ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【教育】最強の知育アイテムは?子供に腕時計を巻くべき理由!

腕時計で我が子を束縛して、「自由」など存在しないことをわからせよう!


最近の記事安田尊@最近の記事を謳うブログ。

~これまでのあらすじ~
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
まず、そもそも機械式腕時計って、オモチャでは?

さて、オモチャといえば子ども、子どもといえば保育に教育に知育ですよね。

時間を制する者は、人生を制します。


腕時計安田尊@腕時計を謳うブログ。
可愛い子どもには、幼少期から腕時計を巻かせて、時間のコントロールを教えてあげましょう。

なぜなら、人生は毎日の積み重ね……毎日は毎時間の積み重ね……毎時間は毎分の積み重ね……毎分は毎秒の積み重ね……ですよね。

まあ、いろいろと反論や反対意見があるのはわかります。


首輪安田尊@首輪を謳うブログ。
首輪みたい……
自由安田尊@自由を謳うブログ。
子どものうちは、自由に遊ばせるべきでは……
社会人安田尊@社会人を謳うブログ。
どうせ大人になれば、束縛されるんだから……

時間安田尊@時間を謳うブログ。
でも時間は、人間の事情なんて考慮してくれません。

腕時計を巻こうが、巻くまいが。

子どもだろうが、大人だろうが。

時間は、私たちが生まれたときから私たちを束縛しているし、いまも1秒1秒容赦なくカウントしています。


残酷安田尊@残酷を謳うブログ。
そのことを早くに教えてあげないのは、残酷ではありませんか。

ちなみに私は、時間の大切さを親から教えてもらえなかったので、なにしてくれとんじゃボケと思っています。

それでは、みなさんご存知でしょうが、子どものうちに時間のコントロールを学べなかった大人がクズ扱いされる現実から見ていきましょう。

子供の時間教育に失敗すると?ダメな大人になる例!


ダメな大人安田尊@ダメな大人を謳うブログ。
まずは、時間のコントロールを学ばずに育った、ダメな大人の実例です。

ソース:「時間指定しとるなら家におれや」 Amazon不在票にブチギレ書き込み…いったい何が?投稿者に聞く経緯 – Yahoo!ニュース – 2022年4月26日閲覧。

上記ニュースを、TwitterやYahoo!ニュースのコメント欄も含めてまとめると、


~4月6日~

ダメな大人安田尊@ダメな大人を謳うブログ。
よーし、Amazonでビジネスシューズを購入! お急ぎ便で明日配達だ~!

~4月8日~
ダメな大人安田尊@ダメな大人を謳うブログ。
すまん、配達のこと忘れてて家にいなかったわ! 明日再配達よろしく!

~4月9日~
ダメな大人安田尊@ダメな大人を謳うブログ。
すまん、配達のこと忘れてて家にいなかったわ! 時間指定するから4月12日19時~22時に再配達よろしく!

~4月12日~
ダメな大人安田尊@ダメな大人を謳うブログ。
今日は職場のメンバーで飲み会だ~!!(22時過ぎ帰宅)
不在票不在票のイメージ
☑ご不在のため持ち帰りました
その他「時間指定しとるなら家におれや」
ダメな大人ダメな大人のイメージ
Amazon宅配員さんよ
これはひどくないかい?(Twitterで不在票の画像を拡散希望)

ネット社会安田尊@ネット社会を謳うブログ。
ひどいのはてめえだろ、なに被害者ぶってんだ社会のクズが

みたいな事件でした(2022年4月)。

さて、件のAmazon配達員さんのメッセージが、あまりよろしくないのは事実です。


ダメな大人ダメな大人のイメージ
配達員の気持ちも分かるが、表現を変えるべきだったのでは

正論安田尊@正論を謳うブログ。
↑これは正論ですよね。
ネット社会安田尊@ネット社会を謳うブログ。
いや、どっちもどっち論に持っていこうとしても無駄だぞ、先に他人の時間を奪うクズ野郎を潰せば問題は起きないんだからな~!!

こうして潰し合いが発生し、あまりよろしくないAmazonの配達員さんは、しかし社会から守られる感じになりました。

一方で、時間を守らなかったダメな大人は、社会から守ってもらえませんでした。

このことから得られる教訓は、


防具安田尊@防具を謳うブログ。
時間を守る」ということは、「自分の身を守る」ということ

  • 学校や、会社の始業時間に遅刻する人間
  • 仕事の納期や、給与支給を滞納する会社
  • 夏休み明け、宿題が終わってない子ども

いずれにしても、「時間を守らない人間」は、「社会の敵」と見なされます。

宿題の締め切りを守らなかった子どもは、学校や先生から攻撃されますよね。

したがって、


社会安田尊@社会を謳うブログ。
我が子を社会から守るには、真っ先に「時間を守る」ことを教えなければならないのです

子供はペットじゃない?腕時計と首輪の違いを解説!


首輪安田尊@首輪を謳うブログ。
でも、子どもはペットじゃないんだから、首輪みたいに腕時計を巻かせて教育するなんて……ねえ?
人間安田尊@人間を謳うブログ。
犬や猫に、「時間」がわかるでしょうか

いうまでもなく、私たちは人間です。

人間だからこそ、犬や猫よりは、「時間」を管理する能力に長けています。

つまり、


教育安田尊@教育を謳うブログ。
時間のコントロールを教えるということは、相手を人間扱いするということです。

犬や猫に、時計の読み方なんて教えませんよね。

魚や鳥に、1分が何秒かなんて教育も施しません。

この点で、


腕時計安田尊@腕時計を謳うブログ。
腕時計(人間の道具)は、
首輪安田尊@首輪を謳うブログ。
首輪(ペットの道具)とは、まったく違います。

むしろ、我が子に腕時計を巻かせるということは、「時間の管理を任せられる」という人間的な信頼の証です。

このスマホ全盛の時代にあって、それでもビジネスパーソンが、こぞって腕時計を巻いているのも、


人間アピール安田尊@人間アピールを謳うブログ。
時間の管理はお任せください!!

と、人間アピールをしているからです。

そして私たちが、よくわからない革や金属の輪っかをはめている人間より、腕時計を巻いている人間に知性を感じるのも、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
この人間には、時間の管理を任せられるっぽいな……

と、人間として信頼できると評価しているからです。

まあ現実には、腕時計を巻いているのに、遅刻をしたり納期を守らなかったりする社会人もいますが……。

社会人なら、遅刻しないのは当たり前、約束の時間を守るのは当たり前……なんていっても、


ダメな大人安田尊@ダメな大人を謳うブログ。
現実には、遅刻をする社会人もいれば、約束の時間を守らない社会人も大勢います。

彼らは、時間のコントロールが未熟なまま、社会に放り出された被害者です。

おそらく、社会人になるまで、


ダメな社会人安田尊@ダメな社会人を謳うブログ。
うわぁああ、これまで時間の確認はスマホで十分だと思っていたけど、とりあえず社会人っぽいアイテムとして買ってみた腕時計で時間の管理をしたほうが全然よさそうだ……だって手首を見るだけで時間がわかるんだもん、スマホはポケットから取り出す動作が地味に面倒だし、タイムロスしてるってことを社会人になるまで知らなかった……しかも、スマホの充電が切れていても時間が確認できる機能、やばすぎる……!! なんでこんなに便利なライフハックを、いままでだれも教えてくれなかったの……!?!?!?!?

みたいな感じで、親に腕時計の便利さを教えてもらえなかったから、時間の管理が甘いのでしょう。

ちなみに、スマホがない時代に生まれ育って腕時計も巻いているのに、時間にルーズな人たちの生態については謎に包まれています(勘で生きている……?)


ダメな大人安田尊@ダメな大人を謳うブログ。
我が子を、そんなダメダメな社会人にしないためにも、
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
子どものうちから、腕時計の便利さを叩き込むべきではありませんか?

子供は自由に育ってほしい?そもそも人間は不自由!


自由安田尊@自由を謳うブログ。
でも、子どものうちは、子どもの自由にさせてあげたいんだけど?
ご案内安田尊@ご案内を謳うブログ。
それでは、全国のママたちの声をお聞きください。

ママ安田尊@ママを謳うブログ。
早く起きて、ご飯食べて、お着替えして!
ママ安田尊@ママを謳うブログ。
ゲームは1日1時間まで!
ママ安田尊@ママを謳うブログ。
門限破ったらご飯抜き!

不自由安田尊@不自由を謳うブログ。
人間は不自由

そして時間は、私たちが生まれたときから、私たちを常に束縛しています。

私たちが時間を無視しても、時間のほうは常に私たちを監視しています。

時間は、私たちを待ってはくれません。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
そのことを、さっさと教えてあげないのは、残酷ではありませんか?

「教える」とは、上っ面の知識ではなく、「心に刻む」「肝に銘じさせる」レベルの話です。

時間は大切、時は金なり、そんな言葉はだれでもいつかどこかで聞くでしょう。

でも実際に、その教訓を人生に活かせる人間は、あまりにも少ない。


遅すぎたんだ安田尊@「遅すぎたんだ」を謳うブログ。
知るのが遅すぎるんです。

大人になってから、サッカーを教わっても、少年サッカーの経験者みたいにはボールと友達になれません。

大人になってから、ピアノ教室に通っても、幼少期から習い事をしていた演者みたいには演奏できません。

大人になってから、対戦ゲームを始めても、青春をゲームに捧げたプレイヤーたちにボコボコにされます。


社会人安田尊@社会人を謳うブログ。
どうせ大人になれば、束縛されるんだから……
ルール安田尊@ルールを謳うブログ。
だからこそ、なるべく早めに、「束縛」のルールを教える必要があります。

大人になれば、子どもの頃には見えにくかったルールが、牙を剥いてくるからです。

大人になってから突然、そのルールを知らされても、大抵の人間は対応できません。

そして、子どもの頃からそのルールに慣れている人間に、初心者狩りされるのです。


エリート安田尊@エリートを謳うブログ。
おまえらがアホ面下げて遊んでいた「時間」、俺らは勉強に努力に研鑽を積み重ねてきたんだよ、学歴に収入に地位に差がついて当たり前だろ?
あるある安田尊@あるあるを謳うブログ。
みたいな初狩りエリートのセリフは、お馴染みですよね。

まとめ:子供が欲しがるのは?キャラクター腕時計!


まとめ安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、ここまでの要点を3点でまとめます。

  1. 人間は、時間の管理教育に失敗したまま育つと、社会に迷惑をかけてぶっ叩かれる
  2. 人間は、時間を扱う能力で犬猫と区別されるんだし、腕時計とペットの首輪も違う
  3. 人間は、時間の使い方で人生が決まるんだし、子どもに時間術を教えないのは残酷

以上です。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
ふ~ん、で、じゃあ具体的には子どもが生まれてから何時間何分何秒後にどうやって腕時計を買い与えればいいわけ?
購入時期安田尊@購入時期を謳うブログ。
遅くとも、生後52560時間までには買い与えたいですね。

まあ、その子どもの特徴次第、ご家庭の教育方針次第です(ちなみに、52560時間は約6年です)。

たとえば、子どもをオモチャ売り場に連れて行くなり、Amazonの商品ページを見せるなりして、


キャラクターグッズ安田尊@キャラクターグッズを謳うブログ。
その子どもが好きなキャラクターグッズ系の腕時計を見せる

みたいな手法を使えば、その子どもが腕時計や時間に興味を持っているかどうか?

自ら罠にハマってくれる腕時計を巻いてくれるかどうか? などがわかります。

大人が、ロレックスやカルティエの腕時計なら、自ら喜んで巻くのと同じです。


オモチャ安田尊@オモチャを謳うブログ。
腕時計はオモチャだと思って、子どもに楽しく「時間教育」を施してあげましょう!

以上、最強の知育アイテムが腕時計である理由でした!

answersong.com" width="1280" height="904" >

answersong.com