ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【日本語】「秒殺」の意味は?具体的な定義は何秒以内?

朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円、という企画が2021年11月にAbemaで配信された結果、


日刊スポーツ日刊スポーツのイメージ
朝倉未来 3人合計96秒殺KO「本当はやってはいけない」1000万円企画

などと、各スポーツメディアが記事を配信していました。

ソース:朝倉未来 3人合計96秒殺KO「本当はやってはいけない」1000万円企画 – 日刊スポーツ – 2021年12月7日閲覧。

で、思ったんですけど、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
「96秒殺KO」……?
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
「秒殺」って……(3人合計だとしても)96秒とか、そんなに時間かかってよかったんだっけ……?

という疑問(あともう1個ツッコミどころがあるんですが、テーマがブレるから主文後回し)。

本記事では、この「秒殺」について、


安田尊@秒殺を謳うブログ。
出会い頭の数秒でぶっ倒さなきゃ、「秒殺」じゃないよね?
試合開始安田尊@試合開始を謳うブログ。
つまり、ゴングが鳴って(試合開始の合図)から10秒以内。
ストリートファイト安田尊@ストリートファイトを謳うブログ。
1人あたり10秒として、相手が3人なら、30秒以内が「秒殺」

と、定義します。

では以下、「10秒以内」という定義に至る理由を、朝倉未来選手のストリートファイトや辞書を引きながら解説しましょう。

朝倉未来の「15秒KO」と「45秒KO」は同じ秒殺?


朝倉未来安田尊@朝倉未来選手を謳うブログ。
まず始めに、朝倉未来選手のストリートファイト(?)が、「秒殺」と報じられる違和感を詳細に解説します
ストリートファイト安田尊@ストリートファイトを謳うブログ。
朝倉未来選手の対戦相手と、KO(ノックアウト)勝利までのタイムは、以下のとおりです(日刊スポーツのソースに準じます)。

  1. 1人目「会津伝説のけんか屋」久保田覚……14秒KO
  2. 2人目「タレント後藤真希の弟」後藤祐樹……45秒KO
  3. 3人目「キックボクサー」モハン・ドラゴン……37秒KO

てか、35年生きてきた男の肩書きが「後藤真希の弟」ってなんだよ……弟がグレた理由これだろ……。


ストップウォッチ安田尊@ストップウォッチを謳うブログ。
で、「秒殺」を「1分未満(59秒以内)」と定義するなら、全員秒殺はしていますよね。

ただ、①「14秒KO」はともかく、②「45秒KO」はちょっと……微妙じゃないですか?

②は「秒殺」という言葉から受けるイメージ、もう一瞬で倒しちゃったんだな、ってイメージからは程遠いですよね。

まず、


久保田覚安田尊@久保田覚氏を謳うブログ。
①の久保田覚氏は、実質8秒KOです

久保田覚氏は、映像では8秒時点で朝倉未来選手の膝蹴りがクリティカルヒットして地面に倒されていて、追撃のパウンド(地面に倒れている相手の顔面に振り下ろすパンチ)を2発モロに食らって再起不能になっています(朝倉選手も、この時点で攻撃をやめて立ち去っています)。

一方、


後藤祐樹安田尊@後藤祐樹氏を謳うブログ。
②の後藤祐樹氏は、実質で見ても40秒KOです。

後藤祐樹氏は、朝倉未来選手から首相撲気味の膝蹴りを2発食らっても立っていて、組み合ってぶん投げられるまでに15秒経過……マウントポジション(片方が地面に転がされて下の位置、もう片方が上の位置)を取られたあとも、パウンド連打を食らう40秒までは反撃していました。

この①と②、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
同じ「秒殺」ですか?

私たちが「秒殺」と見聞きして思い浮かべるのは、どう考えても①「14秒KO」(実質8秒KO)のパターンでしょう。

②「45秒KO」(実質40秒KO)のパターンは、


遅刻安田尊@遅刻を謳うブログ。
決着までにモタモタモタモタ打撃も組技も投げ技も寝技もやって、40秒台に突入しておいて、「秒殺」もクソもあるか!!

Question安田尊@Questionを謳うブログ。
って、思いません?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
思います。

まあでも、1分には突入していないから……59秒までは、「秒」だから……そういう意味では、ギリギリ納得できます。

でもこの表現は、


日刊スポーツ日刊スポーツのイメージ
3人合計96秒殺KO

クソすぎませんか?

合計して「分」に突入してしまえば、それはもう「秒」ではありません。

1分以上を「秒」で表現することが許されるなら、総合格闘技やキックボクシングでフルラウンド15分戦って判定勝ち、


900秒殺安田尊@900秒殺を謳うブログ。
900秒殺

とかいえてしまいます。

ボクシングの1ラウンド3分、12ラウンド制で判定勝利だったら、


2160秒殺安田尊@2160秒殺を謳うブログ。
2160秒殺

とかいえてしまいます。

時間は何時間でも「秒」に換算できるんだから、「秒殺表記は1分未満まで!」みたいな区切りが必要でしょう。

だから私だったら、1分を越えた時点で、


表記安田尊@表記を謳うブログ。
3人合計96秒KO

みたいな表記にします。

そもそも「秒殺KO」は、格闘技で「秒殺」といえば通常は「KO」を指すため、「秒殺」のあとに「KO」は不要です。

要するに「秒殺」いいたいだけでしょう。

それなら「KO」のほうを消して、


表記安田尊@表記を謳うブログ。
3人秒殺で合計96秒

みたいな表記のほうがスマートじゃないですか?

「3人秒殺」なら、1人あたり1分未満で倒している限り、「秒殺」は嘘ではありません(「秒殺」で括っているのは、秒殺した「人数」のみです)。

でも「96秒殺」は、「秒数」を1分以上にまとめているわけですから、「秒殺」を名乗るのは詐欺のニオイがします。

以上の表記を改めて並べてみると、

  1. 朝倉未来 3人合計96秒殺KO「本当はやってはいけない」1000万円企画
  2. 朝倉未来 3人合計96秒KO「本当はやってはいけない」1000万円企画
  3. 朝倉未来 3人秒殺で合計96秒「本当はやってはいけない」1000万円企画

うん……まあぶっちゃけどれでも大差ないけど①「3人合計96秒殺KO」の違和感すごくないですか?

ただそれでも、結局は3人合計だから……1人ずつなら「秒殺」だから、「96秒殺」も間違いとはいいきれない……わかります。

96歩譲って、わかります。

でもスポーツメディアさん……これ以外にも「誇張しすぎた秒殺」の常習犯だよね。

「1回1分54秒」で「秒殺KO」は使い方がおかしい


ニュース安田尊@ニュースを謳うブログ。
以下、Yahoo!ニュースで「秒殺」と検索して出てきた最近の記事群です

ソース1:RIZIN・新星ボグダノフ 奥田を67秒殺!サトシに大みそか柔術戦要求 – Yahoo!ニュース – 2021年12月7日閲覧。
ソース2:入江聖奈、〝75秒殺〟で3年ぶり日本一/ボクシング – Yahoo!ニュース – 2021年12月7日閲覧。
ソース3:【ボクシング】衝撃の109秒殺!エニスが無敗の18連続KO勝利「次は彼だ!」タイトル戦を望む声 – Yahoo!ニュース – 2021年12月7日閲覧。

  1. 67秒殺(デイリースポーツ)
  2. 75秒殺(サンケイスポーツ)
  3. 109秒殺(イーファイト)

あの……「分」ですよね??

「秒殺」じゃなくて……「分殺」ですよね??


109秒殺安田尊@109秒殺を謳うブログ。
衝撃の109秒殺
衝撃安田尊@衝撃を謳うブログ。
っていわれても、もはや3桁に突入して「2分」近いのに、「」だと言い張ることのほうが衝撃だよ!!

でも、「109秒KO」を「109秒殺」に言い換えているだけだから……「KO」を「殺」に変換しているだけで、「秒殺」という単語ではないから……という言い訳は、


日刊スポーツ日刊スポーツのイメージ
朝倉未来 3人合計96秒殺KO「本当はやってはいけない」1000万円企画

↑このパターンの「殺」と「KO」が重複している例に退路を断たれており、言い逃れ不可能です。

そして同様のパターンは、3日前の出来たてホヤホヤ記事にも見られます。

安保瑠輝也、秒殺KOのバックハンドブローは「完全に閃き」 ファン興奮「鮮やか過ぎ」

 格闘技イベント「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」が4日、大阪で行われた。ウェルター級マッチでは安保瑠輝也が海斗に1回1分54秒でKO勝ち。自身のツイッターでは最後に決めたバックハンドブローを動画付きで公開。「これは完全に閃き」と振り返っている。

ソース:安保瑠輝也、秒殺KOのバックハンドブローは「完全に閃き」 ファン興奮「鮮やか過ぎ」 – Yahoo!ニュース – 2021年12月7日閲覧。

Question安田尊@Questionを謳うブログ。
1回1分54秒」で「秒殺KO」ってどういうことだよ?????
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
たしかに「」ってついてるよ、でもそれじゃあ私がフルマラソンを4時間1分54「」で完走したときも「秒でゴール」とか自称していいのか、いやよくない!!!!(反語)

「秒殺」とは?試合開始直後や一瞬で決まる勝負事


ヘルプ安田尊@ヘルプを謳うブログ。
辞書さーん!! 助けてーーーーーーーー!!!!!!
電子辞書安田尊@電子辞書を謳うブログ。
今回は、goo国語辞書と岩波国語辞典とコトバンクのなかで「秒殺」を解説しているのが『デジタル大辞泉』だけだったので、コトバンクからのみ引用します。

びょう‐さつ〔ベウ‐〕【秒殺】
[名](スル)格闘技などで、試合開始直後に相手を倒すこと。
[類語]瞬殺
出典 小学館デジタル大辞泉

ソース:秒殺とは – コトバンク – 2021年12月7日閲覧。

しゅん‐さつ【瞬殺】
[名](スル)一瞬で相手を倒すこと。多く、格闘技の試合などについていう。
[類語]秒殺
出典 小学館デジタル大辞泉

ソース:瞬殺とは – コトバンク – 2021年12月7日閲覧。

まとめると、


電子辞書安田尊@電子辞書を謳うブログ。
秒殺」とは、「試合開始直後」や「一瞬」で相手を倒すこと

Question安田尊@Questionを謳うブログ。
では問題、格闘技における「直後」とか「一瞬」は、具体的には何秒でしょうか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
10秒以内

先ほど説明したとおりです。

打撃も組技も投げ技も寝技もやって、40秒台に突入していたら、試合開始「直後」でも「一瞬」でもない!!

でも相手に膝蹴り入れて倒してパウンド2発入れて再起不能にして、まだ8秒だったら、試合開始「直後」だし「一瞬」です。

つまり、


秒殺安田尊@秒殺を謳うブログ。
秒殺」とは、「10秒以内に相手を倒すこと
3匹の秒殺安田尊@3匹の秒殺を謳うブログ。
相手が複数人なら、1人あたり10秒以内です。

したがって、

  1. 3人合計96秒殺KO(日刊スポーツ)
  2. 67秒殺(デイリースポーツ)
  3. 75秒殺(サンケイスポーツ)
  4. 109秒殺(イーファイト)
  5. 1回1分54秒(ENCOUNT)

↑全部失格。

しかも特定のスポーツメディアがやらかしているならまだしも、全部違うメディアで5つも例を出せるなんて、終わりだよこの世界。

こんなに「秒殺」を乱用されたら、本当に10秒以内で「秒殺」している試合の価値が下がるだけでは?

私たちが「秒殺」と聞いて期待する試合、ワクワクする試合は、


真剣勝負安田尊@真剣勝負を謳うブログ。
出会い頭の攻防一発で勝負が決まる、真剣勝負だけなんだよ!!

まとめ:「秒殺」なら10秒以内に相手を倒すこと!


まとめ安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、ここまでの要点を3点でまとめます。

  1. 「秒殺」は、「15秒」と「45秒」と「1分54秒」では、区別すべき!
  2. 「秒殺」が、「直後」や「一瞬」ならば、時間的には「10秒以内」!
  3. 「秒殺」は、「開始10秒以内に獲物を仕留めること」と定義できる!

以上です。

あなたは虫の涌かない国のお姫様で、結婚を前提にお付き合いしている虫の涌く国の王子様の部屋で同棲を始めた日、ゴキブリが出たとします。


ギャー!安田尊@ギャー!を謳うブログ。
ギャー!
王子様安田尊@王子様を謳うブログ。
なんだ、ゴキブリか。こんなもん「秒殺」してやるよ……

問題安田尊@問題を謳うブログ。
さて問題、あなたが彼に期待する「秒殺」は何秒ですか?

  1. 10秒以内
  2. 45秒以内
  3. 1分54秒以内

Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
①「10秒以内」ですよね
ギャー!安田尊@ギャー!を謳うブログ。
②「45秒」だったら嘘つきだと思うし、③「1分54秒」なんてかかっていたら別れるまでありますよね。

彼氏安田尊@彼氏を謳うブログ。
では逆に、あなたが彼氏の立場だったら……?
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
男として考えてほしいんですが、①「10秒」以外情けなくないですか?
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
それとも、1分も2分もかかって……「秒殺」だと言い張るんですか?
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
あなたがギャグ漫画の主人公ならそれでもいいかもしれませんが、現実世界でカッコイイと思われたい、彼氏や王子様や格闘家だったら……?

Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
それが答えです

以上、「秒殺」を具体的に定義すると「10秒以内の決着」だといえる理由でした!

answersong.com" width="1280" height="904" >

answersong.com