ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【3周年】ブログを3年継続した方法!「3年」にこだわるのはNG!

新しいことを始めようとしている人、3年を基準に継続しようとするのはやめたほうが良い


アンサーソング。安田尊@アンサーソング。を謳うブログ。
こんにちは、雑記ブログ『アンサーソング。』を運営して3年が経過した安田尊です。
3周年安田尊@3周年を謳うブログ。
それで思ったんですが、3年は長い!!

  • 石の上にも三年
  • 桃栗三年柿八年
  • 商い三年

などと、よくいいますよね。

でも、


3周年安田尊@3周年を謳うブログ。
3年は長い!!
3周年安田尊@3周年を謳うブログ。
3年は長い!!

同じ言葉を3回も繰り返すのは多すぎると感じるように、3年は長すぎる!

ちょっと今回は、ブログを3年継続してどうだった? 的などうでもいい報告はやめて、この教訓を残します。

新しいことを始めようとしている人、3年を基準に継続しようとするのはやめたほうが良い

では以下目次です。

ブログを3年継続した結果!同期は何人残っている?


~2019年3月~

同期安田尊@同期を謳うブログ。
よーし、ブログを始めるぞー! 頑張るぞー!!

~3年後~
ぼっちパーティ安田尊@ぼっちパーティを謳うブログ。
私の同期、私以外全員ブログをやめている……?

というと、たぶんそんなことはありませんが、私の観測範囲内では全員やめています。

学生でも社会人でも趣味人でも、「同期」という概念がありますよね。

趣味の場合は、だいたい同じ時期に、同じ趣味を始めた仲間が「同期」です。


同期安田尊@同期を謳うブログ。
私の場合は、2019年3月にブログを開設しているため、2019年3月開始のブロガーが「同期」です(もっと大雑把に括れば、2018年度とか2019年開始のブロガーが同期)。

で、2019年3月頃の私は、Twitterから2019年3月開始のブロガーを見つけていました。


同期安田尊@同期を謳うブログ。
その数、9人(中途半端……!)。

いまから思えば、あと1人足して10人は頑張れよという話ですが……(もしかして、私を含めれば10人になるという計算か……? 当時の私……?)。

当時は特に目的意識を持って探したわけではなく、目についたから、とりあえずブックマークしておいた感じだと思います。

なんなら、いまメインで使っているブラウザのブックマークからは、消えていたぐらいです。


風化安田尊@風化を謳うブログ。
3年という月日は、ブックマークを風化させるには、十分な時間でした。

でも、別のPCの別のブラウザに、昔同期してあったブックマークからサルベージしました(余談ですが、いまとは全然違う、昔の自分のブックマークを眺めるのは楽しいものです。私ももう年だな……)。

さて、そんなこんなで、私の観測範囲内では9人の同期がいますが、


ぼっちパーティ安田尊@ぼっちパーティを謳うブログ。
私の同期、全員ブログをやめている。

私は、同期のTwitterとブログを、両方ブックマークしていました。

同期9人のブログは、今年(2022年)、1度も投稿されていません。


404エラー安田尊@404エラーを謳うブログ。
さらに、2つのブログは、リンク切れ。

残りの同期7人中、1番新しい投稿が2021年1月でした(なんか、今年は更新頑張るぞ的なことが書いてあって、そのままご臨終したようです。ブログの遺言……)。


Twitter安田尊@Twitterを謳うブログ。
一方で、Twitterも、今年呟いているアカウントこそ確認できましたが……。

  • このアカウントは存在しません……3人
  • このアカウントは今年呟きなし……4人
  • このアカウントは今年呟きあり……2人
  • 毎日のように元気に呟いている……0人

でした(懸賞系のリツイートとかは、「呟きなし」でカウントしています)。

まあ私も、当ブログ用のTwitterアカウントは放置しているので、あまり偉そうなことはいえませんが。

でもブログは、1番継続できているし1番投稿できているので、偉そうなことをいいます。


3周年安田尊@3周年を謳うブログ。
3年は長すぎる!!

継続の重要性と困難さ!3年はわかっていても長い!


石の上にも三年安田尊@「石の上にも三年」を謳うブログ。
石の上にも三年
桃栗三年柿八年安田尊@「桃栗三年柿八年」を謳うブログ。
桃栗三年柿八年
商い三年安田尊@「商い三年」を謳うブログ。
商い三年

自分でいうのもなんですが、私はこういうことわざとかに、平均的な人よりは通じていると思います。

当ブログ『アンサーソング。』は、雑記ブログですが、1テーマとして、


成功哲学安田尊@成功哲学を謳うブログ。
成功哲学

を扱っていることもあり、基本的な成功哲学はだいたい修めているつもりです。

ことわざ、自己啓発、偉人の名言・格言……。

もうね、


継続は力なり安田尊@「継続は力なり」を謳うブログ。
継続は力なり
時は金なり安田尊@「時は金なり」を謳うブログ。
時は金なり
朕は国家なり安田尊@「朕は国家なり」を謳うブログ。
朕は国家なり
習慣は第二の天性なり安田尊@「習慣は第二の天性なり」を謳うブログ。
習慣は第二の天性なり

こんな感じで、なりなり出てきます。

で、この「継続は力なり」を言い換えているのが、

  • 石の上にも三年
  • 桃栗三年柿八年
  • 商い三年

です。


成功哲学安田尊@成功哲学を謳うブログ。
だいたいこういう成功哲学は、まず原理的な成功の仕組み(らしきもの)があり、あとは全部それの言い換えです。

「継続は力なり」が刺さらない人向けに、「石の上にも三年」がある。

「石の上にも三年」が刺さらない人向けに、「商い三年」がある。

「商い三年」が刺さらない人向けに、ほかの成功者とかが継続の大切さを語る、サクセス・ストーリーがある……。

そんな感じ。

で、そこまでわかっている私が、ブログを3年継続して思ったこと、


3周年安田尊@3周年を謳うブログ。
3年は長すぎる!!

これは正直、ヤバいと思います。

平均的な人より、継続の重要性や困難さを承知していると思われる私でさえ、3年はクソ長いと感じる……。


ぼっちパーティ安田尊@ぼっちパーティを謳うブログ。
そりゃ同期、全員挫折するわ(全員が「挫折」したとは限らず、別のより良い趣味を見つけた可能性も、無きにしも非ずとはいえ)。

継続のための時間術!3年より1年と10年で考える!


新しい趣味安田尊@新しい趣味を謳うブログ。
ではどうすれば、「3年」を長く感じずに、新しく始めたことを継続できるのか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
不可能です。

身も蓋もない話をすれば、実際、3年は長い……。

一般的な記憶力(さっき食べたご飯のことを覚えている程度)の持ち主なら、3年を短く感じるのは不可能です。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
ではどうするか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
「3年」をやめる。

  1. 3年より短いスパンで区切りを設ける
  2. 3年より長いスパンで区切りを設ける

この①「短いスパン」と、②「長いスパン」を併用する。

私が自己分析をした結果、①と②の併用をやっています。

具体的には、私はブログをスタートさせたときから、以下のように考えていました。


1周年安田尊@1周年を謳うブログ。
1年間の目標、1記事最低2000文字×100記事

上記は、「1年間」で区切っているため、①「3年より短いスパン」です。

物理的に、1年は3年より短いため、短く感じます(本当に1年は短いですよね……なんでもう3月半ばなのか、意味がわかりません)。

そして、「短い1年」をたった3回繰り返すだけで、いつのまにか「3年」が経過しているって寸法です。

次に、私はこうも考えていました。


10周年安田尊@10周年を謳うブログ。
ブログなら、10年後も現役でやれるよね

ブログは、スポーツやアウトドア系の趣味と比べれば、年齢的な衰えを理由にした引退はかなり先延ばしにされます。

精神的に、10年続ける視点で見れば、3年なんてまだまだひよっこって寸法です(それでも、長く感じるのが「3年」の恐ろしいところですが……しかし結果的に、私は3年継続できているわけで、一定の効果はあったと見なします)。

選手生命の短い分野でも、長く続けることを目標に、ゆるくやればやりようはあると思います。

こうして、


時間術安田尊@時間術を謳うブログ。
継続する期間を、物理的には短く区切り、精神的には長く区切る

まあそもそも、「3年」って数字に、根拠はありませんからね(仮に、膨大な数のサンプルと分析結果があったとしても、自分個人がレアケースであれば意味がありません)。

「1年」とか「10年」にも、根拠はありません。

物理的な「1年」が長いと感じる人は、

  • 1ヶ月
  • 1週間
  • 1日

でも、短く区切ればいい。

精神的な「10年」が短いと感じる人は、

  • 20年
  • 30年
  • 40年

でも、長く区切ればいい。

実際私も、後者についてはわかりやすく「10年」としましたが、本当は「死ぬまで」と思っています(「死ぬまで」が、「10年」より長いか短いかはともかく)。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
死ぬまでできる趣味はなんだろう?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
ブログ。

私がほかの趣味ではなく、ブログを続けているのは、このQ&Aがあるからです。

テキストは、最もコストが低い発信方法です。

何歳からでも始められて、長期間継続してマウントを取りたいなら、ブログはオススメですよ!(なんてったって、たった3年でこんなに偉ぶれるんですからね。すまん、ブログ3年継続できなかった雑魚おる?

まとめ


同期安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、ここまでの要点を3点でまとめます。

  1. 2022年でブログを3年継続したよ!それで思ったんだけど、3年は長すぎる!
  2. 「石の上にも三年」「桃栗三年柿八年」「商い三年」とか、信じちゃダメ!
  3. 目標はもっと短期的に、気持ちはもっと長期的に、3年が過ぎるのを待つ!

以上です。


新しい趣味安田尊@新しい趣味を謳うブログ。
たぶん、だいたいの継続を必要とする物事に応用できるので、参考にできそうな方は参考にしてください。

ちなみに私は、偉そうなことをいっておいてなんですが、全然ちゃんとは継続できていません。

下書き状態で投げている記事が、数十記事はあります。

厳密には、全記事リライト(加筆修正)したいと思っているため、300記事以上が下書きです。


ブログ安田尊@ブログを謳うブログ。
まあでも、ブログは、いつでもあとから修正できるのが強みなので……。
劣化安田尊@劣化を謳うブログ。
それが弱みでもあるんですが……(成長するたびに、相対的に劣化した過去の自分を叩き潰しにいかないといけないので……)。

404エラー安田尊@404エラーを謳うブログ。
私は、ブログを爆破した同期2人の気持ちが、よくわかります。
恥安田尊@恥を謳うブログ。
過去の未熟な自分の記録を恥ずかしく思い、かといって向き合う勇気も修正する根性もなく、なかったことにしたのでしょう……(実際は知らんけど……)。

Question安田尊@Questionを謳うブログ。
まあただ、書いた自分さえ読みにいけないブログ、だれが読むの?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
っていうと、普通に自分以外の人間が読みます。
恥安田尊@恥を謳うブログ。
だって、恥ずかしい記事を「恥ずかしい」と感じられるのは、書いた人間だけなので。

読者は、低レベルだと計算した記事を「恥ずかしい」と評価・表現することはあっても、感情としての「恥ずかしさ」は感じていません。

だから別に、自分さえ気にしなければ、「恥」なんて存在しません。

  • 恥ずかしい絵
  • 恥ずかしい詩
  • 恥ずかしい歌

すべて同じことです。

こうやって、日々襲い来る「恥」を乗り越えるのも、継続の秘訣です。

っていうかごめん、この記事もまだ途中だけど下書きで投げるわ(暴挙)

>answersong.com

answersong.com