ANSWER SONG アンサーソング。 | 答えを謳うブログ。

【50代男性】友達ゼロから友達を作る方法!まだ間に合うよ!

そもそも友達とは作ろうとしてできるものではないからだ、という独身研究家のコメントをYahoo!ニュースで見かけて、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
いや、友達は作ろうとしてできるものだけど……

と私は思いました。

ソース:2人にひとり「友だちがいない」50代男性の衝撃。“一人のほうが楽”に危険な落とし穴 – Yahoo!ニュース – 2022年2月18日閲覧。

上記Yahoo!ニュースにおける、強制的にトップ表示される公式コメンテーターのコメントです。

Yahoo!ニュースのコメントは、記事ごと消える可能性が高いため、一応全文引用しておきます。


荒川和久荒川和久氏のイメージ
「友達がいない人間は孤独である→孤独は健康に悪い」のような偏った考え方の流布自体が、私は孤独に苦しむ人間を増やす元凶だと考えています。
「定年退職したから友達がいなくなった」と嘆く人の大部分は、「元からあなたには友達なんていなかった」人です。そんな人が無理に定年後友達を作ろうとしても難しい。そもそも友達とは作ろうとしてできるものではないからだ。
そうした「友達がいれば安心」という幻想に取りつかれた人は、最終的に多くの人に囲まれていても孤独を感じる。他者にイライラし怒ってばかりになる。そうなる前に、一人でいる時間の価値に向き合うべき。一人でいられない人こそが本当の孤独な人間なのです。ちなみに「孤独が苦痛」と感じる割合は女より男の方が多い。孤独耐性がないのは男の方なのです。孤独をないものにしてみないようにするのではなく、むしろ孤独に慣れるべきだと思います。

全体的に論理の飛躍・欠如・ソースなしが目立つコメントですが、本記事で扱うのは特に、「そもそも友達とは作ろうとしてできるものではないからだ」の部分です。

私もそもそも論は大好きですが、「そもそも論」とは物事の根本を明かすときに用いる論理であって、


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
そもそも、友だちが作ろうとしてできるものではないなら、世の中のあらゆる「友だち作り」は失敗していることになるけど本当にそう?(てか前段階で、「難しい」⇒不可能ではないって答え書いてあるけど、なんでいきなり「そもそも」「できるものではない」になったの?)

って感じです。

ちなみに私には、子ども時代から成人後まで普通に成功体験がありますし、別にレアケースでもなんでもないでしょう(たとえば日本では、幼少期に「ともだちひゃくにん できるかな」とか歌わされるのが慣例ですが、そうして友だち作りを刷り込まれた子どもたちは大半が失敗したのでしょうか?)。

というわけで本記事では、上記ソースに倣って50代男性をターゲットに、


初心忘るべからず安田尊@「初心忘るべからず」を謳うブログ。
50代友だちゼロの男性が友だちを作る方法(なお、純粋な子ども相手ではないため、長い年月で凝り固まった思考をほぐす部分が多め)

を解説します。

では以下目次です。

50代で友達0という現実を受け入れよう!


初心忘るべからず安田尊@「初心忘るべからず」を謳うブログ。
50代友だちゼロの男性が友だちを作る方法その①「自分の考えや経験は無価値だと自覚する

まず50代で友だちがいない人間は、50年必死に(あるいは好き勝手に)生きてきた結果、「友だちゼロ」という数字が出ています。

つまり、こと友だち作りにおいては、その50年間の積み重ねとか経験とかは無価値(というかマイナス)です。

やりたいようにやってきた結果、友だちがいないなら、


Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
やりたいようにやってはいけない

が、答えです。

半世紀も生きていれば、自分なりの成功哲学やプライドもあるでしょうが、それらは友だち作りにはなんら貢献しなかったという事実を認めなければ始まりません。

何歳だろうが、何年生きていようが、


一年生になったら安田尊@『一年生になったら』を謳うブログ。
ともだちひゃくにん できるかな

と、素直に歌っている小学1年生の気持ちで友達作りに挑まなければ、面倒くさい頑固ジジイ扱いされて終わります。

老害と友だちになりたい人間は、いませんよね。

初心を忘れず、謙虚に何事からも(小学1年生の歌からでも)学ぶ人間のほうが、友だち作りが簡単なのは自明です。

小学生に比べれば、だいぶ(50年ぐらい)出遅れていますが、幸いにも現代は人生100年時代です。

50代なら、まだ間に合います。


名言安田尊@名言?を謳うブログ。
なにかを始めるのに遅すぎることなんかない

という、もはや起源もよくわからない陳腐化している名言があって、しかもこれは普通に嘘なんですが(現実には、年齢制限のある資格や職業や子作りなどがある)……。

友だち作りにおいては、年齢制限はありません。

したがって、まずは友だち作り1年生の気持ちから作りましょう。


友達作り一年生安田尊@友達作り一年生を謳うブログ。
これが友だち作りの第一歩です。

仕事関係で友達ができたら苦労はしない!


初心忘るべからず安田尊@「初心忘るべからず」を謳うブログ。
50代友だちゼロの男性が友だちを作る方法その②「仕事の話は忘れる

さて、友だち作りをサボってきた人間がなににかまけていたのかといえば、「仕事」であるケースが多いようです(本記事冒頭のソースによる)。

そこで、仕事の話を友だち作りに活かそう……と考えるのは、大間違いです。


人脈安田尊@人脈を謳うブログ。
仕事の話で友だちが作れるなら、ここ何十年間の仕事で得てきた人脈で、友だちが何人もできていなければおかしい。

  • 同期
  • 同僚
  • 同業
  • 先輩
  • 後輩
  • 上司
  • 部下
  • 顧客
  • 取引先

こんなにも、出会いの機会があったはずです。

でも現実には、仕事で知り合った人間は、相手や自分が離職すればそれでおしまいの関係です(あるいは、「先輩」「後輩」「元上司」とかで関係が継続する場合もありますが、結局のところ「友だち」ではありません)。


孤独安田尊@孤独を謳うブログ。
少なくとも、50代で友だちゼロの人間は、会社や業界では友だちが作れなかったわけです。

Question安田尊@Questionを謳うブログ。
会社や業界ですら友だちが作れなかったのに、会社や業界の外で仕事の話をして、友だちが作れますか?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
作れません。

仕事人間が仕事上で得てきた情報や役職や肩書きなどは、仕事の外に一歩出れば急激に価値も興味も失われて、だれも相手にしません。

もしも仕事の話に食いついてくる人間がいれば、これまで同様、金目当てや仕事目当てでしょう(金持ちがよく引き連れている取り巻き)。


人脈安田尊@人脈を謳うブログ。
仕事の話で繋がる人間は、「仕事仲間」とか「人脈」とか「コネ」であって、「友だち」ではありません。
孤独安田尊@仕事を謳うブログ。
会社で繋がっていた人間関係が、「同僚」や「部下」ではあっても、「友だち」ではなかったように。

同じ過ちを繰り返すのは愚の骨頂です。

友だち作りの場においては、仕事上の経歴や肩書きは忘れましょう。

もちろん、相手から訊かれれば思いだすしかありませんが、答えるだけにとどめて封印する。

そこで、仕事の面接や名刺交換よろしく、


仕事安田尊@仕事を謳うブログ。
自分にはこんな経験があって、こんな技術があって……なになに、困っているなら力を貸しましょうか

なんて話になったら終わりです。

相手からは、友だちではなく、便利なお役立ち人間(なら良いほうで、悪ければ上から目線のうっとうしいマウント人間)としか思われないでしょう。


友情安田尊@友情を謳うブログ。
ただし私は、仕事で得たスキルを一切友だちに役立てるな、といっているのではありません。

  1. 友だちになってから、自分が仕事で得たスキルを活かして友だちを手伝う
  2. 仕事の話をしてから、自分が仕事で得たスキルを活かして相手を手伝う

上記①「友だちになってから」と、②「仕事の話をしてから」では、全然話が違うといっています。

友だちのために、なにかをしてあげるのは大いに結構です。

でも、


利害関係者安田尊@利害関係者を謳うブログ。
なにかをしてあげる代わりに友だちになってくれ

金の切れ目が縁の切れ目安田尊@「金の切れ目が縁の切れ目」を謳うブログ。
というのは、友だちではありませんよね(たとえば、不良に「俺たち友だちだろ?」といわれて金をたかられている金持ちの息子は、本当に不良の友だちでしょうか?「金の切れ目が縁の切れ目」なら、仕事の切れ目だって縁の切れ目でしょう)。

古い考えは捨てて新しい出会いを求めよ!


初心忘るべからず安田尊@「初心忘るべからず」を謳うブログ。
50代友だちゼロの男性が友だちを作る方法その③「新しい出会いの場を求める

  1. 「自分の考えや経験は無価値だと自覚する」
  2. 「仕事の話は封印する」

結局のところ、上記①と②を一言でまとめれば、


NEW安田尊@NEWを謳うブログ。
あなたの古いやり方では友だちは作れない

と、いっています(現実に作れていない)。

そして本項目も、同じです。


NEW安田尊@NEWを謳うブログ。
過去の自分を否定して、新しいことを始めよ(古いやり方を続けていても、友だちは作れないから)

と、いいます。

ではなぜ同じことを3項目もかけて繰り返しているのかといえば、最初から、


NEW安田尊@NEWを謳うブログ。
新しい出会いの場を求めよ

といって素直に応じる人間だったら、50年も生きていて、友だちがゼロということはないからです。

だって50年も生きていれば、こんな当たり前すぎるアドバイス、何十回と見聞きしていますよね。

それなのに、友だちがいないということは、過去の自分ではなくアドバイスのほうを否定してきたはずです。


孤独安田尊@孤独を謳うブログ。
「友だちを作る方法」を否定していれば、友だちが作れないのもあたり前田のクラッカー!

したがって、友だちを作りたければ、否定するべきは「これまでの自分」です。

友だちが作れていない自分を変えなければ、友だちの数も変わりません。


NEW安田尊@NEWを謳うブログ。
新しい出会いの場を求めよ

という解説も補足も不要のシンプルかつ最強の真理に対して、真っ先に「でも」とか「だって」とか考え出して、やらない理由を作る人間は友だちが作れません。

そうやって50年余り、自分の考えで生きてきた結果、友だちがいない現実を思いだしてください。


NEW安田尊@NEWを謳うブログ。
新しい出会いの場を求めよ

  • スナックやバーなど、出会いの場所系のお店
  • 読書会やボドゲ会など、定期開催のイベント
  • スポーツや芸術分野など、趣味系のサークル
  • イベントや公共福祉など、ボランティア活動
  • ソシャゲやMMOやVRなど、オンラインゲーム

コロナ禍でも、ZoomやDiscordといったビデオ(音声)通話アプリを使えば、雑談から勉強会まで幅広くコミュニケーションが取れます。

ソーシャル機能付きのゲームやアプリでも、安心安全にギルドメンバーやサークルメンバーと友だちになれます(ゲーム上でも友だちは作れるし、オフラインで会うオフ会が活発なコミュニティもあります)。

話し相手が欲しいだけなら、YouTubeやTwitchでストリーマー(ライブ配信者)になって、視聴者や配信者仲間と雑談を楽しんでもいいでしょう。


典型的な友達ゼロ人間安田尊@典型的な友達ゼロ人間を謳うブログ。
でも、サークルとかイベントとかいわれても、やりたい趣味もゲームもないし……MMOとかDiscordとかよくわからないし……

みたいな思考が、本当に無価値だってことは、本記事の項目①「自分の考えや経験は無価値だと自覚する」で述べたとおりです。

やりたいことがなくてもやり、出かけたい場所がなくても出かけ、わからないことは調べて覚える……そうやって、遊びや出会いや知識を増やさなければ、友だちは増えません。


Question安田尊@Questionを謳うブログ。
学生が友だちを作りやすい理由は?
Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
やりたくない勉強をやり、通いたくない学校に通い、わかり合える人間を増やしているからです

まとめ:新しい趣味やボランティアの例!


まとめ安田尊@まとめを謳うブログ。
それではおさらいも兼ねて、ここまでの要点を3点でまとめます。

  1. 50代で友だちゼロの人間は、友だち作りにおいては年の功もクソもない
  2. 50代で友だちゼロの人間は、仕事や金儲けから卒業しなければならない
  3. 50代で友だちゼロの人間は、圧倒的に勉強や遊びや行動が足りていない

以上です。


ボランティア安田尊@ボランティアを謳うブログ。
ちなみに私は、今年(2022年)に入ってから、新しいボランティア活動に参加しています。

友だち作りが目的ではない(別のことを考えたい)ので、打ち上げとかに誘われても全部断っているし、友だちは作っていません。

でも街中で会ったら適当に話せる程度の顔馴染みは増えたし、友だち作りが目的なら、友だちの1人や2人は作れたと思います(実際、ボランティアをしていれば、ボランティア繋がりで友だちになっているっぽい人は見かけますよね)。

あと、今年の出来事でいえば、


喫煙所安田尊@喫煙所を謳うブログ。
私が某駅の喫煙所で待ち合わせ相手(喫煙者)を待っていたら、隣でタバコを吸っている知らない人に話しかけられて、タバコを1本差しだされたこともありました。

私はタバコを吸わないので丁重にお断りしましたが、もしタバコをもらって一緒に一服して、友だちになろうと思えばなれたかもしれません。

また、


登山安田尊@登山を謳うブログ。
私にはお気に入りの穴場登山スポットがあって、今年もその山に登って、今年もすれ違っている人がいます。

ほとんど登山者がいない山なので、年に数回すれ違う程度でも、お互いに顔を覚えてしまった関係です。

いまのところ、その人とは山で会ったら挨拶をする程度の仲ですが、友だちになろうと思えばなれる感じはします(会ったのは1月で、相手から「今年もよろしくお願いいたします」と挨拶されました。あ、やっぱり今年も何回かすれ違うんだ……と笑いながら私も「こちらこそ」と応えました)。

それから、


バー安田尊@バーを謳うブログ。
私はウイスキーやカクテルが好きで、バーで飲んでいると、本当にいろいろな人が(たとえば、お酒は飲めないけどバーの雰囲気や会話が好きという客は普通にいるし、「お酒が飲めないからバーには入らない」なんて発想がいかに人生の幅を狭めているのか)……

って話し出すとキリがないので、リアルの話はやめます。

最後にネット上、直近でいえば、


ゲーム友達安田尊@ゲーム友達を謳うブログ。
私は、ゲームアプリ『ウマ娘』のサークルで知り合った子と、ゲーム外でゲーム以外の話題で話したりもしています。

ただし、『ウマ娘』はソーシャル機能が貧弱なので、オススメしません。

オンラインゲームなら、

  • 『FINAL FANTASY XIV/FF14』
  • 『LOST ARK』
  • 『VRChat』

など、ゲーム付きチャットみたいな感じが望ましいです。


オフラインゲーム安田尊@オフラインゲームを謳うブログ。
またオフラインゲームでも、RTA(リアルタイムアタック、ゲームの最速クリアを目指す)界隈などは、同好の士で集まってオフライン・オンライン問わずイベント開催をしています。

たとえば2022年2月は、TwitchのRTAinJapanチャンネルで、

  • 『Stylish Speedrun Showcase Second Season』
  • 『第3回不思議のダンジョンRTAフェス』
  • 『RTA in Japan ex #1』

が開催&開催予定です(『RTA in Japan ex #1』は、オフライン開催&オンライン配信)。

また2月18日現在、TwitchのESAMarathonjapanese_restreamチャンネルでは、『ESA WINTER 2022』を連日配信中です(海外の大規模RTAイベントおよび、日本語MC付きの公認ミラー配信)。

いずれも、同時接続者数は数千人~数万人の規模感で、さらに大きなイベントでは10万人以上が同時視聴することもあります(昨年の『RTA in Japan Summer 2021』では、同接18万人を記録)。


ボランティア募集中安田尊@ボランティア募集中を謳うブログ。
こうしたイベントは、数日間~1週間ぐらい毎日24時間ぶっ続けで配信することもあり、出演者やボランティア(RTA走者、司会者や解説者、裏方など)を大量募集しています。

そして、特にプロゲーマーや有名配信者や世界ランカーではなくても、応募資格があります。

というか、RTAイベントは、レギュレーションに違反しない限り、

  • 何十年も大昔のマイナーゲーム
  • 同人ゲームやインディーゲーム
  • 発売した直後の有名新作ゲーム

でも参加可能なので、ゲームタイトル次第では簡単に第一人者になれます(「独身研究家」みたいに。しかも、そういうゲームが意外と好評だったりします)。

もちろん、プレイヤーではなくても参加できます(RTA in JapanやESAはチャリティイベントでもあるため、収益は被災地や『国境なき医師団』や『Save the Children』などに寄付され、社会貢献にもなります)。

そうして、併走するプレイヤーやボランティアの人たちと交流していれば、友だちもできるでしょう。


広い世界安田尊@広い世界を謳うブログ。
友だち作りの場なんて、リアルでもネットでもゲームでも、いくらでもあります。

「そもそも友達とは作ろうとしてできるものではないからだ」なんて、友だち作りを諦めたい人間の言い訳にしか聞こえません。

別に、友だち作りを諦めたければ、勝手に諦めればいいと思いますが。


Answer安田尊@Answerを謳うブログ。
友だちは、作ろうと思えば作れます
白馬の王子様安田尊@白馬の王子様を謳うブログ。
「恋愛」に幻想を抱く独身女性みたいに、なんの努力もしない自分の前にある日突然白馬に乗った王子様がやってきてありのままの自分に惚れてくれる超常現象以外、「恋愛」とは認めない……みたいな価値観で、「理想の友だち」を待っていない限りは(あと、友だちが欲しい場合、こういう皮肉的な物言いも控えたほうが賢明です。私のブログは、友だち作りが目的ではないので控えませんが)。

以上、50年も生きていれば、「本当に良い商品なら営業も広告もなしで売れる」なんて青臭いことはいえませんよね。

>answersong.com

answersong.com