~ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。~

【創作論】名作を作る方法は?一作品に一人「記憶喪失」を!

たとえば「衝撃の真実」がうんたらかんたら系の名作映画や漫画って、だいたい記憶改変していますよね?


~ネタバレ注意~

ネタバレ注意 安田尊@ネタバレ注意を謳うブログ。
こんにちは、本記事には衝撃的なネタバレが多数含まれるため、映画や漫画の教養が浅い方はブラウザバックしてください。

いまから3行ぐらい意味のない文章を垂れ流したあと、具体的なタイトルに触れます。

もちろんすべての名作映画や漫画が記憶を改変しているわけではなく、たとえば私が大好きな映画『バ……。

あれでもちょっと待って、冷静に考えれば『バ……』も記憶をいじって……これいじったんかな? いやいじってないかもしれへんわ。紹介すんのやめとくわ。確信がないわ。いじってるかどうかわからへんから。


~ネタバレ開始~

安田尊 安田尊@ネタバレを謳うブログ。
やっぱり、映画『バーフバリ』シリーズも記憶をいじっていますよね?

  1. 映画『メメント』
  2. 映画『アイデンティティー』
  3. 映画『マローボーン家の掟』
  4. 漫画『進撃の巨人』
  5. 漫画『デスノート』

本記事は、①②③④⑤⑥「もう記憶喪失とか多重人格とかは飽きたよ」「記憶改変系の名作」を例に、なぜ記憶が名作の母なのかを解説します。

名作を生み出したいクリエイターは、一作品に一人記憶喪失を!

では以下目次です。

あの有名映画も漫画も記憶を改変している


~映画『バーフバリ』の簡単なあらすじ~

バーフバリ 安田尊@『バーフバリ』を謳うブログ。
大河に流されてきて民草に育てられた赤子は、じつはマヒシュマティ王国のバーフバリ王子だった。

  1. 映画『バーフバリ 伝説誕生』
  2. 映画『バーフバリ 王の凱旋』

さて、①②『バーフバリ』シリーズは2部作ですが、上記のあらすじは第1部の冒頭でおおよそ明らかにされています。

したがって、『バーフバリ』は衝撃の真実系の映画ではありません。

とはいえ、主人公のバーフバリ王子が本来得るべきだった記憶、「王家の血筋である」が封印された状態で物語が始まるため、


記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
主人公の記憶がいじられている

そしてバーフバリ王子は、あるきっかけを元に自分の出自を知り、出生の秘密を知る……。

つまり一言でいえば、自分の記憶を取り戻す物語だったわけです。

「自分の記憶を取り戻す物語」といえば、なんだかもういいよ飽きたよという感じですが、それはこのフォーマットが過去の名作たちによって使い古されているからでしょう。


~映画『メメント』の簡単なあらすじ~

レナード 安田尊@『メメント』を謳うブログ。
強盗に襲われ妻を失った男は、自身も記憶障害を負いながら、妻の敵を追う。

映画『メメント』は、もはや説明不要というか、逆に説明が必要なレベルで主人公の記憶(と時系列)をいじりまくっています。

記憶をいじれば名作になるっていうけど、どこまでいじっていいの……?

と不安になっている方は、ぜひ『メメント』をご覧ください。


記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
ここまで記憶をいじっても大丈夫!

いや、ここまで記憶をいじったからこそ、名作になったのです。

もうね、衝撃の真実とか以前に、なにが真実かわからないよ。

しかし名作たるもの、深遠なテーマ「なにが真実か?」「事実とはなにか?」を含んでいてこそみたいなところはありますよね。


~映画『アイデンティティー』の簡単なあらすじ~

アイデンティティー 安田尊@『アイデンティティー』を謳うブログ。
嵐の夜、モーテルに閉じ込められて連続殺人事件に巻き込まれたと思ったら、多重人格者の治療だった。

映画『アイデンティティー』は、多重人格者の受けた治療によって、脳内で起きた殺人(人格の統合)を表現しています。

それぞれの人格はお互いに面識がなく、多重人格の自覚も治療中の自覚もありません。

つまり、人格ごとに記憶や意識が切り分けられており、


記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
多重人格障害(解離性同一症)」⇒「記憶障害」です

そして最後に衝撃の真実が明らかにされる、まさに典型的な「衝撃のラスト」ですが……。

やはりこの手の多重人格+無自覚系も、ある程度映画や漫画や小説を嗜んでいれば、何度も目にすることになります。

特に「衝撃の~」が売り文句の作品を手に取れば、だいたい多重人格+無自覚系がまぎれているし、


マローボーン家の掟 安田尊@『マローボーン家の掟』を謳うブログ。
映画『マローボーン家の掟』も同じ。

まああんまりタイトルを羅列するとネタバレ被害が拡大するので、映画はこれ以上挙げませんが……。

なんかもう「衝撃」がひとつのジャンルになっていて、あーまたそれねみたいな、逆に衝撃じゃない感がありますよね。

それでも衝撃系の新作が作られ続ける理由は、記憶改変が名作のテンプレになっているからでしょう。


~漫画『進撃の巨人』の簡単なあらすじ~

進撃の巨人 安田尊@『進撃の巨人』を謳うブログ。
民衆の記憶をコントロールできるヤバい超能力を持った王様に歴史が捏造されていたかもしれん。

漫画『進撃の巨人』も、衝撃の記憶改変ありきの漫画でした。

人類VS巨人の攻防を描くサバイバルものかと思いきや、なんやかんやあって衝撃の真実が明らかにされ、人間同士の争いであることが判明します。

しかも巨人化能力と記憶改変能力がセットでお得になっているなんて、もはやなんでもありの様相を呈していますが、まあエンタメなんて面白ければなんでもありです。


記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
これだけ使い古されて飽き飽きして食傷気味に思えても、記憶改変ものは面白いからOK!

なぜ記憶操作は面白い?記憶の謎に迫ろう


~記憶改変ものが面白い理由~

記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
ではなぜ記憶改変ものが面白いのかといえば、記憶改変⇒ミステリー()が生まれるからです

たとえば映画『バーフバリ』でいえば、本来なら王子様の記憶を持つべき主人公が、一般市民として暮らしています。

なぜそんなことになっているのか、主人公は記憶を取り戻せるのか、記憶を取り戻す方法はあるのか?

謎があると私たちはこう思います、


知的探求心 安田尊@知的探求心を謳うブログ。
本当のことが知りたい!

たとえば映画『メメント』の主人公は、ちゃんと復讐を果たしたのか?

記憶障害があるなかで、主人公が突き止めた犯人は本当に真犯人か?

なにが真実で、だれが嘘つきなのか、真相を探っているとき私たちはこう思います、


推理 安田尊@推理を謳うブログ。
騙されたくない!

たとえば映画『アイデンティティー』で人格バトルのネタばらしがあったあと、それまで探偵役だった元刑事の人格が犯人なんじゃないかと身構えます。

映画『マローボーン家の掟』で雲行きが怪しくなってきた頃、どこからどこまでが実際にあった出来事なのかを疑います。

でも作者は反則すれすれの記憶改変を仕掛けてきているので、


いいね! 安田尊@いいね!を謳うブログ。
私たちは騙されます。

漫画『進撃の巨人』、民衆の記憶を改ざんできる能力ってなんだよそれチートだろ。

推理小説のトリックが「犯人は他人の記憶を操作できる超能力者でした」だったらどう思いますか?

そんなのバチクソにぶっ叩かれますよ。


安田尊@『デスノート』を謳うブログ。
でもガチの推理ものじゃない限り、反則すれすれの「衝撃の真実」は許される。

漫画『デスノート』も、名探偵が登場したり推理バトルが描かれたりしますが、ガチのミステリ作品ではないので意図的な記憶操作が許されています。

死神のノートと記憶操作がセットでお得になっているなんて、もはやなんでもありの様相を呈していますが、まあエンタメなんて面白ければなんでもありです。

そして『進撃の巨人』と『デスノート』の共通点を考えれば、


記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
記憶改変は、化け物や超能力と相性が良い

記憶とはなにか?科学か空想か超能力か?


~記憶はファンタジー?~

記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
そもそも記憶改変ものは、記憶をいじっている時点で非現実的であり、超能力と相性が良い

  1. 映画『メメント』
  2. 映画『アイデンティティー』
  3. 映画『マローボーン家の掟』

①②③「記憶改変映画」は、なるべく現実的な感じで頑張る作品も目立ちますが、やはり非現実感は否めません。

①『メメント』の主人公なんて、あれどうやって日常生活を送ってるんだって感じだし。

②③「多重人格」は、それ自体が超能力じみています。


漫画 安田尊@漫画を謳うブログ。
だから、漫画ぐらい思い切って記憶喪失ファンタジーをやっても、違和感が薄い。

  1. 漫画『ドロヘドロ』
  2. 漫画『メイドインアビス』
  3. 漫画『エルフェンリート』

①『ドロヘドロ』は、魔法+記憶喪失で、頭をワニにされた上に記憶を失った男が主人公です。

②『メイドインアビス』は、ロボット+記憶喪失で、自分の正体すらわからない男性型ロボットが主人公の片割れです。

③『エルフェンリート』は、突然変異+二重人格+記憶喪失で、要素詰め込みすぎな女性型ミュータントが主人公です。


進撃の巨人 安田尊@『進撃の巨人』を謳うブログ。
もちろん、全部名作。

  1. 漫画『進撃の巨人』
  2. 漫画『デスノート』

①「巨人」や②「死神」に限らず、「超能力+記憶改変」はこんなにも相性が良い!

ちなみに、死神+記憶改変なら、同じく大ヒット漫画『BLEACH』でも見られます。

猫型ロボット+記憶改変なら、国民的漫画『ドラえもん』ですよね(「わすれろ草」「ワスレンボー」などの記憶改変系の秘密道具)。


ドラゴンボール 安田尊@『ドラゴンボール』を謳うブログ。
少年漫画の象徴『ドラゴンボール』も、主人公の孫悟空は記憶喪失スタートです(映画『バーフバリ』と同じパターン)。

記憶改変が物語の根幹になっている作品から、ひとつのギミックや小話でしかない作品まで、様々ではありますが……。

とりあえず記憶改変をぶっ込んでおけば、話が作りやすいのは明白でしょう。

そりゃあ現実世界だろうが異世界だろうが、『ドラえもん』の秘密道具レベルの記憶操作が、


記憶喪失 安田尊@記憶喪失を謳うブログ。
ここはどこ? わたしはだれ?

のセリフだけで実現できるんだから、やらない手はありません。

『ドラえもん』といえば、作者である藤子・F・不二雄氏は、「SF(すこし・ふしぎ)」という名言を残しています。

それでいえば、記憶改変はシンプルにSF(サイエンス・フィクション、空想科学)ですが、


記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
記憶」自体が、SF(すこし・ふしぎ

だって、たとえ記憶喪失になっていないとしても、その記憶が空想じゃないってどうしていえるの?

ああ、記憶とはいったいなんなんでしょうか?

科学か空想か超能力か?


記憶 安田尊@記憶を謳うブログ。
こんなにも不思議で面白い「記憶」を上手にいじれば、そりゃ名作も生まれるわけだわ

まとめ:主人公は記憶喪失!話はそれから


安田尊 安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、ここまでの要点を3点でまとめます。

  1. いろいろなバリエーションやカモフラージュはあるが、要するに登場人物の記憶をいじっている有名作品は多い
  2. 王道の記憶喪失なら、「忘れた」の一言で様々な謎や目的やトラブルを生み、面白いアイデアや展開も生み出す
  3. 「記憶」はある意味超能力で、その他の異能や異形とも相性が良く、その上でどこか現実的でリアリティがある

以上です。

というわけで、月島さんのおかげで記憶をいじれば名作が生まれやすいことが証明されました。

クリエイターかAIのみなさんは、是非とも記憶をいじくり回して名作を生み出してください。


Question 安田尊@Questionを謳うブログ。
じゃあおまえが書けば?
Answer 安田尊@Answerを謳うブログ。
私は名作を書きたい人間ではなく読みたい人間なので、やり方だけ書きました。

あとは任せました。

嗚呼、「自分で書いたからオチを知っている」という記憶さえ消せるなら、自分で書いて楽しむんだけどなあ!

以上、とりあえず主人公は記憶喪失スタート、話はそれからです。

answersong.com" width="1280" height="904" >

answersong.com