ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【自発的隷従論】愚民の定義とは?圧政者の詐術から解説!

自発的隷従論(著:エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ、監修:西谷治、訳:川上浩嗣、出版社:ちくま学芸文庫2013年、原文1546年~1548年)を読みました。


自発的隷従論安田尊@『自発的隷従論』を謳うブログ。
タイトルそのまんまの政治理論書で、言い換えれば「愚民論」とか「衆愚論」とか
肉屋を支持するブタ安田尊@肉屋を支持するブタを謳うブログ。
肉屋を支持するブタ論」となるでしょう

日本では2021年10月末、衆議院選挙があり、引き続き与党となる自公政権が大勝しました。

この選挙結果を受けて、野党支持者の負け犬は、


前川喜平前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)
政治家には言えないから僕が言うが、日本の有権者はかなり愚かだ。

といった炎上ツイートを始め、「愚民」とか「肉屋を支持するブタ」といった負け犬の遠吠えを連呼していました。

私にいわせれば、


無能安田尊@無能を謳うブログ。
多数決ゲームで「多数は愚か」だとわかっているのに、多数派を攻略できていない無能が一番愚か

なんですが、それはともかくとして。

あまりにもみなさん、ふわっと「愚か」とか「愚民」とかいっていますけど、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
「愚民」って、具体的にどういう国民のこと?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
「愚民」を攻略している圧政者のやり方を見れば、自ずと明らかになるよね。

というわけで本記事では、『自発的隷従論』から、

  1. 圧政者の詐術(一)――遊戯
  2. 圧政者の詐術(二)――饗応
  3. 圧政者の詐術(三)――称号
  4. 圧政者の詐術(四)――自己演出
  5. 圧政者の詐術(五)――宗教心の利用

に基づいて、「愚民」を定義します。

では以下目次です。

愚民とは?「パンとサーカス」が政治よりも大事な愚者


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
芝居、賭博、笑劇、見世物、剣闘士、珍獣、賞牌、絵画、その他のこうしたがらくたは、古代の民衆にとって、隷従の囮、自由の代償、圧政のための道具であった。古代の圧政者は、こうした手段、こうした慣行、こうした誘惑を、臣民を軛の下で眠らせるためにもっていた。こうして民衆は阿呆になり、そうした暇つぶしをよきものと認め、目の前を通り過ぎる下らない悦びに興じたのであり、そんなふうにして隷従することに慣れていったのだった。そのありさまは、彩色本の目にも鮮やかな挿絵を見たいばかりに読みかたを習う小さな子たちとくらべて、愚かさの点では同じくらいであったが、罪の点からすればより深刻であった。

さて、『自発的隷従論』より、「圧政者の詐術(一)――遊戯」の一部を抜粋しました。

古来より、「愚民」を嘲る言葉に、


パンとサーカス安田尊@パンとサーカスを謳うブログ。
パンとサーカス

という言葉があります。

愚民にはパンとサーカスを与えておけば、毎日ステーキを食って酒池肉林を愉しんでいる主人の奴隷にしても、文句をいわない。

現代風にいえば、テレビやインターネットやスマホゲームなどで、無駄な時間を過ごして満足した気になっている人たち……、


愚民の娯楽安田尊@愚民の娯楽を謳うブログ。
愚民は、適当な娯楽で時間を奪ってやれば、政治に関心を持つ時間も体力もなくなる。
現実逃避安田尊@現実逃避を謳うブログ。
そうすれば愚民から搾取しても、たとえば自分で恋愛も結婚もできない弱者に蹴落としても、アイドルやアニメやYouTuber(VTuber)さえ見せておけば政治に不満を持たなくなる。

これが圧政者のやり方です。

だから、この圧政者のやり方に騙されているバカこそが、愚民です。

騙されているならまだしも、


自発的隷従者安田尊@自発的隷従者を謳うブログ。
いや、でも他人のゲーム実況動画を見ていられれば、自分はゲーミングPCも買えないしスマホガチャもろくに回せない貧乏人だけど満足だし……

などと、自ら進んで、「隷従」する人たち……こういう人たちのことを、「自発的隷従者」と呼ぶのでしょう。

そして推しのゲーム実況者に恋人が発覚したり、アイドルの結婚発表があったりしてから、自分の空っぽな人生に気づいて絶望する(そうした暇つぶしをよきものと認め、目の前を通り過ぎる下らない悦びに興じたのであり)……。


終わりだよこの人生安田尊@終わりだよこの人生を謳うブログ。
まさに愚民仕草です。

そうして無為に浪費した時間、みんなで政治に経済政策や結婚支援を求めていたら、人生は豊かだったのでは?

またこの章では、こうした耳の痛い言葉には耳を塞ぎ、聞き心地の良い言葉を並べる詐欺師に騙されるバカについても言及されています。


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
実のところ、自分を愛してくれる者には用心深くなり、自分をだます者には素直に従うのが、町においてつねに大多数を占める俗衆どもの性質というものである。

愚民とは?自分が搾取されている現実に気づかない奴隷


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
ローマの圧政者たちは、また別の手を思いついた。民衆十人隊をおりにふれて饗応することで、なによりも口の快楽にたやすく溺れてしまう民どもをうまくだますのだ。彼らのうちでもっとも思慮と知性にすぐれた者ですら、一杯のスープをあきらめて、プラトンの言う共和国の自由を取りもどそうとはしなかったであろう。圧政者が、小麦一袋、ぶどう酒一杯、小銭を少し、気前よく与えるだけで、「王様万歳!」という歓呼の声が聞こえてくるのだ。なんとも情けないことではないか。愚かな者たちは、もとの所有物の一部を取りもどしたにすぎないことに気づかなかったばかりか、その取りもどしたものですら、以前に自分から奪ったのでなければ、圧政者は与えることなどできないのだと思いいたりもしなかった。

次に、『自発的隷従論』より、「圧政者の詐術(二)――饗応」の一部抜粋です。

「パンとサーカス」における、「パン」の部分といってもいいでしょう。

あるいは、「小銭」とあるように、「お金」といってもいい。


特別定額給付金安田尊@特別定額給付金を謳うブログ。
特別定額給付金

といってもいい。

たとえばコロナ禍にあえぐ現代日本では、経済支援策として、「特別定額給付金」10万円が国民のほとんどに支給されました(2020年)。

そして2021年11月現在も、主に非課税世帯や18歳未満を対象に、追加の給付が検討されています。

でも考えてみれば、


国民の税金安田尊@国民の税金を謳うブログ。
その「特別定額給付金」って、元々は「国民が支払った税金」だよね?
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
じゃあ正確には「給付」じゃなくて、「返還」または「還元」であって、国民は「もとの所有物の一部を取りもどしたにすぎない」って気づいてる?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
気づいていないなら愚民です。

ましてや、「特別定額給付金」を与える国や与党に感謝を捧げるのは、愚かの極みです(圧政者が、小麦一袋、ぶどう酒一杯、小銭を少し、気前よく与えるだけで、「王様万歳!」という歓呼の声が聞こえてくるのだ)。

一部の日本人は、こうした隷従状態に対して、なぜか「我慢強い」とか「忍耐強い」とか美徳ぶって自画自賛する向きがありますが、


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
ある日小銭を拾い集め、公衆のための饗宴で腹を満たし、ティベリウスやネロの名とその気前のよさを讃える者が、翌日には、財産を彼ら豪勢な皇帝たちの貪婪さのために、子どもたちをその淫欲のために、そして血すらもその残酷さのために、捧げることを強いられながらも、石のごとくに押し黙り、切り株のごとくにじっとしている――そんなことがくり返されてきた。民衆はいつも、素直に受け取るべきではない快楽に対しては開けっぴろげで放埒でありながら、律儀に耐えるべきではない横暴や苦悩に対しては鈍感であったのだ。

それって我慢強いんじゃなくて、ただ愚鈍なだけだよね。

愚民はいつだって、精神勝利に余念がありません。

愚民とは?肩書きや綺麗事にもれなく媚びる権威主義者


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
彼らローマの皇帝たちはまた、たいていの場合、護民官の称号を熱心に求めた。この官職が神聖かつ高貴なものとみなされていたからであり、またそれが民衆の護衛と保護のために制定されていたからである。ローマの皇帝たちは、このような手段をもってすれば、国家の後ろ楯を得ることになり、民衆がもっと自分のことを信用するであろうと確信していたのだが、それはあたかも、民衆は護民官という官職の実際の恩恵を感じ取らずとも、ただその官職名を聞くだけでありがたがるだろうと言わんばかりであった。

お次は、『自発的隷従論』より、「圧政者の詐術(三)――称号」の一部抜粋です。

一言でまとめれば、


印籠(水戸黄門)安田尊@印籠(水戸黄門)を謳うブログ。
権威主義者は愚民

です。

たとえば現代日本では、

  • 東大卒(学歴)
  • 政治家(職業)
  • インフルエンサー(称号)

といった、愚民が聞けば反射的にひれ伏す「肩書き」がありますよね。

で、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
その東大卒とか政治家とかインフルエンサーとやらが、私たち国民になにをしてくれたの?

もちろん、国民の生活を豊かにしてくれた東大卒や政治家やインフルエンサーはいるでしょう。

が、すべてではありませんよね。

  • 東大卒(無職・引きこもり・生活保護受給者)
  • 政治家(実績ゼロ・公約は嘘・汚職で手一杯)
  • インフルエンサー(迷惑系・炎上系・犯罪者)

なども、ありふれています。

それなのに、


愚民の盲目安田尊@愚民の盲目を謳うブログ。
東大卒や政治家やインフルエンサーと見れば、内容も中身も素性も確かめないで、目を輝かせるのが愚民

です。

また、「称号」とは、個人が冠するものに限りません。

  • SDGs(持続可能な開発目標)
  • LGBT(性的少数者)
  • ポリティカル・コレクトネス(言葉狩り)

といった美辞麗句もまた、「称号」に分類されます。


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
今日でも、いかなる悪を――ときに重大な悪を――なすときにも、かならず公共福祉や公的救済について、なんらかの美辞麗句をあらかじめひねり出しておく連中がいるが、このような者たちも、ローマの皇帝たちと同様、とてもほめられたものではない。

なんでもかんでも、

  • 環境・気候
  • #BLM
  • #KuToo

とか聞こえのいい言葉に酔っていれば、正義になるわけではありません。

それなのに、「称号」を印籠の如く振りかざすのが圧政者であり、圧政者の靴やポリコレ棒やSDGs棒を舐めるのが愚民なのです。

愚民とは?詐欺師の嘘や詐称に騙されている哀れなバカ


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
エジプトの初期の王たちは、姿を現す際にはたいてい、頭の上に猫か木の枝か火を載せて仮装し、道化師のようにふるまった。王たちはこんなふうにして、そうした事物の奇妙さによって、臣民の心になんらかの畏敬と賛嘆の念を呼び起こしていたのである。しかし、私が思うに、それほど愚かではなく、たいして隷従していない人々にとっては、王たちが与えたのは、たんなる暇つぶしと笑いの種だったのではないだろうか。

以上が、『自発的隷従論』より、「圧政者の詐術(四)――自己演出」の一部抜粋です。

そういえば最近、2021年11月、


黒瀬深安田尊@黒瀬深を謳うブログ。
「黒瀬深」という「ネトウヨの皇帝」を自称する政治系インフルエンサー(Twitterフォロワー数、約14万人)が
理想安田尊@理想を謳うブログ。
「東大を現役で合格」「アメリカの大学にいた」と自称していたのに
現実安田尊@現実を謳うブログ。
現実には「桃山学院大学」社会学部卒であることが暴露されました

※桃山学院大学社会学部は、2021年時点での偏差値でいえば42.5~45.0で、東京大学(偏差値67.5~72.5)とは月とすっぽんです(もちろん、ここで私がバカにしているのは「すっぽん」ではなく、「月を自称するすっぽん」です)。

ソース1:黒瀬深(旧:RAIE)氏の過去の経歴がすごいと話題に – Togetter – 2021年11月24日閲覧。
ソース2:「黒瀬深」運営者は20代男性!“ネトウヨの皇帝”は「僕のプロフィールは出さないように懇願します」と電話で繰り返した – Yahoo!ニュース – 2021年11月24日閲覧。
ソース3:桃山学院大学/偏差値・共テ得点率 – パスナビ – 2021年11月24日閲覧。
ソース4:東京大学/偏差値・共テ得点率 – パスナビ – 2021年11月24日閲覧。

ほかにも「黒瀬深」は、

  • 安倍晋太郎(政治家、安倍晋三元首相の父)
  • 三島由紀夫(東大卒、日本文学史上最高レベルの文豪)

などと師弟関係にあったと自称していました。

またあるときは、

  • 「海外在住」
  • 「投資家」
  • 「収入は普通に億越え」

などを自称したりもしていました。


アニメアイコン安田尊@アニメアイコンを謳うブログ。
さらに、二次元のイケメンアイコンを愛用していました。
道化師安田尊@道化師を謳うブログ。
こういう「道化師」に騙されるフォロワーが、愚民です

「称号」に騙されるならまだしも、「称号を自称しているだけのバカ」に騙されるなんて、それはもう愚かを通り越して「哀れ」ですらあります。

だから、ラ・ボエシはいいます。


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
過去の圧政者たちがみずからの統治をゆるぎないものとするために、どれほどさまざまなものを活用したか、どれほど下らないものを用いたかを耳にするにつけ、〔民衆に対して〕哀れの念を禁じえない。彼らは、どんなに下手な仕掛け網にも間違いなく引っかかるこれら俗衆を、つねに自分の意のままにできるものと考えた。この連中はいつもあまりにもたやすくだまされるので、彼らを馬鹿にすればするほど、うまく隷従させることができるという具合であったのだ。

愚民とは?盲人よりも現実が見えていないポンコツ信者


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
古代の民衆が盲目的に信じていたまた別の大げさな作り話については、なんと言うべきであろうか。彼らは、エペイロス人の王ピュロスの〔足の〕親指が奇跡をなし、脾臓の病を治すと、かたく信じていた。彼らは話をさらにふくらませ、遺体がすっかり焼かれたあとでも、この指が火を逃れて、灰のなかから無傷のままで見つかったと語った。(愚かな民衆はこのように、いつもみずから嘘をこしらえては、のちにそれを信じるようになる。)多くの人々がこの話を書き留めているが、彼らがそれを、町のうわさ話や、俗衆のたわいのないおしゃべりから集めてきたことは明らかである。

ラスト、『自発的隷従論』より、「圧政者の詐術(五)――宗教心の利用」の一部抜粋です。


盲目な信者安田尊@盲目な信者を謳うブログ。
盲目な信者は愚民

といっています。

ぶっちゃけ無宗教者や、葬式のときだけ仏教徒になることが多い日本人には、あまりピンとこない内容かもしれません。

が、日本の政治団体でも、

  • 公明党……支持母体は宗教法人「創価学会」
  • 幸福実現党……支持母体は宗教法人「幸福の科学」

など、宗教を背景にした政党が有力な勢力を誇っていますよね(公明党にいたっては、自民党との連立与党です)。

そしてやはり、

  • 創価学会の名誉会長、池田大作氏
  • 幸福の科学の創始者、大川隆法氏

両氏については、よくわからないエピソードが流布されています。

たとえば池田大作氏については、「池田大作本仏論」という、池田大作氏こそが本仏(生き仏、如来、日蓮聖人の生まれ変わりなど)とする論があります。

また大川隆法氏にも、「大川隆法本尊論」と呼ぶべき、大川隆法氏こそが本尊(釈迦、孔子、イエス・キリストなどより上位の仏)とする持論があります。

公明党の書記長・委員長を務めた矢野絢也は、池田大作本仏論の説明として、「(学会内部で)当時会長だった池田大作は日蓮聖人の再誕で、本仏に等しい指導者という思想だ」としている[2]。さらに矢野によると、1975年前後に一部の学会首脳によって「池田大作本仏論」なる考え方が囁かれるようになったが、その頃は池田はあくまでも信者(学会)の中の最高指導者であり、そのような個人崇拝を真面目にとらえる組織ではなかった[2]。しかし、創価学会が日蓮正宗に破門された1991年以後に宗門に置き換わるべき本尊が必要になり、(名誉会長の)池田こそ生き仏だという思想が学会内で市民権を得て一気に浮上したとしている[2]。矢野は、その原因を、創価学会における池田大作の独裁、私物化と「天下を取る」という野望から始まっていると思えてならない、としている[8]。

ソース:池田大作本仏論 – Wikipedia – 2021年11月24日閲覧。

幸福の科学において「エル・カンターレ」は、「うるわしき光の国、地球」もしくは「地球の光」という意味を持つとされる言葉で地球神を表し、また、幸福の科学の本尊である[1][2][3]。また、幸福の科学の教義では、エル・カンターレの本体部分が地上に下生したのが、大川隆法とされていることから、幸福の科学総裁の大川隆法のことも示す[4]。幸福の科学の信者は、エル・カンターレを体現した「現成の仏陀(悟りたる者)」であるとして大川隆法を信仰している。 祈りの言葉では「主エル・カンターレ」という呼称が用いられる[5]。

ソース:エル・カンターレ – Wikipedia – 2021年11月24日閲覧。

自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
ウェスパシアヌスは、帝国を奪うためにアッシリアからローマにもどる途中、アレクサンドリアを通ったが、そこで数々の奇跡を起こした。足なえの者をまっすぐに立たせ、盲人の目を見えるようにし、ほかにもたいそう多くのすばらしいことを行ったという。だが、そこにあるまやかしを見つけられなかった者は、ウェスパシアヌスが治したという盲人たちよりも、もっと目が見えていなかったと私は思う。

まとめ:手っ取り早く愚民を脱出する方法!古典を読む


まとめ安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、ここまでの要点を5点でまとめます。

  1. 愚民とは、自分の実生活に関わる政治よりも、遊びや娯楽で時間を無駄にする怠け者
  2. 愚民とは、自分の財布に手を突っ込んでいる税金泥棒に媚び、飼い慣らされた貧乏人
  3. 愚民とは、自分に実益をもたらさないお偉いさんや、美辞麗句に酔わされる酔っ払い
  4. 愚民とは、自称皇帝といった荒唐無稽な詐欺師にすら、ころっと騙される哀れなバカ
  5. 愚民とは、自分たちの嘘を自分たちで盲信する、盲人よりも現実が見えていない信者

以上です。

これが『自発的隷従論』から読み解く、「愚民」の定義です。

最後に月並みですが、手っ取り早く愚民にならない方法を述べて終わります。


古典安田尊@古典を謳うブログ。
古典を読むこと

です。

じつは私は2021年10月の選挙前(つまり本書『自発的隷従論』を読む前)、「親ガチャ」にかこつけて本書と似たような趣旨の記事を書いていました。


親ガチャ論安田尊@親ガチャ論を謳うブログ。
たとえばチャンネル登録者数1000万人を突破したYouTuber、HIKAKIN氏を支えている人たちは、格差拡大を支持している愚民だよね

みたいな記事でした。

関連記事

親ガチャという言葉の意味や善し悪しについては前回述べましたが、 安田尊@親ガチャを謳うブログ。 「親ガチャ」という言葉の本質は、個人の努力では覆せない格差社会の指摘でした。 安田尊@Questionを謳うブログ。 でも強[…]

【親ガチャ論】格差社会の支持者は「ハズレ」の弱者たち!

自分でいうのもなんですが、まるでこの記事、私が『自発的隷従論』の一部をパクって現代風に低俗にリメイクしたような内容です。

もちろん私はリメイクなどしていませんが(そもそも読書嫌いで無知な私は「自発的隷従論」という言葉さえ知りませんでしたが)、そう疑われても仕方がないと思ってドキドキしました。


自発的隷従論安田尊@『自発的隷従論』を謳うブログ。
おそらく私は、『自発的隷従論』を読んだ人たちや、影響を受けた人たちからさらに影響を受けていたのでしょう。

なんてったって、『自発的隷従論』は、約500年前から読み継がれている古典です。

古典の影響力は広範囲に及んでいるため、古典を読まなくても、このようにしていずれは古典の内容に触れることになります。

だから別に、漫画やアニメやネットにうつつを抜かしていたって、(学ぶ気さえあれば)賢くなれます。


古典安田尊@古典を謳うブログ。
でも手っ取り早く賢くなりたいんだったら、古典を直接読み込んだほうが早いよね

『自発的隷従論』自体、

  • 古代ローマ
  • 古代エジプト
  • 古代ギリシア
  • 古代ペルシア
  • 古代アッシリア

といった、古典から学んだと考えられる時代を参照しています。


自発的隷従論安田尊@『自発的隷従論』を謳うブログ。
そして著者であるラ・ボエシは、16歳~18歳の頃に約500年読み継がれる『自発的隷従論』を書き上げています(しかも、GoogleもWikipediaもインターネット自体ない時代に!!)
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
ラ・ボエシより圧倒的に有利な現代の環境で、16歳~18歳の頃に漫画やSNSやスマホゲームに呆けていたみなさん、絶望しませんか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
私は成人したいまでも呆けているので、もはや絶望する知性もなかったおかげで助かりました。

この差異は、明らかに、古典を読み込んできたか読み込んでいないかの差でしょう。

では、ラ・ボエシにはもう追いつけないとして、

  1. これから古典を読み込む自分
  2. これからも古典を読まない自分

さて、どちらが「愚民」でしょうか?

もちろん「論語読みの論語知らず」という言葉もあるとおり、古典を読み込んでいるだけのバカもいますが、それはそれ。


自発的隷従論『自発的隷従論』のイメージ
トルコの大王は、書物や学識というものが、ほかのいかなるものにもまして、人間に、自己を知り圧政を憎む能力と理解力を与えることを熟知している。だから彼は、自分の領土に識者をほとんど置かず、そんな連中を求めたりもしないのだ

以上、ラ・ボエシ『自発的隷従論』より、「圧政者の詐術」から定義する「愚民」の解説でした!

>answersong.com

answersong.com