ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【人間関係】「友達」と「仲間」の違いを解説!

ダチンコとはいってもナカマ××とはいわない。

友達とは?

ごめんなさい、真面目に考えます。

まず、「友達」という字を見て、私は二通りの成り立ちを連想しました。

  1. 「友」に「達する」と書いて友達。
  2. 「友」に複数形の「達」を加えて友達。

実情を鑑みれば、後者はないですね。


唯一無二
友達がひとりしかいない……

といった用法は自然にありえます。

よって私は、友達のことを、「友に達した人」のことだと捉えます。

まずこの点で、「仲間」よりはハードルが高い。


クラスメイト
詳しくは「仲間」の項目で述べますが、たとえば学校のクラスメイトとは、まず仲間になります。

が、まだ友達ではない。

たまたま学校という環境で、同じクラスに配属されただけで、「友」には到達していないわけです。

では「友に達する」とはどういうことか。


近すぎず遠すぎず
人と人との距離、または心と心の距離が、ほどよく縮まることをいいます。

つまり、自分と「共」に過ごしている人は、やがて「友」に達します。

その距離感や、友に達するまでの時間は人それぞれです。


隣同士お喋り
学校のたとえを続けるなら、同じクラスでも、自分の前や後ろ、隣の席に座っている人と、自分から一番遠い席に座っている人とでは、達しやすさが違います。

この場合は、人と人との距離、物理的な距離が関係しています。

しかしもちろん、心を通わせることができなければ、友には達しません。


授業風景
学校でいえば、先生と生徒の関係です。

自分が生徒だとして、座席は教室の一番前、目の前には先生の席や教壇があり、先生がいつも近くにいる……そういった状況でも、先生と生徒の心には、見えない一線が引かれていることでしょう。

年齢の違い、立場の違い、意識の違い、そういった要素が絡み合った線です。

その一線を乗り越えるのは、難しいはずです。

ゆえに、先生と生徒は仲間になるのは簡単ですが、友達になるのは難しい。


スマホで繋がる
ですが、同じ生徒同士であれば、自分から一番遠い席に座っている人とでも、なにかしらの連絡手段を持ち、頻繁にやりとりをしていれば、心を通わせることはたやすい。

そうして、物理的に、精神的に、距離を縮めることのできた人たちが、友達になります。

もしも自分とだれかが友達なのかどうか、疑問に思う場合は、その時点でまだ友達ではなさそうです。

自分は相手と近すぎないか、遠すぎないか、相手は自分に近づこうとしているのか、遠ざかろうとしているのか、よく観察し、行動してみるとわかるかもしれません。

仲間とは?

次は「仲間」について考えていきます。

まず「友達」の項目で、「友達」は「仲間」よりハードルが高い、と述べましたが、それはあくまで関係が成立する難易度の話です。


人間関係の強度として、「絆」という言葉を用いるなら、仲間同士の絆が友達同士の絆に劣る、ということはありません。

逆も然りで、そこはケースバイケースです。

では仲間とは?

共通の目的意識を持つ、または利害が一致する、協力関係、だと私は思います。


生徒
たとえば学校のクラスメイトは、同レベルの学習という共通の目的があり、生徒たちは同じ授業を受け、一緒に問題を乗り越えることによって切磋琢磨する、という協力関係を結んでいます。
先生
そして先生も授業に協力することによって
給料
賃金という対価を得ます。

問題を共有し、協力者は全員利益を得る。

ゆえに学校のクラスメイトは、仲間だといえます。

「友達」と大きく違うのは、物理的、精神的問わず、距離が問題にならないことです。


ネットワーク
たとえば学校ではなく、SNSで知り合った人、顔も名前も住所も年齢も性別も職業も趣味も知らない人と、しかし同じ目標を持ち、有益な情報を交換していれば、その関係性は「仲間」と呼べるでしょう。

そしてもし、お互いに困難な問題をクリアして、喜び合うことができれば、その絆は凡百の友達関係よりも強力になるかもしれません。

したがって、「遊び友達」と「遊び仲間」といった、辞書を引くと同一視されている言葉がありますが、私は明確に区別が可能だと思います。

それぞれ例をだしましょう。

「遊び友達」は、目的があってもいい、なくてもいい、利益も度外視、行き当たりばったりでも遊べてしまう友達。


遊び友達
たとえば暇な時間を見つけて、なにをして時間を潰すか相談しているだけで楽しい、ぶらぶらしているだけで楽しいことが多い、そういう関係性です。

一方で「遊び仲間」は、なにをして遊ぶのかがだいたい決まっていて、その遊びが有益だったり、協力関係を強化する狙いがあったりする仲間。


遊び仲間
たとえば学校の遠足や修学旅行で同じグループになった人、社会人なら同僚や取引先とのゴルフや釣りなど、共通の目的や趣味を持ち、遊ぶことが多い、そういう関係性です。

ですから、その遊びが「接待」である場合などはもちろん、「友達」ではなく、「仲間」のほうですよね。

漫画「ワンピース」のルフィたち、麦わらの一味だって、共通の目的や利害関係があるからこそ、「仲間」なのです。

まとめ

私の見解では、

  • 「友達」は共に過ごして距離を縮め、築いた関係
  • 「仲間」は共通の目的や利害により、築いた関係

です。

ただ、ここでちょっと衝撃的なんですが、念のため手元の国語辞典を引くと、

ともだち【友達】
勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人。

ソース:岩波 国語辞典 第七版 新版 – 株式会社岩波書店

なかま【仲間】
心を合わせて何かをいっしょにするという間柄をかなりの期間にわたって保っている人。そういう間柄。「―の面倒をよく見る」「遊び―」

ソース:岩波 国語辞典 第七版 新版 – 株式会社岩波書店

って書いてあるのを見つけてしまいました……。


安田尊@逆を謳うブログ
あれ、なんか逆じゃない?

まあ……私は見なかったことにします。

みなさんは私か国語辞典か、信用できるほうを採用してください(敗北確定)。

以上。

THIS IS THE ANSWER.

>answersong.com

answersong.com