループリーグでコスタリカに負けたときのレベルでした。

コスタリカに負けた試合も、攻撃を仕掛けたい場面でバックパスを連発して、後ろ向きのメンタルをしていました。

日本代表の課題は、メンタルです。

あとメンタルさえ強くなれば、ワールドカップベスト8はいけます。


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
日本代表、お疲れさまでした!!

ブラジルVS韓国は「背水の陣」理論崩壊


~ブラジル4 – 1韓国~

ブラジル勝利 安田尊@ブラジル勝利を謳うブログ。
背水の陣」理論、崩壊

  1. ブラジル……FIFAランキング1位
  2. 韓国……FIFAランキング28位

前回、アジア勢が格上相手に先制ゴールを許してからの逆転勝利を連発していることに注目した私は、「背水の陣」理論を提唱しました。

そして、韓国VSブラジルでは、ブラジルが先制することも予想していました。

つまり、「背水の陣」理論が正しいなら、この試合でもそれが発動するはずでしたが、


ブラジル大勝 安田尊@ブラジル大勝を謳うブログ。
ブラジル、前半だけで4連続ゴールを決めて終わらせる。


ソース:【速報】カナリア軍団が止まらない!芸術的なパスワークから最後はリシャルリソンが冷静に流し込む! FIFA ワールドカップ カタール 2022 決勝トーナメント1回戦 ブラジルVS韓国 – YouTube(ABEMA公式) – 2022年12月7日閲覧。

リシャルリソンが暴れまくっているのを見届けて、私は寝落ちしました(日本時間・朝4時開始の試合)。

後半はブラジル無得点ですが、なんかキーパー交代とかやっているし(しかも第三GK)、これまで出番がなかった選手を思い出出場させるレベルの舐めプをしていたのでしょう……。


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
韓国も、お疲れさまでした!

モロッコVSスペインは「PKは運」を証明


~モロッコ0 – 0スペイン(PK戦3-0)~

モロッコ勝利 安田尊@モロッコ勝利を謳うブログ。
PK、運かもしれん

私は、クリスティアーノ・ロナウド(日本時間・朝4時試合開始)を観るために早寝早起きをして、モロッコVSスペインの試合結果を確認しました。

すると、とっくに試合が終わっているはずの朝2時過ぎ、まだ試合中でした。

私はホットブラックコーヒーを飲みながら、延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入するのを見届けました。


PKは運ではない 安田尊@「PKは運ではない」を謳うブログ。
スペイン代表は、「1年間でPKを1000本蹴る」練習をしていました。

ソース1:【W杯】スペイン代表エンリケ監督が断言「PKは運ではない」 選手たちに課したトレーニング「決まったルーティンが必要」 – Yahoo!ニュース – 2022年12月7日閲覧。
ソース2:スペイン代表PK千本練習「クジでない」報道に驚き「これが世界との差」 日本「PKは運」論調あるも – Yahoo!ニュース – 2022年12月7日閲覧。
ソース3:「PKは運じゃないから」 敗れたクロアチア戦、城彰二氏が持論「蹴る人の責任」「全然甘いコース」 – Yahoo!ニュース – 2022年12月7日閲覧。
ソース4:言い訳でしかない「PK戦は運」直前にキッカー決めた日本、16強以上目指すなら準備が必要だ – OGGIの毎日がW杯 – ワールドカップカタール2022コラム – 日刊スポーツ – 2022年12月7日閲覧。

そして、日本代表がPK戦で敗れた途端、「PKは運ではない」系のカッコイイニュースが世界中を駆け巡りました。

本田圭佑さんも繰り返した「PKは運」に対する明確な反論です。


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
私も本田さんの意見には疑問で、「PKは運ではありません」と書きました。

しかし、プロのサッカー選手や監督(本田選手や森保監督)が、「PKの成功確率は準備と練習で改善できる」なんて当たり前の法則を知らないわけがない……と、引っかかりは残っていました。

では、「PKは運」とはどういう意味なのか?

それをスペイン代表が教えてくれました。


スペイン代表 安田尊@スペイン代表を謳うブログ。
スペイン代表のPKは、日本代表と同じレベルのへなへな甘々シュートで、3本全部止められました

PK1000本ノックとはなんだったのか……?

スペイン代表のPKは、「日本はまるでPK練習をしたことがないかのように見えた」とディスられた、あの日本代表とまったく同じレベルでした。

ソース:『日本はPK練習をしたことがないように見えた』 元イングランド代表レジェンド解説者、経験の差を指摘【カタールW杯】 – Yahoo!ニュース – 2022年12月7日閲覧。


本田圭佑 安田尊@本田圭佑さんを謳うブログ。
つまり、「PKは運」とは、そのときのメンタルが運だということでは?

練習を頑張るなんてのはいうまでもない当たり前の前提で、本番で強い気持ちが持てるか、ポジティブな心境でPKに挑めるかが運なのです(私たちも、気持ちの浮き沈みはコントロールできないはずです)。

いや、あるいは、クリスティアーノ・ロナウドのようなメンタルを持って生まれるかどうかが運なのかもしれませんが……。

スペインのような、陽気でポジティブな国民性で、そのなかでも世界一流のサッカー選手たちが準備と練習をしてもこれなら、


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
PKは運」という、本田さんの説が理解できました!

ポルトガルVSスイスはロナウド不要論?


~ポルトガル6 – 1スイス~

ポルトガル勝利 安田尊@ポルトガル勝利を謳うブログ。
早起きしたのに、クリスティアーノ・ロナウドがベンチスタートで悲しい(後半ちょろっと出場するも、ノーゴール


ソース:【速報】今大会第1号ハットトリック!今大会初スタメンのラモスが見事な抜け出しから3得点目となる衝撃のゴール! FIFA ワールドカップ カタール 2022 決勝トーナメント1回戦 ポルトガルVSスイス – YouTube(ABEMA公式) – 2022年12月7日閲覧。

しかも、ロナウドのポジションで出場したゴンサロ・ラモス(21歳)がハットトリックを達成してしまった……。

これはもう、ロナウド不要論、世代交代論は不可避でしょう……、


クリスティアーノ・ロナウド 安田尊@C・ロナウドを謳うブログ。
まあ、ロナウド37歳だし、当たり前だけどね。

むしろ、なんで37歳でまだいるの……(しかもクラブ無所属なの、面白すぎる……)って感じなので、仕方がありません。

それでいえば、ペペ(39歳)も大概、生ける伝説ですが(しかもこの試合、コーナーキックからのヘッドで、決勝トーナメント最年長ゴールまで決めました)。

今大会ここまで、センターバックのペペと同じゴール数だなんて、終わりだよロナウド……。


安田尊 安田尊@感想を謳うブログ。
でもやっぱり、私はロナウドのゴールが観たい……(次の試合に期待)!

まとめ:決勝トーナメントBEST8に続く!


安田尊 安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、本記事で触れた6試合のスコアをまとめます。

  1. アルゼンチン2 – 1オーストラリア
  2. フランス3 – 1ポーランド
  3. 日本1 – 1クロアチア(PK戦1-3)
  4. ブラジル4 – 1韓国
  5. モロッコ0 – 0スペイン(PK戦3-0)
  6. ポルトガル6 – 1スイス

以上です。

もちろんベストマッチは、


日本代表 安田尊@日本代表を謳うブログ。
日本VSクロアチア!!

PK戦はもうしょうがないです。

ドイツやスペインを倒して、クロアチアとも120分間完全に互角だった日本代表は、強かった!!

しかしこれで、


ワールドカップ2022 安田尊@ワールドカップ2022を謳うブログ。
アジア勢、トーナメント1回戦で全滅してしまった……。

まあ、グループリーグで全滅予想をされていたなかでこの結果は、「世界の壁」の位置を押し上げたのは間違いありません。

アジア勢、お疲れさまでした!!

以上、決勝トーナメントBEST8に続きます!

関連記事

FIFAワールドカップカタール2022(決勝トーナメントBEST8、準々決勝)を観ました。安田尊@感想を謳うブログ。本記事では、私が観た試合の感想を簡単に書き留めておきます↓クロアチアVSブラジルオランダ[…]

関連記事

FIFAワールドカップカタール2022を観ました。安田尊@感想を謳うブログ。本記事は、私が観た試合の感想まとめ記事です。グループリーグ第1節グループリーグ第2節グループリーグ第3節決勝トー[…]

answersong.com" width="1280" height="904" >

answersong.com