ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【幸福】何気ない毎日や日常が幸せって本当?

嘘。

なにげないとは?

「なにげない」の意味は、「頭空っぽ」だ。
「なにげない毎日」は、「頭空っぽで無意識レベルで考えなしに送っている生活」だ。

なにに対しても気がない、幸福になろうという気さえない。

なのに、幸福を目的に掲げず、幸福について考えずに生きているような人間が、幸福になれるだろうか?

「なにげない一言」でだれかを不幸にすることはあっても、「なにげない毎日」が自らを幸福にすることなどあるだろうか?

なにも考えずに生きてきて、「なにげない日常」のなかで、ふと気づいたら、幸せだった、なんてことがあるだろうか?

あるわけないだろ

偽りの幸福

もちろん、なにげない毎日や日常を積極的に望み、願いを実現させている人間は幸福だろう。
願望とは幸福の裏返しだ。
人は不幸なとき、その不幸を解決するもの=幸福を願う。
だから願いが叶うことは幸福だ。
ただし、「なにげない毎日」を希望して実現させたんだとしたら、その「なにげない」は虚偽申告であって、じつはなにげなくないというだけだ。
幸福な日々を望み、願い、叶えようと働いた時点で、なにげなくはない。

言い換えれば、この記事で「嘘」だと断じているのは、「気づいた」系の幸福だ。


よくある言い回し
なにげない毎日、ふとした日常の時間に、幸せだと気づく……

幸せを諦めて下方修正しただけ。


よくある言い回し
失ってから気づく、幸せな日々……

不幸になってから普通を振り返ってるだけ。


よくある言い回し
空綺麗……

カウンセラー呼べ。

これらは幸福と普通と不幸が上中下なら中か下でしかない。

自分の人生において上中下から上が消えて(いることに気がついて)、中と下しかないから中が幸せだって自分に言い聞かせて、そこに至ってもまだ「なにげない」毎日を過ごしていると、中すら維持できずに下に落ちて、下に落ちてもまだ手を打たないなら、一番下からなにげなく、空を見上げるはめになる。

そりゃそうだ。
なにも見下ろせないなら、見上げるしかないんだから。

それで空の美しさに気づいて、


幸せ?
ああ、幸せだ……

でも待って。

空なんていつでも空にあったんだから、美しいものを探そうと考えていたら、もっと早くに気づけていたんだよ。

日常だってそうだ。
代わり映えのない毎日を幸福だと考えるなら、もっと早くに気づけてただろ。

何日目だよ、その日常。

初日に気づけ

遅きに失するってことは、不幸だ。いうまでもなく、もう気づいてると思うけど。

日常か非日常か


遊園地
ジェットコースターが一直線だったら幸せか?
お祭り
打ち上げ花火が花開かなかったら幸せか?
アリとキリギリス
音楽がAメロでループしていたら幸せか?

たしかに人生はジェットコースターじゃないし、レールは敷かれていない。
けどあっという間に過ぎる。

たしかに人生は花火じゃないし、爆発とかしない。
けどリア充は爆発を願われる。

たしかに人生は音楽じゃないし、ハートビートに展開とかあったら困る。
けどドキドキしなくていいのか?

あっという間に過ぎる人生を、せめて他人の嫉妬を爆発させて、胸を躍らせて楽しみたくはないのか?

まあ、楽しみたくないという意見もあるだろう。
だれもが人生をジェットコースターや花火や音楽のように楽しむ必要はない。

それが「諦め」でなければ、幸せの形は人それぞれだ。

「なにげない」信者であれば、なにげない日常のほうを選択するのもわかる。
「なにげない日常」はあっても、「なにげない非日常」はないからだ。

しかし、なにもしなければ、人生は音楽のように盛り上がりもしなければ、花火のように打ち上がりもしなければ、ジェットコースターのように平坦でもない。

ただ下り坂だ

気づいたときには健康が損なわれ、知能が衰え、感性が鈍っている。

老化はすべての人に訪れることであり、不快であり、不幸なことだ。

その不幸をより多く穴埋めしてくれるのは、日常か非日常か?


宇宙旅行
日常派が狭い青空なんかで満足した気になっているのを尻目に、非日常派は広い宇宙から青い地球を見下ろしている。

幸か不幸のライン

とはいえ、ZOZOの前澤社長や、AmazonのベゾスCEOじゃあるまいし、だれもが宇宙なんて望めるわけじゃない。
まあ比喩だが、宇宙の比喩は、


よくある言い回し
アフリカとかの恵まれない子どもたちに比べれば幸せ

このだれも納得しない比較の逆バージョンだともいえる。

なぜ納得しないのかといえば、前澤社長も恵まれない子どもたちも、赤の他人だからだ。

自分とは無関係で、関連性がないからだ。

幸せについて考えるとき、もちろん主人公は自分なんだから、自分の身の丈が正義だ。


よくある言い回し
○○を知らないなんて、人生損してる

そんな他人の感じている損得だとか、幸とか不幸はどうでもいい。

あくまで自分だ。

自分が幸せだと考え、信じることを実践できる日々は、平々凡々でも幸せだろう。

ただ、本当に考えたのか?

自分の幸せについて考えるってことは、自分とは比較せざるをえない。

もっと自分が、楽しみながら、願いを叶え、客観的にいっても、健康体で理知的で、後ろ指を指されるようなことが極力ない、幸せな人生はなかったのか?

日常にかまけ、「アリとキリギリス」でいうところの、アリかキリギリスみたいな人生を送っていないか?

あの虫たちの日常が、どちらも不幸に見えるのは、なぜだと思う?

【寓話】アリとキリギリスはどっちが幸せなのか?

THIS IS THE ANSWER.

>answersong.com

answersong.com