ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【アンパンマン】アンパンチが暴力的でも子どもに見せるべき理由

アニメ「アンパンマン」において、アンパンマンがばいきんまんをアンパンチでぶっ飛ばすシーンを子ども、特に乳幼児に見せることは子どもに暴力を教えることにならないか、子どもが暴力的にならないか、という懸念、心配の声が一部の親御さんたちから上がっているそうです。

ソース:アンパンマンの「アンパンチ」乳幼児が暴力的になると心配する親も – ライブドアニュース – 2019年8月15日(木)閲覧。 

その心配の行き着く先はもちろん、


親御さん親御さん
暴力助長アニメ「アンパンマン」は子どもの教育上よろしくないのでは?
親御さん親御さん
武力衝突アニメ「アンパンマン」は子どもに見せるべきではないのでは?
親御さん親御さん
拳で抵抗するアニメ「アンパンマン」は子どもから取り上げるべきでは?

といった意見になりますが、結論から申し上げると、アンパンチが鉄拳制裁でアンパンマンが暴力的だとしても、子どもから取り上げるのは無意味です。

理由は2点あります。

  1. アンパンマンの拡散力
  2. 暴力はアニメのなかで起きているのではなく、現実に起きている

では以下で詳しく解説しましょう。

アンパンマンを見せないと逆に教育上よくない

まずそもそも論から入りますが、


そもそも論安田尊@そもそも論を謳うブログ。
子どもから「アンパンマン」を取り上げることは可能か?

という観点から考えていただければおわかりのとおり、現実的にいって難しいです。

なぜならコンテンツは伝染するからです。

拡散、といってもいいでしょう。

人間は情報を共有することがなによりも大好きな生き物です。


ツイッター安田尊@ツイッターを謳うブログ。
それは「ママ友」や「パパ友」をお持ちの方であればだれよりも理解されていることでしょうし、友だちがだれひとりいない方でも、各種SNSで繰り広げられる「#拡散希望」をご覧いただければわかることです。
拡散希望安田尊@拡散希望を謳うブログ。
そして人間は「#拡散希望」の性質を乳幼児から備えています。

ゆえに近年では、「妖怪ウォッチ」が爆発的に流行した例が記憶に新しいですが、子どもにだけ大流行するコンテンツが定期的に出現します。

子どもは子ども同士で、大好きなコンテンツについて、リアルで「#拡散希望」ネットワークを敷いているわけです。


王冠(アンパンマンの顔っぽい)王冠(アンパンマンの顔っぽい)
そして「アンパンマン」は、もう何十年もその時々の子どもたちから「#拡散希望」を連打されまくり、トレンド最上位に君臨しているキング・オブ・コンテンツです。

たとえ「アンパンマン」の自宅での視聴を禁止したところで、行く先々のおうちや保育施設、病院やクリニックの待合室、YouTubeなどの動画サイトでもアンパンマンのグッズ、アニメーションが垂れ流しにされているのが現状です。

はっきり申し上げて、「アンパンマン」は世界一成功したパン工場であり、いくら不買運動をしたところで倒産は非現実的です。

特に日本の子どもたちは、地下室に監禁されたり口にガムテープを貼られたりしない限り、アンパンマンを口にしないことは不可能です。

よってアンパンマンは、これまでもこれからも、口コミで広がり続けます。

さてしかし、そこで強引に、自分だけがアンパンマンの視聴を固く禁じられた子どもがいれば、その子どもはどういった感情に目覚めるでしょうか?

答えは、


泣き寝入り安田尊@泣き寝入りを謳うブログ。
悲しみと憎悪

です。

それはもう、大人だって自分の大好きなコンテンツが取り上げられれば、悲しい気持ちになり、同時に取り上げた相手を憎悪しますよね?

ではそこで、2択です。

  1. 子どもに「アンパンチ(暴力)」を見せつけるか
  2. 子どもに「憎悪」を植えつけるか

どちらがいいでしょうか?

ちなみに②「憎悪」の対象は親御さん、あなたです。

教育上、子どもと向き合うなら、自分に向けられる「憎悪」よりも、アニメで学ぶ「暴力」のほうが、簡単で実用的ではないでしょうか?

アンパンチを見せなくても現実の暴力は見える

では「暴力」が「実用的」であるとはどういうことか、お話しましょう。

結局のところ、アンパンマンやそれ以外の暴力的なコンテンツを排除したところで、現実に暴力は存在します。


暴力安田尊@暴力を謳うブログ。
保育園でも幼稚園でも園児同士の喧嘩はありますし、学校でも小学校から大学院まで、喧嘩はもちろん、暴力的なイジメが後を絶ちません。
家庭内暴力安田尊@家庭内暴力を謳うブログ。
大人になって社会にでても、職場や家庭で耐えがたいパワー・ハラスメントやドメスティック・バイオレンスに晒される人だっているでしょう。
暴力団安田尊@暴力団を謳うブログ。
まず現実に、この社会には「暴力団」なる組織すら存在していて、我々は常に暴力と隣り合わせの日常を送っています。
暴対安田尊@暴対を謳うブログ。
では「暴力」に対抗するにはどうすればいいのでしょうか?
話し合い安田尊@話し合いを謳うブログ。
話し合いで解決しますか?
法律安田尊@法律を謳うブログ。
法律が盾で大丈夫ですか?
警察安田尊@警察を謳うブログ。
警察は守ってくれますか?
暴力には暴力を安田尊@暴力には暴力を謳うブログ。
はっきり申し上げて、目には目を、歯には歯を、暴力には暴力を、です。

暴力に対する最大の護身は、自分が暴力を身につけることです。

たとえば最近1年ぐらい、街中や駅構内などで、


わざと人にぶつかるおじさん安田尊@わざと人にぶつかるおじさんを謳うブログ。
わざと人にぶつかるおじさん

が出没しているとニュースになっていますね。

しかし、わざと人にぶつかるおじさんは、誰彼構わずぶつかっているわけではありません。

だれを狙っているのでしょうか?

答えは、


わざと女性にぶつかるおじさん安田尊@わざと女性にぶつかるおじさんを謳うブログ。
反撃してこなさそうな、か弱い女性

です。

「暴力が使えなさそうな人間」と言い換えてもいいでしょう。

無差別通り魔にしてもそうですよね。

通り魔はいつだって、


通り魔安田尊@通り魔を謳うブログ。
だれでもよかった

などとうそぶきますが、実際に犠牲となっているのはだれでしょうか?

統計を取ったわけではありませんし、また犯人の証言が本心から語られた真実であるかどうかも私たちにはわかりません。

しかし、自分が通り魔だったらだれを狙うのか、ということは想像できます。

そして想像したとき、暴力が使えなさそうな、

  • 女性や、
  • 子供や、
  • 弱者が、

狙われるとは感じませんか?

学校でいつもイジメられているのは、アンパンチが使える子ですか? 使えない子ですか?


弱肉強食安田尊@弱肉強食を謳うブログ。
人間は所詮動物であり、弱肉強食の側面は否めません。

ゆえに「暴力」は「知力」と並ぶ最重要ステータスです

ですから教育上重要なのは、いかに子どもから暴力性を排除するのかではなく、暴力性を身につけさせた上で、正しく活用する術を教育することなのではないでしょうか。

結論:アンパンマンは親子で暴力が学べる教材


暴力禁止安田尊@暴力禁止を謳うブログ。
たしかに暴力はいけないこと、それは文明社会において初歩的な教養です。

しかしばいきんまんのように、暴力で勝負を仕掛けてくる人間は現実に存在します

そうして我が子が暴力に曝されたとき、暴力をよく知らない子どもでは、暴力に太刀打ちできません。


搾取安田尊@搾取を謳うブログ。
一方的にナメられ、ボコられ、搾取される運命です。

相手だけが「暴力」という武器を使いこなし、自分はその武器を使えないのであれば、やられっぱなしの泣き寝入りをするしかありません。

警察官が犯罪の手口を知ろうとせず、また警棒も拳銃も所持していなければどうなりますか?

犯罪者に好き勝手やられてしまいますよね。

それと同じことです。

そして人間の世界では、物心ついたときから「暴力」が登場します。


喧嘩安田尊@喧嘩を謳うブログ。
「アンパンチ」を知らなかったところで、搾取され続けるのを良しとしない子どもであれば、いずれ見様見真似で、あるいは完全に我流で、「パンチ」や「キック」、その他の暴力を覚えることになります。

野放しでいいのでしょうか?

よくないのであれば、暴力の正しい理解を促し、暴力に正しく対処する術や、暴力を厳正に運用するための考え方などを親子で考えるべきです。

そのための教材として、「アンパンマン」はうってつけです。

なぜなら、アンパンマンは誰彼構わずぶっ飛ばしているわけではありませんよね。

  • どういうときに「アンパンチ」を使ってでも戦うべきなのか
  • なにをすれば「アンパンチ」を使われてぶっ飛ばされるのか

アンパンマンで学べます。

しかしそこで、ちょっと暴力的な表現が含まれるコンテンツだからといって、親が思考停止に陥り、引き算の教育しかできないようでは、子どもの将来が危ぶまれます。

教育とは、毒を教えないことではなく、毒を教えることです。


ヤドクガエル安田尊@ヤドクガエルを謳うブログ。
毒をもって毒を制す、ということわざもありますが、結局のところ、毒を持った生物にちょっかいをだすバカは極めて稀です。

我が子が可愛いのであれば、子どもに毒を持たせるべきかどうか、しっかりと考えて判断しましょう。

以上。

THIS IS THE ANSWER.

>answersong.com

answersong.com