ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【三大欲求】どれが一番強い?食欲と性欲と睡眠欲の順位!

永眠したい


安田えいみ安田尊@安田えいみを謳うブログ。
こんにちは、安田えいみに改名したい安田尊です。
三大欲求安田尊@三大欲求
を謳うブログ。
人間の三大欲求といえば、「食欲」「性欲」「睡眠欲」だといわれていますよね。

Question安田尊@Questionを謳うブログ。
で、どれが一番強いの?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
睡眠欲

  1. 睡眠欲
  2. 食欲
  3. 性欲

以上が三大欲求ランキングです。

というわけで本記事では、睡眠欲が最強であり、性欲が雑魚になる理由を解説します。


安田えいみ安田尊@寝起きを謳うブログ。
ちなみに、私はついさっきまで睡魔に襲われていたので、この記事は絶対に下書きのまま投稿して投稿ノルマを終えたらもう1回寝ます(来年完成させます)。

では以下目次です。

性欲は最下位


性欲安田尊@性欲を謳うブログ。
三大欲求ランキング第3位は、「性欲」です
第3位安田尊@第3位を謳うブログ。
なぜ「性欲」如きが、「三大欲求」ともてはやされて、「睡眠欲」と「食欲」に肩を並べているのか謎すぎます。

性欲は、人生のなかで、限定的な期間しか湧いてきません。

つまり、幼児はまだ性欲に支配されていないし、老人になれば性欲は枯れます。

一方で、食欲と性欲は、赤ちゃんと老人にも健在です。

赤ちゃんは、ママのおっぱいを求めて泣きじゃくり、あらゆる不満が解消されたあとは眠りに就きます。

老人も、お正月になればお餅を求めて事故りまくり、あらゆる正月イベントを済ませたあとは初夢を求めて眠りに就きます。

でも赤ちゃんの不満に性的欲求不満は含まれないし、老人の正月イベントにセックスは含まれないでしょう。

もちろん例外はいます、幼児でもませガキはいるし、老人でも色ボケジジイはいるでしょう。

しかし、少数のレアケースを持ち出すなら、世の中には、


無性愛安田尊@無性愛を謳うブログ。
無性愛者(アセクシャル)

と呼ばれる、まったく性的欲求を持たない人たちもいます。

これってどういうことかというと、人間は、性欲がなくても生きていけることを意味しています。

人間は、生まれてから死ぬまで、一切の性行為を行わなくても普通に成長して生きていけますよね。

しかし、成人まで生きた人間で、生まれてから死ぬまで、

  • 無食者
  • 無睡眠者

みたいな人間のことは、聞いたことがありません。

以上の対比をもって考えれば、「性欲」は明らかに、「睡眠欲」や「食欲」に劣ります。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
「三大欲求」には、「性欲」と「排泄欲」を入れ替える説もありますが、「排泄欲」のほうがよっぽど手強いのでは?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
「排泄」を欲とするかは議論の余地がありますが(「排泄」や「呼吸」には量や質と快楽の関連性が薄いため、欲望との関連性も薄い)、少なくとも「性欲」よりはマシでしょう(なぜなら赤子から老人まで、排泄を必要とするからです)。

食欲は普通


食欲安田尊@食欲を謳うブログ。
三大欲求ランキング第2位は、「食欲」です
第2位安田尊@第2位を謳うブログ。
↑もうこのイラストをご覧いただければ明白ですが、食べすぎれば苦しいですよね。

そもそも、なぜ人間が欲求を満たそうとするのかといえば、それが快楽だからです。

  • 美味しいものを、好きなだけ食べられるのは、気持ちいい。
  • 好きな人と、好きなだけセックスできるのは、気持ちいい。
  • 2度寝も3度寝も、好きなだけ寝られるのは、気持ちいい。

言い換えれば、すべて「快楽欲求」です。

それなのに、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
食べすぎれば苦しい……?
矛盾安田尊@矛盾を謳うブログ。
食欲を満たそうとすればするほど、逆に苦しくなるって、快楽欲求として矛盾していないか?
嘔吐安田尊@嘔吐を謳うブログ。
しかも過食は、吐き気や嘔吐だけではなく、肥満や肥満に関連する各種病気にも繋がります。

せっかく食事をして快楽をプラスしても、デブだと蔑まれて病気に苦しんでいては、トータルでマイナスでしょう。

だから私たちは、たとえ美味しいものを好きなだけ食べられる環境でも、食事内容をコントロールします。

ちょっと外を出歩いてみても、肥満体型の人間は少数派です。

現代は飽食の時代といわれ、特に日本では、年間で500万トン以上もの食料が廃棄されています。

なぜ食べないのか? 食べようと思えば、いくらでも食べられる時代なのに。
食べすぎれば苦しくなるから。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
なぜ食べないのか? 食べようと思えば、いくらでも食べられる時代なのに。
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
食べすぎれば苦しくなるから。

この答えは、私たちの理性が、食欲を打ち負かしていることを意味します(もちろん、暴飲暴食を繰り返してブクブク太っている人間の存在は否定しませんが)。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
たかが人間の理性如きに打ち負かされるなら、食欲は、欲求の頂点にはふさわしくないのではありませんか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
ふさわしくありません。

睡眠欲最強!


睡眠欲安田尊@Answerを謳うブログ。
三大欲求ランキング第1位は、「睡眠欲」です
第1位安田尊@第1位を謳うブログ。
私は永眠したい

  • 食欲
  • 性欲

上記の欲求は、そもそも生存に不要だったり、理性にねじ伏せられたりする雑魚欲求でした。

しかし、睡眠欲だけは違います。

まず、成長や生存に必要不可欠。

次に、理性でねじ伏せることも不可能。

なぜなら人間は、一定時間、睡眠を摂らないと、

  • 気絶して、強制的に睡眠モードに入る
  • または死亡して、永遠に睡眠モードに入る

からです。

どれだけ強靱な意志を持った人間でも、この睡眠(または永眠)を拒否することはできません。

たとえば、食欲を拒否し続けた場合も、気絶や永眠へと至ります。

自殺を実行した勇気ある人間も、自殺を拒否し続けた勇気ある人間も、結局は永眠へと至ります。

「死」が救いだといわれる理由は、あらゆる苦しみから解放されると考えられるからです。

それが本当かどうかは、私は死んだことがないのでわかりません。

が、「睡眠」が、ある程度の苦しみからは解放してくれることは知っています。

眠っている間は、なにも不安や恐怖や痛みを感じなくてもいい。

眠っている間は、なにも考えず行動せず、夢でも見ていればいい。

まさに睡眠とは夢の世界で、あらゆる義務や仕事や意識からも解放されて、自分が生きているか死んでいるかもわからない。

つまり、こういうこともできます。

睡眠は、擬似的な死。

そして私たちは、自分が擬似的に死ぬことを、悪く思っていません。

悪く思っていたら、眠気を感じるたびに怖くて怖くて、夜も眠れないはずです。

でも実際は、普通に寝ます。

そして就寝して起床するたびに思います。

もうず~~~~~~~~~~っと眠っていたいし、ごろごろしていたいし、なにもしたくない!!

つまり、私たちは死にたいと思っている。

実際、死にます。

そろそろ寝ないと……って感じで、そろそろ死なないと……って、遅くとも100年後ぐらいには死ぬでしょう。

人生は夜更かしみたいなものです。

でも必ず寝るときがやってきて、私たちは眠ることからは逃れられない。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
私たちを絶対に確実に捕まえて離さない欲求は、「睡眠」ではありませんか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
「睡眠」です。

>answersong.com

answersong.com