ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【不幸中の幸い?】飲み物を差し入れられたホームレスは幸せか?

ホームレスには厳しい寒さが照りつける11月、私はウイスキー(大麦)が身体を冷やしてブランデー(葡萄)が身体を温めることを知っている。


ブランデー安田尊@ブランデーを謳うブログ。
じゃあホームレスにブランデーあげよっかな?(家に新品が何本も余っているから)
炊き出し安田尊@炊き出しを謳うブログ。
炊き出しとかって(体温を上昇させる作用のあるものでも)お酒とか出ないでしょ?

と思ったけど、どうなんだろう……私がホームレスだとして、いきなり見知らぬ他人からブランデーを手渡されて、はいどうもありがとうって飲めるか?

飲めるとして、はたして、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
ホームレスに施しを与えるのは良いことなのだろうか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
う~ん……最悪、死ぬよね

路上生活は寝袋で寝るより椅子に座るほうが楽?


ホームレス安田尊@ホームレスを謳うブログ。
じつは私がいう「ホームレス」は、不特定多数の集団に属するだれかではなくて、特定の人間を指している。
寝袋安田尊@寝袋を謳うブログ。
そのホームレスは、私がたまに通りかかる道の反対側(特定防止のためにすごいざっくりとした表現でいくけど、小さな公園の近く)に寝泊まりしているっぽい。
自転車安田尊@自転車を謳うブログ。
だから私は道の反対側から、ホームレスの自転車とキャンプ用の椅子と寝袋が占領している猫の額ほどの一角を遠巻きに眺める。
キャンプチェア安田尊@キャンプチェアを謳うブログ。
キャンプ用の椅子にひとり腰掛けているホームレスは、中年~初老ぐらいの男性だった。

私が見る限り、そのホームレスがいるときは、いつも椅子に腰掛けている。

そして、起きているのか眠っているのか生きているのか死んでいるのかわからないぐらい、微動だにしない。

最初、私が自転車とキャンプ用の椅子と寝袋を発見したときにも、ホームレスは椅子と一体化していた(擬態といってもいい)。

だから私は、まったく動かない物体を人間だと認識することに失敗していて、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
ホームレス……?

と、ホームレスの姿を視界に収めながら、ホームレスが住み着いているのかどうかを考えていた。

考えながら10秒ぐらい凝視したあと、ホームレスが座っていることに気づいた。

それから数ヶ月経ったいまも、ホームレスはそこに座っている。

いまでも、注意して見ないと、ホームレスの座っている姿がよく見えない。


キャンプチェア安田尊@キャンプチェアを謳うブログ。
遠くからでも、椅子はよく見えるのに……。

もはや、椅子がホームレスの一部なのか、ホームレスが椅子の一部なのかがよくわからない。

存在が希薄。

それでも、人間が存在している以上は生きているんだし、生きていくためには温もり……というか、具体的には体温や体熱や熱エネルギーが必要だ。

それで思ったんだけど、


京の底冷え安田尊@「京の底冷え」を謳うブログ。
冬、越せるの?(ちなみにここは京都だから、冬はクソ寒いよ)

ホームレスが住む世界は悪意と殺意に満ちている


ブランデー安田尊@ブランデーを謳うブログ。
だから私は、ホームレスにブランデーをあげよっかなって思いついたんだけど、
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
いきなり見知らぬ他人からもらったブランデー、飲める?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
う~ん……。

まず、お酒自体が飲めない(体質的にアルコールを受け付けない)とかそういう可能性は一旦置いておいて……。

いくら新品といっても、正確には未開封品でしかないし、客観的には未開封かどうかも怪しい。


電動ドリル安田尊@電動ドリルを謳うブログ。
たとえばキャップが未開封でも、ボトルの底に穴を開けて中身を入れ替えたあと、穴を塞ぐことはできる。

ホームレスへのイタズラにそこまでする人間がいるのかといえば、普通にいると思う。

たとえば公共では、


排除アート安田尊@排除アートを謳うブログ。
排除アート

と呼ばれる、ホームレスを排除するための攻撃的なデザインがあふれているし(たとえばホームレスが寝そべらないように、床やベンチに寝転がり防止の突起や仕切りをデザインしたりする。京都風にいえば、「いけず石」)。

また去年2020年には、岐阜県岐阜市の少年たちと、東京都渋谷区の職業不詳男性が、


ホームレス狩り安田尊@ホームレス狩りを謳うブログ。
ホームレスを見下す意識などもあり、遊びとして被害者らへの投石をするようになった
ゴミ掃除安田尊@ゴミ掃除を謳うブログ。
邪魔だった。痛い思いをさせればいなくなると思った

という動機で、それぞれホームレスの男性と女性を襲撃して殺害している

さらに今年2021年の東京都でも、


トー横キッズ安田尊@トー横キッズを謳うブログ。
「トー横キッズ」と呼ばれる新宿歌舞伎町界隈の少年たちが、ホームレスの男性を殺害

している(ただし、11月28日に報じられたばかりで、本記事執筆時点では詳細不明)。

また今年は、メンタリストのDaiGo氏が、


メンタリストDaiGoメンタリストDaiGo氏のイメージ
人間の命と猫の命は人間の命の方が重いなんて僕全く思ってないからね。自分にとって必要もない命は僕軽いんで。僕にとって軽いんで。そうそうそう、だからべつにホームレスの命はどうでもいい
メンタリストDaiGoメンタリストDaiGo氏のイメージ
てか、どちらかっていうと、みんな思わない? どちらかっていうといない方がよくない? ホームレスって。言っちゃ悪いけど。本当に言っちゃ悪いこと言いますけど、いない方が良くない?
メンタリストDaiGoメンタリストDaiGo氏のイメージ
いない方がだってさ、みんな確かに命は大事って思ってるよ。人権もあるから。いちおう形上大事にするよ。でもいない方がよくない? うん。正直。邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ。ねえ。治安悪くなるしさ、いない方がいいじゃん。猫はでもかわいいじゃん? うん。って思うけどね、僕はね。
メンタリストDaiGoメンタリストDaiGo氏のイメージ
うん。もともと人間はね。自分たちの群れにそぐわない社会にそぐわない、群れ全体の利益にそぐなわい人間を処刑して生きてきてるんですよ。犯罪者を殺すのと同じですよ。犯罪者が社会の中にいると問題だし、みんなに害があるでしょ? だから殺すんですよ。はい。同じですよ

と述べて、大炎上したことも記憶に新しい。

ソース1:<都市で増える「排除アート>前編 ホームレスの居場所は? – 中日新聞Web – 2021年11月29日閲覧。
ソース2:少年が「遊び」で奪った命の重さ ホームレス襲撃公判へ – 朝日新聞デジタル – 2021年11月29日閲覧。
ソース3:なぜ彼女が… ホームレスの死が問いかけるもの 東京・渋谷のバス停で事件 – NHK事件記者取材note – 2021年11月29日閲覧。
ソース4:歌舞伎町ビル殺人事件 「トー横キッズ」とトラブルか? 40代被害者は“平和テロリスト集団”のホームレス – Yahoo!ニュース – 2021年11月29日閲覧。
ソース5:メンタリストDaiGo「ホームレスの命はどうでもいい」と差別発言。炎上後も「辛口だから」と言い訳 – Yahoo!ニュース – 2021年11月29日閲覧。

人間社会が、こうした「ホームレス排除」を連発しているなら、


おしっこ入りのブランデー安田尊@おしっこ入りのブランデーを謳うブログ。
おしっこ入りのブランデー

程度の、悪意ある差し入れは容易に想像できる。

ホームレスを攻撃しているのが少年(ちなみに過去、神奈川県横浜市でも少年たちがホームレスを殺害している)や男性ばかりなのを鑑みるに、


精子入りのブランデー安田尊@精子入りのブランデーを謳うブログ。
精子入りでもおかしくはない

ソース:横浜浮浪者襲撃殺人事件 – Wikipedia – 2021年11月29日閲覧。

そして、おしっこや精子ぐらいならまだ生温いぐらいで、人体に有毒かつ致死量レベルのなにかが混入されている可能性も否めない。

っていうか、


種も仕掛けもないブランデー安田尊@種も仕掛けもないブランデーを謳うブログ。
種も仕掛けもないブランデーだって、全部イッキ飲みすれば致死量レベルのアルコールが入っている。
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
ブランデー、ダメっぽいね……と私は思った。

直接お金をあげればホームレスの救済になるか?


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
じゃあもう近くの自動販売機でホットドリンクを買った直後に細工をする時間的余裕のないスピードでホームレスに渡せばよくないか?
自動販売機安田尊@自動販売機を謳うブログ。
幸い、ドリンクの自販機はホームレスの目と鼻の先にあった。

というか、正しくは近くに自販機があったから⇒自販機を利用するアイデアを思いついた。

ホームレスと自販機の距離は、「ピッ」「ガシャンッ」って音が聞こえるぐらい。

これなら、ホームレスは自販機のほうを向いていないけど、自販機からの購入が証明できる……。

けど、私が本当に最悪な性格をしていたら、実際に自販機から購入はするけど、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
自販機から出てきたドリンクと、持参したイタズラドリンクをすり替えるよね……?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
うん(即答)

私はもうめんどくさくなった。

てか近くに自販機があるなら、


寄付金安田尊@寄付金を謳うブログ。
直接、100円玉とか50円玉を渡せばよくないか?

最悪、その100円玉とかが偽造通貨でも、ただ使えないだけで警報機能とか通報機能とかはないだろうし。

そうだ、直接お金を渡せばいいんじゃん。

それでホームレスが自分で自販機からドリンクを購入すれば、安全で温かい飲み物が手に入るはずだ(自販機の補充係が最悪じゃない限り)。


ブランデー安田尊@ブランデーを謳うブログ。
しかし、これで問題は解決したけど、最初はブランデーだったことを考えると釈然としない結論だ。

現物を差し入れるのと、現金を差し入れるのとでは、大きな隔たりを感じる。

現物には気持ちが込められるけど、現金には気持ちが込められない。

だからたとえば、


プレゼント安田尊@プレゼントを謳うブログ。
友人や恋人や家族間でプレゼントを贈るときに、現金を送ったりはしない。
現金安田尊@現金を謳うブログ。
一方で、キャバ嬢や風俗嬢やホストは、客の気持ちなんかどうでもいいから現金を寄越せと思っている(のに、勘違い客は現物をプレゼントしてうっとうしがられる)。

ホームレス安田尊@ホームレスを謳うブログ。
さて、ホームレスが望むのはどちらだろう?
硬貨安田尊@硬貨を謳うブログ。
もしかして、冷たい硬貨を渡したら、余計に凍えてしまうんじゃないだろうか。
自動販売機安田尊@自動販売機を謳うブログ。
やはり自販機からの直送が無難だろうか……?

だいたい、いくらサバイバル中のホームレスだからって、自販機で購入したドリンクと持参したイタズラドリンクのすり替えを疑うレベルで用心深い人間なんてそうそういないだろう。

それなら、私さえそのすり替えをやらなければ、なにも問題はないのだ。

が、自販機で購入したドリンクと持参したイタズラドリンクのすり替えを疑うレベルで用心深い私はこうも思う。


メンタリズム安田尊@メンタリズムを謳うブログ。
メンタリズム……?

「不幸中の幸い」が生むのはより深い絶望である


ホームレス安田尊@ホームレスを謳うブログ。
ホームレスが自動販売機の近くに陣取っていたら……私みたいに、自販機を利用して支援してあげようと考える人間は当然いる(メンタリズム)。
自動販売機安田尊@自動販売機を謳うブログ。
ホームレスが、そうした打算的思惑で自販機のそばに陣取っていたら?
Question安田尊@Questionを謳うブログ。
ホームレスが真に求めているのは、ドリンクという物質的利益か、支援者という精神的温もりか?

なんだか、すごく哀れに思えてきた(勝手な想像で申し訳ないけど、しかし「李下に冠を正さず」ともいう)。


水商売安田尊@水商売を謳うブログ。
もしも自分の喉を潤すために、人を操って貢がせようとしているなら、水商売じみた哀れさがあるし。
人の優しさ安田尊@人の優しさを謳うブログ。
もしも人の優しさに触れたくて、ドリンクを奢ってくれる友人を待ちわびているなら、孤独に慣れていない哀れさがある。

私にとって前者は論外なので、後者についてだけ考える。

つまり、


救済安田尊@救済を謳うブログ。
私がドリンクを奢ったとき、ホームレスが救いを見出してしまったらどうしよう。

この世には優しい人もちゃんといる、人間捨てたもんじゃない、世界は美しい……とか、そんなことを思ってしまったらどうしよう。

残念ながら、世界は美しい部分と残酷な部分があって、ホームレスが直面する現実の大半は残酷だ(人間捨てたもんじゃない? あなたが捨てられているのに?)。


生殺し安田尊@生殺しを謳うブログ。
それなのに、下手に希望を与えるのは、生殺し。

「不幸中の幸い」は、「幸」と「不幸」の比較を生み、「幸」のスパイスが「不幸」を強調する

もしかしたら、すでに私以前に、だれかがそういう「幸い」あるいは「災い」を与えたのかもしれない。

だからいつまでも、自販機を守株っているのかもしれない。


守株安田尊@守株を謳うブログ。
守株(しゅしゅ)……むかしむかし、宋という国の農民が畑仕事をしていると、ウサギが走ってきて木の切り株に激突して死にました。勝手にウサギが死んで食料になってくれるなら、仕事をしなくても食べていけるじゃないか! そう思った農民は、仕事をやめて毎日切り株を見守ることにしました。けれども、ウサギが切り株に激突することは、もう2度とありませんでした……(『韓非子』より)

マジでこれと似たようなことが起きているんじゃないか……。

起きていなかったとしても、むしろそっちのほうが問題で、私がこの1匹目の「ウサギ」になる可能性がある。

そしてホームレスは、隣の自販機でだれかが、


自動販売機安田尊@自動販売機を謳うブログ。
「ピッ」「ガシャンッ」

と音を立てるたびに、期待するようになる。

でも世界の大半は、自分のために、


自動販売機安田尊@自動販売機を謳うブログ。
「ピッ」「ガシャンッ」

をやるんであって、そのたびにホームレスは期待を裏切られる。

私に奢られるドリンク1杯で得られる幸福と、そのあと裏切られるたびに感じる不幸とでは、どちらの総量が上だろうか?

私だったら、いま胸のうちにある幸せがまもなく空き缶になる僥倖だと勘づいたら、せめてその幸福な気持ちが残っているうちに死んでしまうかもしれない。

answersong.com" width="1280" height="904" >

answersong.com