ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【イジメ論】麻生太郎「弱い子がいじめられる」は被害者批判か?

自民党の麻生太郎副総裁曰く


麻生太郎麻生太郎議員のイメージ
弱い子がいじめられる。強いやつはいじめられないんだって。違いますか

だそうです(2022年7月)。

ソース:「弱い子がいじめられる、国も弱そうな国がやられる」自民・麻生氏 – 朝日新聞デジタル – 2022年7月6日閲覧。


賛成安田尊@賛成を謳うブログ。
まったく違いません。
ネットの批判安田尊@ネットの批判を謳うブログ。
たとえば、この麻生太郎議員の発言がネット上で叩かれまくっている理由も、「頭が弱い発言に見えるから叩かれまくっている」とか分析できます。

もちろん、私はこれから麻生議員の発言を擁護するし、「頭が弱い」とは思いませんが。

それが叩かれているということは、実際に弱いかどうかは関係がなく、


弱肉強食安田尊@弱肉強食を謳うブログ。
弱く見えるだけでイジメられる

という、恐ろしい事実が浮き彫りになっているようにしか見えません。

でももっと恐ろしいのは、「弱い子がいじめられる」という事実に対して、


ネット上の批判安田尊@ネット上の批判を謳うブログ。
なら、弱い子はイジメても良いっていうのか!
ネット上の批判安田尊@ネット上の批判を謳うブログ。
イジメられるのは弱い子が悪いっていうのか!

怖すぎ安田尊@怖すぎを謳うブログ。
みたいな、独自の解釈を加えて勝手に怒り狂っている人、怖すぎ。

もうちょっと頭を強くしたほうが、自分の怒りの感情とかも抑えられると思うよ!

というわけで本記事では、前回の記事に引き続き、麻生議員の抑止論を解説します。

では以下目次です。

弱い子がいじめられる!人間界と自然の摂理


麻生太郎麻生太郎議員のイメージ
安全保障があるから、ひとがケンカをしかけてこないんだろ。子どものときにいじめられた子。弱い子がいじめられる。強いやつはいじめられないんだって。違いますか。国もおんなじよ。強そうな国には仕掛けてこない。弱そうな国がやられる。そういうもんでしょうが。「やり返される可能性が高い」と思われて、はじめて抑止力になる
麻生太郎麻生太郎議員のイメージ
昭和30年11月、自民党結党このかた、我々は安全保障が大事である、憲法に断固明示すべきだと言い続けてきた。有事法制、国民保護法制、平和安全法制、みな自民党がやってきた。我々は確固たる自信があります。こういったことが今、最も必要とされている時代になってきている。そういうことがわかっている政党が政権を担うべきだ

以上が、麻生太郎議員の発言全文です(本記事冒頭のソース、朝日新聞デジタルに基づきます)。

漫画『るろうに剣心』から、志々雄真実の名言を引用すれば、


自然の摂理安田尊@「自然の摂理」を謳うブログ。
一言で言うなら 自然の摂理だ

ってやつですよね。

日本はアメリカに真珠湾攻撃を仕掛けましたが、その報復で強弱をわからされて以降は、アメリカの犬みたいになっています。

麻生議員の発言に問題点があるとすれば、


イジメ安田尊@イジメを謳うブログ。
子ども同士のイジメ問題を、国家間の戦争問題に当てはめることができるか?
戦争安田尊@戦争を謳うブログ。
例え話がバカじゃね?

という疑問はあります。

でも私は、そんなに的外れとも、バカな例え話とも思いません。

ニュースとかをよく見る人なら、よくご存知でしょうけど、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
小学生か?

と苦言を呈したくなるような、幼稚で汚い大人たちの愚行は、散々見てきたはずです。

つまり実際は、「小学生か?(大人ならそんなことしない)」という理想論のほうがバカなんであって、


現実安田尊@現実を謳うブログ。
人間は、大人になってもそういうことをする

これが現実です。

だから、学校や学生間のイジメ問題は、そのまま会社や社会人間のイジメ問題にスライドしています。

そして、それがそのまま国家や民族間の戦争問題にスライドするといわれても、不思議はありません。


にんげんだもの安田尊@「にんげんだもの」を謳うブログ。
にんげんだもの(諦め)

さてしかし、私が5chとかTwitterとかYahoo!ニュースのコメント欄とかを見る限り、別の方向で麻生議員を叩いている人が多く見受けられます。

曰く、


ネット上の批判安田尊@ネット上の批判を謳うブログ。
なら、弱い子はイジメても良いっていうのか!
ネット上の批判安田尊@ネット上の批判を謳うブログ。
イジメられるのは弱い子が悪いっていうのか!

みたいなやつ。

いや、麻生議員は、


麻生太郎安田尊@麻生太郎議員を謳うブログ。
一言も「良い」とか「悪い」とかはいっていないし、被害者批判もしていません

被害者批判とは?事実判断と価値判断の違い


被害者批判安田尊@被害者批判を謳うブログ。
たとえば、被害者批判とは、以下のような「加害者と被害者の比較」をいいます

~イジメ被害者に対して~
イジメ安田尊@イジメを謳うブログ。
イジメはイジメられるほうが悪い! どうせみんながイジメたくなるような、漫画『ドラえもん』でいえば主人公「のび太」みたいに、アホでノロマでマヌケで周りに迷惑をかけていたんだろう。出来杉くんを見習って、もっとシャキっと生きなさい!

~痴漢被害者に対して~
痴漢安田尊@痴漢を謳うブログ。
痴漢は痴漢されるほうが悪い! どうせみんなが痴漢したくなるような、漫画『サザエさん』でいえばカツオの妹「ワカメ」みたいに、パンツ丸出しみたいな格好で周りを誘惑していたんだろう。イスラーム教徒を見習って、もっと露出を抑えた服装にしなさい!

~誹謗中傷被害者に対して~
誹謗中傷安田尊@誹謗中傷を謳うブログ。
誹謗中傷は誹謗中傷されるほうが悪い! どうせみんなが叩きたくなるような、漫画『ゴルゴ13』でいえば主人公「ゴルゴ13」に暗殺されるターゲットみたいに、たくさんの人に恨みを買っていたんだろう。消費税を見習って、有名税も支払いなさい!

  1. 加害者
  2. 被害者

このように、①「加害者」と②「被害者」を比較して、②「被害者」のほうを批判するのが被害者批判です。

では上記から、事実(客観的かつ多数の観測や経験によって現実に存在すると考えられる傾向)のみを抜き出してみましょう。


~イジメ被害について~

イジメ安田尊@イジメを謳うブログ。
周りに迷惑をかける人間は、周りに迷惑をかけない人間より、イジメられやすい。

~痴漢被害について~
痴漢安田尊@痴漢を謳うブログ。
肌の露出面積が広い人間は、肌の露出面積が控えめの人間より、痴漢されやすい。

~中傷被害について~
誹謗中傷安田尊@誹謗中傷を謳うブログ。
世間の恨みを買う人間は、世間の恨みを買わない人間より、誹謗中傷されやすい。

これらの事実判断は、そもそも①「善」や②「悪」のような価値判断を含んでいません。

「だれが悪いか」とか、「なにが良いか」みたいな判断は述べていません。

ただ、空き巣に入られた家が、玄関の鍵開けっぱなしっていうか、玄関のドア自体開けっぱなしだったら、


泥棒安田尊@泥棒を謳うブログ。
玄関開けっぱなしの家は、玄関開けっぱなしじゃない家より、泥棒に入られやすいよね

というだけの話です。

その事実を基に、なんらかの目的意識を加えて、目的の達成度合いに応じて価値判断を下すなら、


戸締まり安田尊@戸締まりを謳うブログ。
泥棒に入られたくないなら、戸締まりをちゃんとしないのは「悪い」よね。

  1. 目的……泥棒に入られたくない
  2. 手段……戸締まりをちゃんとしない
  3. 結果……泥棒に入られやすい

①「目的」と③「結果」が矛盾するなら、②「手段」が悪いよね、みたいな話になります。

このとき、②「手段」と「手段を講じた人」を同一視するなら、②「被害者」が悪いです。

ただしその場合でも、


悪い安田尊@「悪い」を謳うブログ。
加害者と比較して、「被害者が悪い」と評価しているわけではありません。

  1. 目標達成
  2. 目標未達

①「達成」と②「未達」を比較して、②を「悪い」と評価しているのであり、それは目標が達成できないなら悪いでしょう(「目標が達成できる人・状態」と比較して)。

そして、麻生太郎議員の目標は、「国防」ですよね。

以上を踏まえて、麻生議員の発言(子どものイジメ問題の部分)を見てみましょう。


麻生太郎麻生太郎議員のイメージ
子どものときにいじめられた子。弱い子がいじめられる。強いやつはいじめられないんだって。違いますか

違いませんし、ただの事実・傾向を述べているだけです。

そこに価値判断を含める場合でも、「国防の是非」がテーマであり、「加害者被害者の善悪」は論じていません。

月並みな心理学でいえば、


麻生太郎安田尊@麻生太郎議員を謳うブログ。
麻生議員の発言に「弱い人間はイジメても良い」とか「イジメ被害者が悪い」という価値判断を見出す人間は、
ネット上の批判安田尊@ネット上の批判を謳うブログ。
聞き手自身が「弱い人間はイジメても良い」とか「イジメ被害者が悪い」という価値観を持っていて、自分の内面を麻生議員に投影して見ているだけでしょう。

弱い人間は悪いか?人間の強みがないなら?


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
では、自分がイジメられたくないとき、「自分がイジメられるほど弱いのは自分が悪い」のか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
はい。

弱肉強食安田尊@弱肉強食を謳うブログ。
ただし、「強弱の定義」には注意が必要です。

私たちの人間社会では、「強い」とか「弱い」とかの定義が、野性的な力に支配された弱肉強食ではありません。

簡単にいえば、警察とか弁護士とかがいます。

法律とかがあるし、SNSとかがあります。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
1クラス30人の学校に通っています、自分1人を残りの29人がイジメてきます、もう人生終わりですか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
いいえ、学校の外にイジメ加害者をイジメたい人間が30万人はいるので、まだ人生終わりではありません。

警察安田尊@警察を謳うブログ。
警察や弁護士だって、1人でも味方につければ百人力なんだから、クソガキ29人の強さなんて簡単に消し飛びます。

のび太だって、ドラえもんに「秘密道具」という名の暴力を借りれば、ジャイアンをボコれます。

ジャイアンの母ちゃんなら、「秘密道具」なんかなくても、ジャイアンをボコれます。

私たちの現実世界には、「ドラえもん」とか「秘密道具」みたいなチートは存在しませんが、


警察安田尊@警察を謳うブログ。
警察
法律安田尊@法律を謳うブログ。
法律
保護者安田尊@保護者を謳うブログ。
ジャイアンの母ちゃん的な保護者

なら存在します。

じゃあそういう社会や大人を頼ればいいよね。

表向き真っ当だと信じられている社会や大人が助けてくれないなら、真っ当じゃないと信じられている反社会的勢力でもヤクザでも頼ればいいじゃん。


批判社会安田尊@批判社会を謳うブログ。
反社やヤクザの力を借りるなんて、どうかしてる!
イジメ社会安田尊@イジメ社会を謳うブログ。
その前に、反社やヤクザに縋るまで、だれもそいつを助けなかった社会がどうかしてる。

それがヤクザであれなんであれ、助けてほしい弱者は、自分を助けてくれる強者を頼ればいい。

表社会は、裏社会に頼られるのが嫌なら、その前におまえが助けろという話でしかない。

そして実際、社会はそういう方向で動いているし、


社会の多数派安田尊@社会の多数派を謳うブログ。
イジメられている人たちには、「社会の多数派」という最大最強の武器があります

「弱い者イジメ」なんて、社会に公開質問すれば、大多数の人間が「反対」でしょう(違ったらごめんなさい、人間はもう終わりです)。

警察の持つ暴力(手錠・銃火器)や、法律の持つ暴力(刑務所・刑罰)だって、その反対パワーの具現化です。

その反対パワーを使えば、「弱い者イジメを受ける人間」は、一瞬で「イジメ加害者を叩き潰す人間」になれます。


社会の多数派安田尊@社会の多数派を謳うブログ。
でも、これが人間社会の弱肉強食なのに、
弱肉強食安田尊@弱肉強食を謳うブログ。
人間社会パワーが使えない人間は、さすがに「そいつが悪い」としかいえない(「人間社会パワーが使える人間」と比較して

まとめ:考えなくて良いというのは良いこと


まとめ安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、ここまでの要点を3点でまとめます。

  1. 麻生太郎「弱い子がいじめられる~違いますか」はまったく違わない
  2. 「弱い子がいじめられる」は単なる事実であり、被害者批判ではない
  3. 弱い子は助けるべきだが、助けも呼べない「弱さ」は生存に適さない

以上です。

さて、「良い」とか「悪い」とかでいえば、麻生太郎議員は数日前に、


麻生太郎麻生太郎議員のイメージ
政治に関心を持たなくても生きていけるというのは良い国です

と、述べています(2022年7月)。

ソース:「政治に関心持たず生きていける国は良い国です」自民・麻生太郎氏 – 朝日新聞デジタル – 2022年7月6日閲覧。

もちろん私は、完全に同意です。


法治安田尊@法治を謳うブログ。
政治や社会や法律は、個の力が弱い人間を救済するために、人間が編み出した知恵です。
がおー!安田尊@がおー!を謳うブログ。
その人間パワーを利用しないで、ほとんど人間を否定しながらでも、立ち上がって両手を広げて「がおー!」とか威嚇するだけで生きていけるならどんなに幸せでしょうか?

現実安田尊@現実を謳うブログ。
でも現実の人間社会は、「がおー!」では生きていけないので、人間社会で生きていきたいなら「問題」があります。

人間の問題に対処するためには、政治や社会に関心を向けて、「がおー!」より政治力で答えたほうが良い。

たとえば、「警察を動かす」とかいえばとんでもない政治力に見えますが、実際は電話で110番をするだけで動かせます。

それでも、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
周りに助けを求めることもできず、自力救済もできないなら?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
まあそいつが(生きるのに向いていないという意味で)悪いよね

そういう意味では、人間の赤ちゃんとかも、めちゃくちゃ「悪い」です(頭悪すぎだし成長遅すぎだし、自力で生きられないし、なにあの生き物?)。

でもその赤ちゃんでさえ、所構わず力の限り泣き叫んで、周りに異常を訴える程度の社会性は発揮しますが(だから、産まれてすぐに泣かない赤ちゃんは、「悪い」)。

以上、もちろん「生きるのに向いていない人間も含めて、誰一人取り残さずに全員を100%助けられないなら、悪い」という目的意識と価値判断があるなら、私も「悪い」のでしょう(最近でいえば、SDGs系の人たちはそう主張しています。こわ……)。

関連記事

自民党の麻生太郎副総裁曰く、麻生太郎議員のイメージ「打ったら打ち返す」「殴ったら殴り返される」。そういう意識が相手に無ければいいように殴られるだけでしょうがだそうです(2022年6月)。ソース:「殴ったら殴[…]

【抑止論】麻生太郎「殴ったら殴り返されるという意識が抑止力」
関連記事

自民党の麻生太郎副総裁曰く、麻生太郎議員のイメージ政治に関心を持たなくても生きていけるというのは良い国です。考えなきゃ生きていけない国のほうがよほど問題なんだだそうです(2022年7月)。ソース:「政治に関[…]

【理想論】麻生太郎「政治に関心を持たなくても生きていける良い国」
>answersong.com

answersong.com