ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【家事】私が食器洗い機を買わない理由!不幸になるから!

食器洗い機(食洗機)を買うと不幸になる人間は、お風呂に入っているときに幸せを感じる人間です


皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
なぜなら、皿洗いには、入浴と同じリラックス効果があるからです。
入浴安田尊@入浴を謳うブログ。
皿洗いと入浴には、共通点が多すぎます。
水安田尊@水を謳うブログ。
一言でいえば、「水」です。

  1. 皿洗いも入浴も、水が自分の身体に触れ続ける
  2. 皿洗いも入浴も、水の流れる音が聞こえ続ける
  3. 皿洗いも入浴も、水で汚れたものを綺麗に洗う

お風呂大好き人間であれば、この「水」こそが、癒やしの正体であることに異論はないでしょう。

つまり③「汚れたもの」とは、もちろん身体と食器と、


心の疲れ安田尊@心の疲れを謳うブログ。
心の疲れ
頭の雑念安田尊@頭の雑念を謳うブログ。
頭の雑念

なども含みます。

そして考えてみれば、日常生活でこんなにも「水」の恩恵を受けられる機会は、入浴と皿洗い以外にありません。

だから私は、ルンバや冷凍食品などはガンガン使って家事に使う時間を極力削りながらも、


食洗機安田尊@食洗機を謳うブログ。
食器洗い機だけは、絶対に買わない

んです。

「リラックス効果が失われる」程度ではちょっと表現がヌルくて、


不幸安田尊@不幸を謳うブログ。
食器洗い機を買うと、不健康・怠け者・バカになる(自分比)

とさえ、思っています。

というわけで本記事では、食器洗い機を買うと不幸になる理由を3つ述べます。

では以下目次です。

目次

1


不幸安田尊@不幸を謳うブログ。
食器洗い機を買うと不幸になる理由その①「バカになるから
人間安田尊@人間を謳うブログ。
まず前提として、人間は、同じ人間でも頭の良いときと悪いときがあります(病めるときも健やかなるときもあるように)。
善悪安田尊@善悪を謳うブログ。
頭の良い人間がずっと頭の良い人間なら、なぜ人間の知的営みの頂点たる有名大学教授らが、くだらないセクハラや性犯罪で人生を台無しにしているのでしょうか?

Question安田尊@Questionを謳うブログ。
はっきりいって、バカでは?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
バカです。

もう少しレベル(年齢)を下げれば、受験競争の覇者である東大生や京大生だって、くだらない痴漢や下着泥棒で人生を棒に振っている例は枚挙に暇がありません。

つまり、加齢が原因でもありません。


両面性安田尊@両面性を謳うブログ。
人間は、老若男女問わず、ときに知的エリートでときにバカです。

私もバカだし、あなたもバカです。

外では知的生命体ぶってサルや動物を見下しているけれど、ひとり家にいるときはアホ面晒して、サルみたいに自分で自分の乳首とかをいじって発情しているのが人間です(いや、サルが自分で自分の乳首をいじるのかどうかは知りませんが)。

ということは、人間の「頭が良い」とか「頭が悪い」とかって、


頭が良い安田尊@頭が良いを謳うブログ。
頭が良い⇒頭の良い時間が多い人生
頭が悪い安田尊@頭が悪いを謳うブログ。
頭が悪い⇒頭の悪い時間が多い人生

と、言い換えることができます。

そして両者を比べれば、「頭の良い時間が多い」ほうが、私たちは幸せを感じるはずです。

私もあなたも、サルや動物とは違う、知的エリートですからね。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
さあそこで、皿洗いがもたらす効果はなんでしたか?
皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
頭の雑念を、綺麗に洗い流す。

クリア安田尊@クリアを謳うブログ。
そう、皿洗いは、頭をクリアにしてくれます。

水の感触や、水の音に包まれて、無心で手を動かしているとき……一種の瞑想状態に入っている感覚が味わえます。

実際、私が、自分ってマジに頭いいな……と思えるのは、


お風呂安田尊@お風呂を謳うブログ。
お風呂の時間
皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
皿洗いの時間

だけです(ちょっと悲しい告白)。

私は基本的に(そして根本的に)アホでバカなので、いつもいつも、自分の生きる意味や自殺する理由しない理由つまり意味のないことを考えてはその無意味さに苦しんでいます。

でも、このふたつのひととき(ふたつのひととき……日本語大丈夫か?)だけは、


健康的安田尊@健康的を謳うブログ。
もしかして私、こんなに頭が良い人間に生まれてきたのに、自殺するのはもったいないんじゃないか……?

と、考えることができます。

皿洗いに命を救われています。

まあでも、いま(この記事を執筆している現在)は皿洗い中でも入浴中でもないので、別に命なんか救われなくてもいいんだけど……と思っているんですが。


皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
ちょっとお皿を洗ってこようかな。

と、お皿を洗いにいくことができるのも、私が食器洗い機を買っていないからです。

それなのに、


食洗機安田尊@食洗機を謳うブログ。
私が食器洗い機なんか買ったら、頭の良い時間が半分なくなるんだけど……
頭が悪い安田尊@頭が悪いを謳うブログ。
「頭の悪い時間」が増えても、みんなは平気なの??

2


怠け者安田尊@怠け者を謳うブログ。
食器洗う機を買うと不幸になる理由その②「怠け者になるから
皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
さて、お皿を洗ってきた私は、その前にご飯を食べてきました。
汚れ安田尊@汚れを謳うブログ。
そもそも食器が汚れる理由は、ご飯を食べるときに、料理の残りかすや油や唾液が付着するからです。

つまり、食器洗いは、食事とともにあります。

当たり前のことを述べて申し訳ないんですが、もうひとつ当たり前のことを述べます。


眠気安田尊@眠気を謳うブログ。
ご飯を食べると、眠くなる。

食事内容や体質で個人差はありますが、基本的にはご飯を食べると、私たちは眠気や倦怠感に襲われます。

理由は複数挙げられますが、たとえば以下の3つ。

  1. 脳の栄養素不足……血糖値の急上昇後、インスリンの分泌が増え、急降下する
  2. 覚醒物質の減少……食後、オレキシンの分泌が減るため、覚醒レベルが下がる
  3. 副交感神経優位……消化官の動きが促進され、身体がリラックスモードに入る

特に①は、医学的には「血糖値スパイク」と呼ばれますが、俗世においては、


ドカ食い気絶部安田尊@ドカ食い気絶部を謳うブログ。
ドカ食い気絶部(白米やラーメンやハンバーガーなど、糖質の高い食事をドカドカと一気に食べて、気絶するように眠る活動)

といえば、聞いたことがある方も多いでしょう。

もちろん、ドカ食い気絶部は、めちゃくちゃ健康に悪いです。

だから入部はオススメしませんし、知らず知らずのうちに入部されていた方は、退部をオススメします。

しかし、退部をオススメするといっても、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
ご飯を食べると、眠気や倦怠感に襲われるのは事実……なら、どうやって耐えればいいの?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
皿洗いをする。

皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
そう、皿洗いは、立ち仕事ですよね。

つまり皿洗いは、横になれません。

しかも皿洗いは、必要な活動です。

そして皿洗いは、水に触れ続ける。


湯船安田尊@湯船を謳うブログ。
湯船のように、動きのない水ならともかく、
シャワー安田尊@シャワーを謳うブログ。
シャワーや蛇口から流れ続けるような水に触れるとき、人間は緊張モードに入ります。
冷水安田尊@冷水を謳うブログ。
さらに、温水ではなく、冷水なら効果は抜群です。

たとえば映画の拷問シーンなどで、眠っている相手やうとうとしている相手に、水をぶっかけるシーン。

あるいは、拷問相手の顔に、水滴を垂らし続けて眠らせないシーン。

「動きのある水」は、眠気を飛ばします。

といっても、毎回シャワーを浴びたり、拷問に遭ったりするわけにもいきませんよね(あと、まな板で洗濯をするのもちょっとキツいです)。


流れる水安田尊@流れる水を謳うブログ。
そこで、皿洗いの水です。

同じ効果は手や顔を水で洗っても得られますが、手洗いや洗顔は必要な行動ではありませんし、一瞬で終わるため効果もそれなりです。

一方で皿洗いは、必要な家事で、比較的長時間大量の水に触れ続けることを余儀なくされます。

だから、


皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
食後の皿洗いを習慣にしてしまえば、眠気を飛ばせる。

こうして皿洗いは、私たちをドカ食い気絶部から退部させてくれます。

そして意識を覚醒させたあとは、有意義に時間を使えばいい。

それなのに、


食洗機安田尊@食洗機を謳うブログ。
食器洗い機を買ってしまったら、
頭が悪い安田尊@頭が悪いを謳うブログ。
食後の眠気や倦怠感に勝てずに、横になって眠ってしまったり、ぼーっとスマホやテレビを見る頭の悪い時間が増えるのではありませんか?

3


老子安田尊@上善如水を謳うブログ。
食器洗う機を買うと不幸になる理由その③「水なしでは生きられないから

水安田尊@水と生きるを謳うブログ。
水と生きる
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
という、サントリーの有名なキャッチコピーがありますが、共感を覚えませんか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
覚えます。

結局のところ、私たちは水なしでは生きられないからです。

  • 水を飲むのが好き
  • 水で遊ぶのが好き
  • 水の形も音も好き

「水の形」というと、ちょっと難解かもしれないので、少し補足しましょう。

古代中国の思想家、老子はいいました。


老子老子のイメージ
上善如水(上善は水の如し

水は、丸いコップに入れれば、丸く収まってくれます。

水は、四角いコップに入れれば、四角く収まってくれます。

水は、排水溝に流そうとすれば、排水溝に流れていってくれます。


老子安田尊@老子を謳うブログ。
このように、「水の形」は器の形や流れに従うので争いが起きない、これこそが最良の形である。

また、「水の音」も同じです。

水は、自慢話をしません。

水は、愚痴もこぼしません。

水は、だれの悪口もいいません。


老子老子のイメージ
だから私たちは、「水の音」に癒やされる、これこそが最良の音である。

したがって、

  • 水を飲むのが好き
  • 水で遊ぶのが好き
  • 水の形も音も好き

それなのに、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
水に触れるのは嫌い……?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
好きですよね。

皿洗い安田尊@皿洗いを謳うブログ。
それなら、どうして日常生活のなかで、入浴の次ぐらいに水に触れられる皿洗いを削ろうとするのか?

私は、現代人の不幸はここにあると考えます。

皿洗いより幸福になれる時間なんてそうそうないのに、皿洗いの時間を削って別の時間に充てるほうが、幸福になれると勘違いしている。

その勘違いが、不幸の始まりです。


お風呂の時間安田尊@お風呂の時間を謳うブログ。
お風呂の時間を削ると、不幸になるよ……という言説はわりとありふれているのに、
皿洗いの時間安田尊@皿洗いの時間を謳うブログ。
皿洗いの時間を削ると、不幸になるよ……という言説を見かけないのは不思議です。

answersong.com" width="1280" height="904" >

answersong.com